注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

TBS


臼田 あさ美(うすだ あさみ、1984年10月17日 - )は、日本の女優、ファッションモデル。本名は、臼田 麻美(結婚前、読み同じ)。 千葉県松戸市出身、A-team所属。愛称は、あさみどん、あーちゃん。 夫はOKAMOTO'Sのドラマー・オカモトレイジ。義父(夫の父)はTHE PRIVATESの延原達治。東京都在住。…
48キロバイト (6,288 語) - 2023年12月26日 (火) 14:00

(出典 numero.jp)


そっちが出てきますね~

1 征夷大将軍 ★ :2023/12/22(金) 19:15:32.08 ID:t54GK8hl9.net
トーチュウ2023年12月22日 07時00分
https://www.chunichi.co.jp/article/825768

女優臼田あさ美(39)が主演するBS―TBSの木曜ドラマ23「夫婦の秘密」(2024年1月4日スタート、木曜午後11時)の制作発表が21日、東京都内で開かれた。臼田と共演の剛力彩芽(31)、豊田裕大(24)、山下幸輝(22)、古川毅(23)、桃月なしこ(28)が出席し、ラストで主題歌「SOS」を歌うアーティスト・Che’Nelle(シェネル)もサプライズで登場した。
 
主人公を担う臼田は花屋を夫(豊田)とともに営む一見幸せそうな夫婦だが、1通の手紙が届くことから、登場人物の裏の顔、疑念と裏切り、復讐(ふくしゅう)が始まる先の見えない〝愛憎・闇墜ち〟ミステリーだ。

ドラマタイトルにちなみ「今だから言える秘密は?」との質問に、主人公の頼れる友人のカフェオーナー役の剛力は花屋のアルバイトでフリーカメラマン役の桃月に「ロケ先の横浜で馬肉屋さんにいたでしょう」と指摘。桃月も「誰もいないと思ったのに…」とあっさり〝自供〟した。剛力は「私もあのあたり結構行きました。一番抜け駆けした(笑)」と撮影時の秘密を打ち明けた。

臼田は「秘密じゃないんですけど地味に悲しいことがあって…」と口を開き、「花屋の前の撮影で、本番中で通行人の規制をしてもらっていて休憩から戻ろうとしたら、通行人のおじさんに『撮影しているからあそこに行ったら映るよ』と言われ、『私、この作品の主役です。映るの大丈夫』とかわした。私だけが知る秘密」と打ち明け、会場を和ませた。

【【そういえば?】臼田あさ美さんの「ある体験」に別の人が続々と出てくる事態に】の続きを読む


吉川 美代子(よしかわ みよこ、1954年5月8日 - )は、日本のフリーアナウンサー、ニュースキャスター、司会者。 元TBSテレビエグゼクティブアナウンサー。 神奈川県横浜市出身。TBSスパークル(旧:キャスト・プラス)所属。早稲田大学教育学部卒業。血液型AB型。趣味はジャズを歌うこと。ラッコや海洋動物にも造詣が深い。…
31キロバイト (4,054 語) - 2023年11月16日 (木) 01:14

(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


まさに全盛期ですね~

1 フォーエバー ★ :2023/12/15(金) 07:13:00.10 ID:LbY1aSX49.net
12/14(木) 7:12配信

NEWSポストセブン
(左から)吉川美代子さん、渡辺真理さん、木村郁美さん

『news23』『サンデーモーニング』『報道特集』……。「報道のTBS」という看板を背負うテレビ局で、アナウンサーを務めてきた吉川美代子さん、渡辺真理さん、木村郁美さんの3人がここに集まった。「厳しい指導があったからこそ今がある」と語る彼女らに、報道を背負うその矜持を聞いた。【全3回の第1回】

 * * *
──3人がお揃いになるのは久しぶりですか?

吉川:メールで近況をやりとりしたりスケジュールが合えば食事に誘い合ったりはしていますけれど、コロナ禍で疎遠になってしまいました。

渡辺:こうして3人で集まるのは初めてなんです。吉川さんと私は13年違い、郁美ちゃんは96年入社なので期は近いのですけれど。

木村:私が研修している頃に真理さんは退社されてしまったので。共通しているのは、今在籍しているアナウンサーも含めて、みんな吉川さんの教え子ということですね。

吉川:今年入社した南後杏子アナと御手洗菜々アナの研修も先日してきたばかりです。他局のアナウンサーに会ってよく聞くのは先輩が注意してくれないという話。新人の時は注意してくれても、番組を持つようになると先輩が見てくれているかもわからないそう。

渡辺:その点TBSは吉川さんを筆頭に、素晴らしくも厳しい先輩方が親身になって指導をしてくださるので心底、助かりました。私が退社してテレビ朝日の『ニュースステーション』に就くことになった時も、ストレートニュースを読んだ経験が少ない私を心配して、吉川さんと宇野淑子さんがスタジオの隅で指導してくださったんです。

木村:吉川さんは女性アナウンサーとして最初にニュース番組でメインを務めた方。私たちには想像もつかないご苦労をされてきたはず。取材に行かれた際の録音テープをご自分で編集していらしたという話をうかがって本当に驚きました。

吉川:「俺の書いたニュース原稿を女に読ませるな」とか、スカートを穿いてきたら「現場に出るな」とか言われましたよ。本番中も、耳元のイヤリングがちょっと揺れただけで叱られました。お辞儀をした後、髪の毛が顔にかかって手で直すのもニュース番組ではNGでしたから。

渡辺:それでも「報道のTBS」と言われる中で女性も一翼を担えてきたのは、吉川さんのような先輩が道を拓いて、恥ずかしい放送にしないという責任感から後輩を育ててくださったおかげです。

吉川:ニュースって、ただ原稿を読み上げるのではなく、原稿に書かれた内容を理解して伝えなくてはいけない。郁美ちゃんのように、堺正章さんとの『チューボーですよ!』や多くの生ワイドで様々な情報を伝えてきた人はすぐ感覚が掴める。フリップを出すタイミングやVTRを受けてどんなことを言うべきか、番組内容をしっかり理解していなくてはできません。

木村:ありがとうございます。その番組を担当していた時、いちばん覚えているのは2001年の“9・11”です。朝が早かったので既に寝てしまっていたのですが、22時くらいに呼び出されて……。ハイヤーの運転手さんに「今日は大変ですね」と言われても「何がですか?」と聞いたぐらい把握ができていなかった。人生で一番冷や汗をかきました。

(第2回へ続く)

【プロフィール】
吉川美代子(よしかわ・みよこ)/1954年5月8日生まれ。1977年、TBSに入社。『JNNおはようニュース&スポーツ』で初の女性キャスターとして活躍した。またTBSアナウンススクールの校長を12年間務めており、後進の育成にも奔走。

渡辺真理(わたなべ・まり)/1967年6月27日生まれ。1990年、TBSに入社。2年目にして『モーニングEye』を担当し、1996年には『筑紫哲也 NEWS23』を担当。

木村郁美(きむら・いくみ)/1973年1月19日生まれ。1996年、TBSに入社。『はなまるマーケット』や『チューボーですよ!』などに出演しつつ、『JNNフラッシュニュース』などでニュースにも携わる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4ea1989b81df20a6cfcda35e20710f2382b7219f

【【当時は?】吉川美代子アナの「ある振り返り」に黄金時代を思い返すことに】の続きを読む


楽曲が採用された。略称は「魔女宅」(まじょたく)。キャッチコピーは「おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。」 1985年(昭和60年)12月、映画プロダクション風土舎は角野栄子児童文学『魔女の宅急便長編アニメーション化企画を立ち上げた。「宅急便」がヤマト運輸
81キロバイト (9,716 語) - 2023年9月27日 (水) 10:06

(出典 img-cdn.jg.jugem.jp)


見ないんですね~

1 湛然 ★ :2023/11/02(木) 06:02:55.52 ID:sBxKj7/c9.net
2023年11月1日 21時29分 ナリナリドットコム
TBS田村真子アナ“キキ”姿にフジ井上清華アナ「みんなでみて、可愛い~って言ってた」
https://www.narinari.com/Nd/20231183231.html

(出典 cdn.narinari.com)



TBSの田村真子アナ(27歳)が11月1日、自身のInstagramを更新。映画「魔女の宅急便」のキキに扮したハロウィンの仮装を披露している。

田村アナは10月31日に放送されたバラエティ番組「ラヴィット!」で、キキの仮装を披露。翌日のこの日、改めてInstagramでオフショットを投稿し、「昨日はハロウィーンということでラヴィット!で私も仮装をしました 魔女の宅急便のキキです ポイントはこのショートボブ!!メイクさんに頑張ってもらいました 仮装案を考えてくれたスタッフさんにも感謝です」と感謝の言葉をつづった。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


tamura_mako_
https://scontent.cdninstagram.com/v/t51.2885-15/397355967_355624003505512_5441561613026622746_n.jpg?stp=dst-jpg_e35_p640x640_sh0.08&_nc_ht=scontent.cdninstagram.com&_nc_cat=104&_nc_ohc=U_xZs9AxVTUAX__Innz&edm=APs17CUBAAAA&ccb=7-5&oh=00_AfC-HSm3VKj950n0DqqGGqxDb_1KXpkQKAlnqP4c2hVVtA&oe=6547FB94&_nc_sid=10d13b&.jpg

【【あれ?】田村真子アナの「ある姿」よりも例の人の反応が引っかかることに】の続きを読む


』司会和田アキ子と古舘伊知郎が就任。大沢悠里(当時TBSアナウンサー)の後任としての登場であったが、TBSの日曜正午台の長期視聴率低落傾向歯止めをかけた。1985年4月アッコ 古舘のあっ!言っちゃった!』改題。 前述の番組を更にリニューアルして『アッコにおまかせ!』として1985年10月6日11:45…
99キロバイト (15,321 語) - 2023年11月5日 (日) 02:49
20180403s00041000273000p_view
(出典 project-m.co.jp)


そろそろですかね~

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/10/31(火) 06:26:42.64 ID:t5WVz+kd9.net
2023年10月31日 05:00

 TBS系「サンデーモーニング」(日曜午前8時)司会の関口宏(80)が来年3月末で番組を勇退することになり、衝撃が走った。TBSは番組編成で実権を握る元編成局長が社長に就任後、〝聖域〟とされた長寿番組にメスを入れ続けている。次に終了しそうなのは、歌手でタレントの和田アキ子(73)が司会の「アッコにおまかせ!」(日曜午前11時45分)だ。

 TBSは20日に「サンモニ」司会の関口が来年3月末で勇退すると発表した。翌4月からの後任はフリーアナウンサーの膳場貴子(48)。1987年10月の放送開始から司会を務める関口は、放送36年半でその座から退くことになる。

 TBS関係者は「『サンモニ』はリニューアルと聞いていたけど、関口さんの勇退とは…」と目を丸くした。関口は番組の象徴。勇退発表はTBS局内でも衝撃を持って伝えられた。

「関口さんは〝社長案件〟といわれます。引導を渡せるのは社長しかいない」(前出関係者)

 TBSの佐々木卓社長(ささきたかし=64)は「news23」プロデューサーなどを務めた後、番組編成で実権を握る編成局長などを歴任。2018年6月に社長に就任した。

 この後、TBSは聖域とされた長寿番組にメスを入れ続けている。

 31年半の歴史があった「噂の!東京マガジン」は21年4月、BS‐TBS(日曜午後1時)に移行。37年半の歴史がある「世界ふしぎ発見」(土曜午後9時)は来年3月末でレギュラー放送を終了し、特番に切り替わる。次に終了しそうなのは、85年10月の放送開始以来、38年の歴史がある「おまかせ!」だ。

「マンネリ化していて打ち切り候補です。かつ、アッコさんは9月にヒザ関節の手術を受け、生放送はしんどい。局(TBS)は、アッコさんの長年の功績に感謝しているので悲観的な終了ではなく、潮時ということです。アッコさんもこういった局内のムードは知っています」(TBS局員)

 TBSでは時代に合わせた番組作りや血の入れ替えの一環で、長寿番組の終了やMC交代などが続いているが、ほかにも局内の事情があった。

「佐々木社長は役員になる前、番組制作や番組編成を担当しました。これは近年の歴代社長(石原俊爾元社長、武田信二前社長)にないキャリア。だから、今の編成局が聖域とされる長寿番組の改編に踏み切ることについて、理解を得やすい環境にあります」(同)

「おまかせ!」が終わる日は、そう遠くない。

https://www.tokyo-sports.co.jp/articles/-/281278

【【もう?】TBSの「例の番組」に多くの人が限界を感じることに】の続きを読む


安住 紳一郎(あずみ しんいちろう、1973年8月3日 - )は、TBSテレビのアナウンサー。 北海道帯広市生まれ。両親ともに砂糖工場の経理係。網走郡美幌町で小学2年まで育ち、その後、河西郡芽室町へ移りそこで育つ。小学生の頃、少年野球チーム“芽室ジャガーズ”のメンバーであった。…
41キロバイト (5,536 語) - 2023年11月3日 (金) 13:21

(出典 oggi.jp)


分からなくもないですけどね~

1 muffin ★ :2023/10/29(日) 12:14:56.52 ID:Mo4zfvh99.net
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/10/29/kiji/20231029s00041000314000c.html
2023年10月29日 11:18

TBSの安住紳一郎アナウンサー(50)が29日、パーソナリティーを務める同局ラジオ「安住紳一郎の日曜天国」(日曜前10・00)に出演。過去最悪となっているクマによる被害について言及した。

番組冒頭、安住アナは、天気の話題の中で、東京都心や千葉県などで25日夜に大気の状態が不安定になって雨雲が急速に発達し、雨や雷に加えて雹(ひょう)の降ったことに言及。「私、大分県に出張だったのでニュースで知ったんですけども、自分は東京に住んでいるんだけれども、自分がいない時に雹が降ったとして、さほど興味ないんですよね。人間って怖いですね。今すごくそう思いました」と切り出した。

そして、大分県に出張していたスタッフについて「誰も東京にいる人たちのことは心配しませんでした。人間ってそういうところがありますね」と言い、「実体験したりとか自分が怖いって思ったっていう、そういう経験が直接ないと。だから全員1度クマに襲われるべきですよね、うーん」と続けた。

これにアシスタントの中澤有美子が「怖さが分からないですもんね、襲われないと」と同意すると、安住アナは「自分ながら他人事だなって。東京の話なのにって思いましたね」と話していた。

【【どうなの?】安住紳一郎アナの「ある言及」に賛否が分かれることに】の続きを読む

このページのトップヘ