注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

NHK


橋本 環奈(はしもと かんな、1999年〈平成11年〉2月3日 - )は、日本の女優、元アイドル。アイドルグループ・Rev. from DVLの元メンバー。福岡県福岡市出身。ディスカバリー・ネクスト所属。 二卵性の双子として生まれ、双子の兄と7歳上の兄がいる。パイプオルガン奏者の諸岡亮子は伯母にあたる。…
229キロバイト (27,581 語) - 2024年2月7日 (水) 02:33

(出典 res.cloudinary.com)


これから次第かもですね~

1 冬月記者 ★ :2024/02/01(木) 09:51:27.90 ID:vos0FnfK9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/e1e31224a3c07de45c3d03bea83c7896e0b87c40

橋本環奈が絶好調! 紅白司会に続きNHK朝ドラ主演…“独り勝ち”支える圧倒的「愛され力」

 暗いニュースが続く芸能界でこの人の周りだけはピーカンの様相だ。

 女優の橋本環奈(24)が主演を務める2024年度後期のNHK朝ドラ「おむすび」の第1弾キャストが発表され、主人公の姉役が仲里依紗(34)であることが分かった。

 本作は、「“どんな困難も明るくたくましく乗り越える”をモットーとする平成時代のギャルが、人々の健康を支える栄養士となり、現代人が抱える問題を“食の知識とコミュ力”で解決しながら、目には見えない大切なもの(縁・人・時代)を次々とむすんでいく、“平成青春グラフィティ”」。

 橋本は、平成に元号が変わった最初の日に生まれた、食べることが大好きな米田結を演じる。

 昨年末には、2年連続となる「NHK紅白歌合戦」の司会も担当。今回もほぼノーミスで通し、抜群の安定感を見せている。

 Web「タレントパワーランキング」(アーキテクト)ほかで、芸能人の取材や人気分析を手掛ける女優評論家の高倉文紀氏はこう話す。

「『タレントパワーランキング』の女優編では、1位と2位が入れ替わることもありましたが、綾瀬はるかさん、新垣結衣さんのツートップが何年にもわたって続いていました。そこに昨年の2月度調査で綾瀬さんに続いて、2位と3位に割って入ったのが、橋本環奈さんと芦田愛菜さん。ちなみにこの時は、新垣結衣さんは4位でした」


「国民的人気女優」の牙城に風穴をあけた橋本の強みはどこにあるのか。高倉氏が続ける。

「数値を分析してみたら、彼女の場合、男女問わず、年下・同世代・40代以降の大人と、幅広い世代から支持を受けているんです。橋本環奈さんは、特にそれが突出しています。性別や年齢を問わず“愛される力”が突出しているんですね」


■アイドル出身からトップ女優に

 説明するまでもないが、橋本は中学3年生だった2013年、福岡のローカルアイドルグループ「Rev.from DVL」に在籍していたが、そのイベント時に撮影された写真がネットに掲載されると“奇跡の一枚”として大きな話題に。「1000年にひとりの逸材」として脚光を浴びた。

「アイドル出身でここまでトップ女優になるのは、歴史的に見ても珍しいことだと思います。紅白での名司会も、観客を前に舞台慣れしていたことも根底にあると思いますね。取材の時も、彼女が入ってくると現場がパッと明るくなる。スタッフ受けも抜群です。ファンを大切にするところとか、共演者と息の合った演技ができるところとか、アイドル活動で培ったことは大きいと思いますね。それと同時に、彼女がまだ無名だった2010年には九州新幹線の開業に伴って製作された是枝裕和監督の映画『奇跡』にもオーディションを受けて、映画初出演を果たしています。アイドルと同時に、元々演技への興味も持っていたわけです」(高倉氏)

 今年もまさに飛ぶ鳥を落とす勢いの活躍が続くことは間違いなさそうだ。

【【いける?】橋本環奈さんの「ある方向性」に厳しい目を向けられる事態に】の続きを読む


画像提供依頼:顔写真の画像提供をお願いします。(2023年1月) タモリ(1945年(昭和20年)8月22日 - )は、日本のお笑いタレント、テレビ司会者、俳優。福岡県福岡市南区市崎出身。田辺エージェンシー所属。ビートたけし、明石家さんまと共に、日本の「お笑いBIG3」の一角を担う。本名は森田 一義(もりた…
153キロバイト (20,812 語) - 2024年1月21日 (日) 21:00

(出典 tk.ismcdn.jp)


いろいろしてそうですね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/01/20(土) 18:11:11.14 ID:09OAM3BW9.net
エンタメ・アイドル 投稿日:2024.01.20 06:00FLASH編集部

 タモリが、散歩しながら街の歴史や人々の暮らしに迫る教養番組『ブラタモリ』(NHK)。2025年で放送開始10周年を迎える。2014年にお昼の長寿番組『笑っていいとも!』(フジテレビ系)が終了し、
2023年春には40年以上続いた深夜番組『タモリ倶楽部』(テレビ朝日系)が幕を下ろした。現在、タモリのレギュラー番組は『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)と『ブラタモリ』のみ。よって『ブラタモリ』は、タモリの本来の姿を拝める貴重な機会となっている。

 番組は、タモリが全国各地を訪れ、複数の案内人(大学教授や学芸員など)が出すクイズに答えながら、各回の「旅のお題」の真相に迫るという構成だ。

 その案内人が出すクイズは、回によっては20問以上も出題される(2023年2月11日放送の「前橋」の回は27問!)。もはや、解答者がタモリのみのクイズ番組状態だ。

 問題の内容は「この地形はなぜできたか?」といった地学や、「江戸時代、この辺りには何があったか」など、日本史にかかわるものがほとんど。ともにタモリの得意ジャンルだ。ゆえに『ブラタモリ』は、自身の人生の集大成といっても過言ではない。

 その正解率については、2022年は88.3%(全435問中384問に正解)だったが、2023年はなんと90.8%(全489問中444問正解。元日放送の『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯新春スペシャル2023』含む)と、前年を上回ってみせた。

 2023年で特筆すべきは、石に関する問題で正解がパーフェクトだったこと。タモリは、石を見ただけで種類を当てられる特技があるのだが、全15問にすべて正解した。泥岩、凝灰岩、石灰岩、砂岩、片岩、花崗岩を完璧に見分けられるタレントは唯一無二だろう。

 また、最大の見せ場となった回は、6月24日放送の「関ケ原の戦い」だった。天下分け目の戦いについて、タモリは東軍と西軍がそれぞれどのような布陣だったか、そのほとんどを知り尽くしていた。その道のプロである案内人と、やたら話が弾んだタモリ。博識が光るシーンだった。

https://smart-flash.jp/entame/270232/1/1/
続き

【【さすがに?】タモリさん「ある番組」での出来事に例の人と同じだと話題に】の続きを読む


中西 圭三(なかにし けいぞう、1964年11月11日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、作曲家。 岡山県倉敷市生まれ、児島郡灘崎町(現:岡山市南区)出身。 倉敷市の慈愛幼稚園出身。岡山市立彦崎小学校、岡山市立灘崎中学校、岡山県立倉敷天城高等学校、日本大学経済学部卒業。…
29キロバイト (2,160 語) - 2023年11月29日 (水) 04:27

(出典 hominis.media)


聴いたことある曲ありますね~

1 湛然 ★ :2023/11/28(火) 06:04:56.61 ID:SjdY8Faz9.net
「ぼよよん行進曲」 なぜ泣ける? 音楽心理学者が注目する3つのポイントと中西圭三さんの思い
11/27(月) 16:20 山陽新聞デジタル
https://news.yahoo.co.jp/articles/72683c7d99a6f03bd34d95b9b7cf28fa80041b9b
「ぼよよん行進曲」を熱唱する中西圭三さん

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



 長年愛されているキッズソング「ぼよよん行進曲」。弾むようなリズムと明るい曲調にもかかわらず、子育てをする親にとっては、心にぐっとくる「涙腺崩壊ソング」として知られています。なぜ、「ぼよよん行進曲」は泣けるのでしょうか。音楽の専門家と、作詞作曲をしたシンガー・ソングライターの中西圭三さん=岡山市出身=に聞いてみました。

 2006年にNHK「おかあさんといっしょ」で発表された「ぼよよん行進曲」。今月中旬の放送でも米国の「セサミストリート」のキャラクターと一緒に歌われ、話題になりました。まず、音楽心理学を専門とする昭和女子大専任講師の池上真平さんに、曲を分析してもらいました。池上さんにも2歳の息子がおり、「ぼよよん行進曲」に涙腺を刺激されている一人といいます。

その1 共感しやすい歌詞
 音楽を聴いて涙が出るという反応は、歌詞への共感と関連が深いことが研究により明らかになっています。「ぼよよん行進曲」の歌詞からは、「どんな困難に見舞われても、自分の力で乗り越えていけるさ」というメッセージを読み取ることができます。これは一見すると子どもたちへの応援なのですが、親の心にも響く内容だと思います。すなわち、歌詞を自分の子どもに重ね合わせて、これからの人生で壁にぶつかりつつも、立ち向かって乗り越えていく姿に思いをはせて、気持ちが入り込んでいきやすいのではないでしょうか。

その2 コード進行
 私たちが音楽を聴く時、「次に曲がどう進行していくか」というのを時々刻々に予期しながら音楽を聴きます。その予期とは違う展開が待っていたり、予期した通りに曲が進行したりするわけですが、その「予期と答え合わせ」のプロセスが、涙を誘発するような感情体験と関連していると考えられています。「ぼよよん行進曲」のコード進行は、単純すぎず複雑すぎず、程よい良い緊張と緩和のバランスで作られており、聴いている人はコード進行の「予期と答え合わせ」のプロセスに乗っかって、心を動かされやすいのではないかと思います。

その3 音の大きさの変化
 「泣ける」というより、むしろ「ゾクゾク」という鳥肌感との関連が指摘されているのですが、研究によれば、急激な音の大きさの変化は、聴く人の感情的な反応を誘発する一因になっていると考えられています。「ぼよよん行進曲」は、曲の冒頭で、人生の始まりを想起させるイントロのファンファーレの部分で大きな音がパーンと出てきますし、サビの直前にはいわゆる「ブレイク」といって音がパッと止まるところがあり、その後「ぼよよよ~ん」というサビの始まりで音がパーンと大きくなります。こういった箇所では特に、聴く人の心を動かしやすいかもしれません。

 中西圭三さん本人はどのようにとらえているのでしょうか。「泣ける」という反響について、「この曲が元気と癒やしを届けられているならうれしい」と中西さん。「お父さん、お母さんたちは一生懸命子育てしているからこそ、日々の思いと重なり、ぐっとくるものがあるのかもしれませんね。『ぼよよよ~ん』とわが子がジャンプする姿には、成長も感じられ、うれし涙もあるのかと思います」と話します。

 そもそも中西さんはどんな思いを込めて、この曲を作ったのでしょうか。「いじめなど、子どもたちを取り巻くさまざまな社会問題がある中、いつか困難が立ちはだかっても、足の下のばねで飛び越えてほしいと考えました」。イメージしたのは、子どもの頃聴いた水前寺清子さんの「三百六十五歩のマーチ」。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【これも?】中西圭三さんの「ある曲」に名曲が多いことを改めて知ることに】の続きを読む


宮川 一朗太(みやかわ いちろうた、1966年3月25日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーターである。 東京都新宿区出身。イトーカンパニー所属。 晃華学園小学校、武蔵中学校・高等学校卒業。早稲田大学第一文学部に進学する(八木亜希子、青嶋達也は大学の同級生である)が、1990年に中退。東京芸術学院第1期生。…
65キロバイト (8,771 語) - 2023年11月23日 (木) 08:35

(出典 res.cloudinary.com)


やっぱり似てますね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2023/11/17(金) 12:25:24.29 ID:wLFmdEBQ9.net
2023-11-17 12:11ORICON NEWS

 俳優の吉高由里子が主演を務める、2024年放送のNHK大河ドラマ『光る君へ』の新キャストとして天皇の側近・藤原顕光を演じる宮川一朗太の出演が決定した。

 紫式部/まひろは、千年の時を超えるベストセラー『源氏物語』を書きあげた女性。「光源氏」の恋愛ストーリーの原動力は秘めた情熱と想像力、
そしてひとりの男性への想い。その男性の名は藤原道長。変わりゆく世を自らの才能と努力で生き抜いた女性の愛の物語だ。脚本は大石静氏が務める。

 宮川一朗太が演じる藤原顕光は、道長の一回り年長の公卿。儀式での失敗など、その無能ぶりはしばしば嘲笑されていた。
しかし、競争相手である公卿たちが早く亡くなったことで、政治の中枢に残り、道長の政権下においてナンバー2の座につく。



――演じる人物の印象と意気込み

僕が演じる藤原顕光。恥ずかしながらよく知らず、調べてみたところ…「無能者」「仕事のできない男」として歴史に名を残しているじゃありませんか!
いやもうビックリですよ。でもどう演じようか逆に燃えてきましたね。40年も政権内にいられた、顕光なりの魅力、信念があるはず。
それでも失敗してしまう姿や道長との関係がどう描かれるのか、僕も楽しみです。観ている皆さんを呆れさせ、イラつかせられるよう、精一杯頑張ります(笑)

――大河ドラマ出演歴・思い出など

役者生活40年になりますが、実は初大河なんです。ずっと出たいと思っていたので、まさに念願叶いました!それが「仕事できない男」というのは何とも複雑ですが(笑)。でもすっごくうれしかったですよ!

https://www.oricon.co.jp/news/2302904/full/

【【どう見ても?】宮川一朗太さんの「あるドラマ」出演に例の人がちらついてしまうことに】の続きを読む


高田 みづえ(たかだ みづえ、1960年6月23日 - )は、元相撲部屋の女将で、元歌手・元タレント。鹿児島県揖宿郡頴娃町(現・南九州市)出身。 夫は元大関の大相撲力士で元親方の若嶋津六夫(本名:日高六男)。長男は元俳優の勝信。長女はタレントのアイリ。本名は日高みづえ(旧姓:高田)。…
57キロバイト (5,656 語) - 2023年11月7日 (火) 04:59

(出典 i.ytimg.com)


どっちですかね~

1 フォーエバー ★ :2023/11/06(月) 18:21:19.09 ID:FbfCPBPm9.net
11/6(月) 12:00配信

デイリースポーツ

 モデルでタレントのアイリが4日、NHK「大相撲どすこい研」に出演。ショートボブのヘアスタイルに、ネットは、母で元歌手の高田みづえさんに「そっくり!」の声が上がった。

【写真】DNAすげー!高田みづえさんに「そっくり!」のアイリ

 この日の「大相撲どすこい研」は、二所ノ関部屋を今田耕司、能町みね子、アイリが訪問。土俵が二面ある大きな部屋に3人も思わず感嘆の声を上げたほど。

 アイリは、先代の二所ノ関親方で元大関の若嶋津の娘。母は元歌手の高田みづえさんで、相撲部屋は見慣れた風景のはずだが、それでも現在の二所ノ関部屋の充実ぶりには驚きの表情だ。

 アイリは自身の家について「1階が土俵(稽古場)で、2階が自宅で、3階がお相撲さんが生活する場所。(自分たちは)サンドウィッチされてました。上でドタドタすると聞こえてくる」と懐かしそうに振り返った。

 アイリは21年10月に結婚していたことを22年に報告。当時はロングヘアだったが、この日はバッサリのショートボブとなっており、若かりし頃の母・高田みづえさんを思い起こさせる。

 顔もそっくりだったことからネットも話題に。「いやいやアイリちゃん、お母さん(高田みづえさん)そっくり!こんなに大きくなってたのw」「アイリ さんって初めて見たけれど。お母さんの高田みづえさんにそっくりなのねー!みづえさんにしては若いな、とまで思っちゃった(汗)」「アイリさん、見れば見るほどみづえちゃんだわ」などの声が上がっていた。

 アイリは今年5月のインスタでショートボブの髪型を披露している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/26c8831e7e26656aa65f22ae3a1aae16c6ec6a21


(出典 i.daily.jp)

【【そう?】アイリさんの「ある姿」に物言いがついてしまうことに】の続きを読む

このページのトップヘ