注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

NHK


鳥居 みゆき(とりい みゆき、1981年3月18日 - )は、日本のお笑いタレント、女優、映像作家、小説家、絵本作家。2013年より劇団『東京ギロティン倶楽部』の看板女優としても活動。秋田県生まれで、埼玉県育ち。S&D Studioに所属後、業務提携先のサンミュージックプロダクションへ移籍。 姉の紹介でお笑い芸人として「S&D…
53キロバイト (7,804 語) - 2022年10月26日 (水) 19:45
全国放送ですからね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/10/20(木) 07:31:02.87 ID:2G4G8K+Z9.net
2022年10月19日

普通だ……!

[小西菜穂,ねとらぼ]

 タレントの鳥居みゆきさんが10月19日放送の登山番組「にっぽん百低山」(NHK)に出演。とっぴなキャラを封印した出演態度が「会話が成り立ってる。具合でも悪いのか」「鳥居みゆきな訳がないと思ったら鳥居みゆきだった」と視聴者を困惑させています。

 芸人としての鳥居さんのネタには、奇声や目をむいた必死の形相がつきもの。しかしこの日は放送局柄か、またお昼の番組ということを考慮してか、終始控えめな態度。番組ホストの吉田類さんとともに、出生地秋田の山を登りながら埼玉育ちであまり縁がなかったという自然を楽しむ姿が放送されました。

 これに視聴者は困惑し、Twitterでは鳥居さんの名前がトレンド入り。それぞれの記憶にある“鳥居みゆき”像とのギャップから心配の声が集まった他、「「自然を楽しむ鳥居みゆき、激レア」「高校生の頃の自分に、『鳥居みゆきは20数年後に居酒屋の番組やってる人と山登りしてるよ』って伝えても、絶対信じないと思う」「急に叫んだりしないのかと期待してしまう、、が何も起きない」と視聴者の動揺を誘いました。

 前日のInstagramにも、初登山を楽しむ姿を3枚投稿していた鳥居さん。投稿には居酒屋探訪家として知られる吉田さんが一緒ということもあって「大自然が最も似合わなそうなお二人」「情報量が多すぎて笑」「え、すごい組み合わせ(笑)」と多くのツッコミコメントが寄せられていました。

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/spv/2210/19/news119.html

【【公共だから?】鳥居みゆきさん「ある番組」での言動に裏の圧力を感じる人が出ることに】の続きを読む


橋本 環奈(はしもと かんな、1999年〈平成11年〉2月3日 - )は、日本の女優。福岡県福岡市出身。ディスカバリー・ネクスト所属。 二卵性の双子として生まれ、双子の兄と7歳上の兄がいる。パイプオルガン奏者の諸岡亮子は伯母にあたる。 2007年(小学3年生当時)、「テレビに出たい」と思い、母に頼…
215キロバイト (25,849 語) - 2022年10月15日 (土) 13:50
こういうことじゃないんですよね~

1 愛の戦士 ★ :2022/10/11(火) 09:57:17.97 ID:CAP_USER9.net
スポーツ報知 2022年10月11日 6時0分

 NHKは10日、大みそかの「第73回NHK紅白歌合戦」(後7時20分)の司会を俳優の大泉洋(49)、女優の橋本環奈(23)、同局の桑子真帆アナウンサー(35)と、スペシャルナビゲーターとして嵐の櫻井翔(40)が務めることを発表した。大泉は3回連続3回目で、橋本は初挑戦。櫻井は個人で3回目となる。テーマは世相を反映し「LOVE&PEACE―みんなでシェア!―」に決まった。

 今回のサプライズは司会初となる橋本環奈だ。NHKの狙いは若者層の取り込みだ。

 世帯視聴率では高い数値だった人気番組「ガッテン!」を終了させるなど、近年のNHKは若い世代のテレビ離れに危機感を持っている。紅白の杉山実施本部長が「今、最も注目されている若手俳優のお一人」と橋本の起用理由を明言。ツイッターのフォロワー数で女優ナンバーワンの426万人(日本人最高は前澤友作氏の1064万人)を誇る橋本は魅力的なアイコンだ。

 強みは、明るいキャラクターから繰り出されるキレのある返し。秒単位での時間管理が求められる紅白では、橋本の頭の回転は絶対的な武器だ。ただ、本人も漏らすように初司会への不安はある。そこは大泉、櫻井、桑子アナら経験豊富なベテランでカバーする。「少々危なっかしい方が見ていて面白い」(音楽関係者)という狙いもありそうだ。


 これまで女性の司会者は朝ドラや大河ドラマのヒロインらが務めてきた。橋本は現在いずれにも出演予定はない。ただ、朝ドラや大河で未発表の主要キャストはまだある。そちらの方も注目したい。(NHK担当・浦本 将樹)

https://hochi.news/articles/20221010-OHT1T51261.html?page=1

【【これでもダメ?】橋本環奈さんの「ある起用」に白ける人が続出する事態に】の続きを読む


8%、1986年は3.8%と奮わず、2年で終了している。 ももいろ歌合戦(BS日テレ・フジテレビNEXT・ニッポン放送など) NTV紅白歌のベストテン(日本テレビ系列)- 年末には視聴者投票により「あなたが選ぶ紅白歌合戦」が何度か放送された。 青白歌合戦 - SPACE SHOWER…
242キロバイト (24,892 語) - 2022年9月4日 (日) 23:29
これはどう出ますかね~

1 冬月記者 ★ :2022/09/27(火) 09:37:18.40 ID:CAP_USER9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f2708f40e7d54d6ac51543a0c0c38c5882fcc5e

NHK紅白歌合戦に“極秘S・A計画”が? 聖子・明菜・懐かし元アイドル総出演でリベンジ狙い


 大みそかに放送されるNHK紅白歌合戦が早くも民放関係者の間で話題だ。今年の紅白は過去10年間で最高視聴率を叩き出すのではないかとのウワサが飛び交っているというのだ。

 そのカギを握るのがNHK局内で極秘に進行している“S・Aプロジェクト”の存在。さるキー局関係者はこう話す。

「Sは(松田)聖子、Aは(中森)明菜です。NHKはこの2人を今年の紅白に出場させるべくかなり早い段階から動いている。当初は双方の関係者から連絡もなくこのプロジェクトは頓挫する寸前だったようですが、最近になって山が動き出したというのです」

 最初にリアクションを示したのは今年でデビュー40周年を迎えた明菜(57)だ。先月30日に突如、公式ツイッターアカウントを公開し新個人事務所を設立、芸能活動を再始動したことを発表した。

「これは明菜が紅白に出演する意思を固めたサインと見られています。なんでも明菜に対しては2014年の紅白に彼女をキャスティングした当時のプロデューサーで、現在はNHKの関連会社の社長を務めるA氏が動いたとか。紅白サイドはNHKホールからの中継を期待していますが、どうやらアメリカNYからの生中継という可能性が出てきたようです。当初はVTR出演と言われていただけに大きな進歩ですよ」(NHK関係者)

 明菜サイドの前向きな姿勢に対しがぜん、注目を集めているのが聖子サイドのリアクションだ。

「聖子は昨年の紅白に出場が内定していたが、直前の12月に長女の神田沙也加さんが転落死したことを理由に辞退した。今年の出演も当初は渋っていた聖子サイドだったが沙也加さんの代表曲である映画『アナと雪の女王』のなかから『生まれてはじめて』を披露するという話で出演がまとまったと言われています。もちろん明菜出演情報も聖子の気持ちを前向きにさせたと思います」(前出=キー局関係者)


■同世代の元アイドルたちの名前も浮上

 NHK関係者が紅白に期待を込める理由がさらに。実は明菜や聖子以外の元アイドル歌手のキャスティングに成功したというのだ。

「現在、名前が取り沙汰されているのが工藤静香、小泉今日子、松本伊代、早見優といった往年のアイドル。男性陣は田原俊彦や郷ひろみらの名前が浮上しています」(音楽関係者)

 昨年の紅白は、2部制になった1989年以降、34.3%(2部、ビデオリサーチ調べ、関東地区)と目標の40%にも到達しない最低視聴率を叩き出してしまった。前年度よりも6.0ポイントも数字を落とし、ネット上には紅白打ち切り説まで飛び交った。それだけに起死回生の切り札が明菜と聖子、そして「82年組」に代表されるアイドルたちということだろう。

■裏番組に強敵不在

 裏番組は今年も「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」(日テレ系)が休止になり、強敵は不在。「S・A」揃い踏みなら視聴率50%超の可能性も出てきた。

【【たくさんいる?】NHKの「あの番組」での計画にいろいろな人を推薦する事態に】の続きを読む


堀北 真希(ほりきた まき、1988年(昭和63年)10月6日 - )は、日本の元女優、元タレント。2003年から2017年まで活動した。「ホマキ」の愛称で親しまれた。 東京都清瀬市出身。元スウィートパワー所属。夫は俳優の山本耕史。実妹はアイデザイナーでファッションモデルのNANAMI。2017年2月28日をもって芸能界を引退した。
56キロバイト (7,300 語) - 2022年9月8日 (木) 20:10
本人次第なところですけどね~

1 愛の戦士 ★ :2022/09/12(月) 11:14:42.14 ID:CAP_USER9.net
日刊ゲンダイDIGITAL 9/12(月) 9:06配信

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で"実は一番の曲者"とされる三浦義村役を好演中の山本耕史(45)が再ブレークの兆しを見せている。。

『ピノキオ』(Disney+)で吹き替え、『離婚しようよ』(Netflix)は配信予定のドラマ、今月4日から来年1月まで全国を巡る、ヴァイオリニスト・古澤巖との『Dandyism Banquet tour2022』コンサートの評判も上々だ。初日に会場前で取材をしてみるとその女性客のお目当てのほとんどが山本を生で観ることだった。
演技だけではなくその歌唱力も以前から評判だったとはいえ、来年3月からは舞台『太平洋序曲』、またその合間を縫って複数の映画出演も予定されているというからそのスケジュールの過密度はハンパない。

■結婚で"夜遊び"をパッタリやめた山本

 なぜ今、山本耕史なのか…その周辺取材で見えてくるのは妻・堀北真希(33)の献身ぶり…内助の功だ。

「7年前、山本は周囲の大反対の声を押し切って堀北と結婚しましたが、そこから私生活が一変したのです。大好きだった"夜遊び""飲み会"が全くと言っていいほどスケジュールから消えましたし、不規則だった食生活も改善されました。何よりメンタル面でリラックスできているというのが大きいでしょうね。台本の読みや取り組み方が深くなったと言われていますし、それが芝居のスケールを大きくさせた。そうした影響が今になって如実に成果として出てきました」(芸能プロダクション関係者)

 山本夫妻の第一子がは今春に小学校に入学、第二子は幼稚園に通園中だ。

「堀北が子供の教育には熱心なようです。学校の行事等にも他の父兄に混じって積極的に出席しているとも聞いています」(週刊誌記者)

 すっかりママとなった堀北だが、実はここにきて、あたかも夫の再ブレークにタイミングを合わせたかのように"芸能界への復帰"がテレビ関係者の間で囁かれている。

「『鎌倉殿~』に出演中の山本に対して、同局制作局のスタッフが堀北への女優復帰を打診しているという噂が流れているのです。このスタッフは以前、『篤姫』で堀北と一緒に仕事をした経験がある人物で、彼女の女優としての才能を高く評価し『このままではもったいない』と山本を説得していると言われています。上の子が小学校に入り、以前所属していた事務所からの退所も今年の2月末で5年が経ちます。『前の事務所に。きちんと筋を通せば復帰は決して難しくない』と説得しているそうです」(テレビ関係者)

※続きはリンク先で
https://news.yahoo.co.jp/articles/47aad6aab35191337b494eda1e38ecb1eacb5d91

【【まさか?】堀北真希さん「あるところ」からの復帰オファーに難しいと見る人が続出する】の続きを読む


藤波 辰爾(ふじなみ たつみ、本名: 藤波 辰巳、1953年12月28日 - )は、日本のプロレスラー。大分県東国東郡武蔵町(のちの国東市)出身。ニックネームは「ドラゴン」。血液型O型。プロレス活動はドラディション、芸能活動はカートプロモーション所属。 第77代NWA世界ヘビー級王者。日本人2人目
85キロバイト (12,575 語) - 2022年9月10日 (土) 14:43
アイドル化してましたからね~

1 シャチ ★ :2022/09/11(日) 00:51:43.46 ID:CAP_USER9.net
9/10(土) 23:47配信 オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/30e2f6adec552412abb3f6403d599aaee7b3411a

 プロレス界のレジェント・藤波辰爾(68)が、10日放送のNHK『【レギュラー番組への道】1オクターブ上の音楽会』(後11:30)に出演。37年ぶりに伝説のテーマソング「マッチョ・ドラゴン」を披露した。

 一度聴いたら、耳から離れない。異色の名曲がよみがえる。とある森の奥深く。怪しい洋館に住む大富豪クターブ・イチヲ(竹中)には、秘密のコレクションがあった。それは、カルト的な人気を誇る、異色の歌謡曲の歌い手本人たち。夜な夜な呼び起こしては、摩訶不思議な音楽会を開いている。

 「マッチョ・ドラゴン」誕生の背景には、プロレス界を揺るがす大事件が。日本屈指のヒットメーカーが集結して同曲が誕生したが、藤波の“天使の歌声”により封印されることに。番組では蝶野正洋にインタビューを行ったが、蝶野は藤波の歌声について「禁句です。タッチしてはいけない。あれが起床の音楽で流れて、とにかく耳から離れない」と称した。

 藤波は「マッチョ・ドラゴンが今、自分の中で現役を続行するエネルギー、背中を押してくれている」と熱弁し、再び歌うことを決意した。歌唱前に「当時を思い出します。ドキドキです」と率直な感想を口にした。歌唱を終えると「一生懸命歌いました。元気を取り戻した気がします。デビュー50周年、いい締めくくりができました」と声を弾ませた。

 そんな思いを胸に披露された藤波の歌声に、SNS上では「マッチョ・ドラゴンきた!」「マッチョ・ドラゴンって、原曲あったのか」「マッチョエンジェル(笑)」「37年ぶりの生歌!」「いい意味で変わってない(笑)」「紅白出てほしい」「感動した」「ダンスも再現」などといった反響が相次いで寄せられた。

【【感動?】藤波辰爾さんの「ある歌」に見るプロレスラーけっこう曲出してるという事実】の続きを読む

このページのトップヘ