注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

薬師丸ひろ子


薬師丸 ひろ子(やくしまる ひろこ、本名:薬師丸 博子(読み同じ)、1964年6月9日 - )は、日本の女優、歌手。東京都港区北青山出身。東京都立八潮高等学校、玉川大学文学部英米文学科卒業。 1978年のデビュー以来、角川映画の中心的存在として人気の頂点を極め、2000年代からは母親役が似合い、シリ…
198キロバイト (25,980 語) - 2023年1月7日 (土) 16:45
今も活躍してますね~

1 マングース ★ :2023/01/06(金) 01:00:25.80 ID:KExzDgQy9.net
薬師丸ひろ子、歌手活動40周年!最新コンサートの独占放送・配信のほか、過去のコンサート映像から3作品を厳選、2023年1月から3カ月にわたり連続特集する。
薬師丸ひろ子の歌手活動40周年を祝し、WOWOWでは2023年1月から3カ月連続の特集をお届けする。
40周年記念ツアーファイナルの模様を独占放送・配信するほか、過去のコンサートから3作品を厳選。
コロナ禍で音楽活動がままならなかった2021年に品川教会グローリア・チャペルで行なったWOWOWオリジナル無観客コンサート、
2014年のビルボードライブ東京でのプレミアムアコースティック公演、2016年の世界遺産・春日大社での奉祝コンサートをラインナップする。
時を経て深みを増しながら決して透明感を失わない、その心洗われる歌声をぜひ体感していただきたい。

https://www.wowow.co.jp/detail/186472
1/9(月・祝)午後6:00

祝・歌手活動40周年、薬師丸ひろ子3カ月連続特集の一カ月目。アニバーサリーツアーのファイナルを飾った東京国際フォーラム ホールAでのコンサートを独占放送・配信!

・歌手活動40周年、薬師丸ひろ子3カ月連続特集の一カ月目。
アニバーサリーツアーのファイナルを飾った東京国際フォーラム ホールAでのコンサートを独占放送・配信!
歌手活動40周年を記念した全国ツアーから、2022年11月に東京・国際フォーラム ホールAで行なわれたファイナルの模様を収録、WOWOWで独占放送・配信する。有観客コンサートの開催は薬師丸にとって2019年以来3年ぶり。
10月2日の宮城を皮切りに全国7都市でファンとの再会を果たし、東京・Bunkamuraオーチャードホール公演をはじめ全公演完売となったツアーの追加公演として行なわれたのが本コンサートとなる。

代表曲「Woman“Wの悲劇”より」や「セーラー服と機関銃」など、自身が主演を務めた数々の映画作品の主題曲と、オリジナル楽曲を織り交ぜてコンサートは展開。
1曲でも多くの曲を届けたい、との想いから生まれたスペシャルメドレーも盛り込んだ。
コロナ禍による2年間の空白を経て、「ぜひこの曲から始めたい」と強い意思を込めたという1曲目の
「ここからの夜明け」からツアータイトルにもなった最終曲「アナタノコトバ」まで、熱い想いがあふれるセットリストは心を強く揺さぶる。
女優として、歌手として、この時代を生きるひとりの人間として、薬師丸ひろ子が歌に乗せて届けたかったメッセージとは?ぜひ番組を通じて受け取ってほしい。

収録日・収録場所 2022年11月18日/東京 東京国際フォーラム ホール

https://www.wowow.co.jp/assets/pages/detail/movie.html?id=878673

https://www.wowow.co.jp/music/yakushimaru-hiroko/


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

【【色あせない?】薬師丸ひろ子さんの「ある特集」に今も多くの人気を得ていると話題に】の続きを読む


富田 靖子(とみた やすこ、1969年2月27日 - )は、日本の女優。旧姓および旧芸名は冨田 靖子(とみた やすこ)。神奈川県茅ヶ崎市生まれ、福岡県糟屋郡志免町出身。神奈川県立港北高等学校卒業。アミューズ所属。 1983年、中学在学中に映画『アイコ十六歳』のオーディションを受け、約127…
88キロバイト (10,497 語) - 2022年10月25日 (火) 08:56
今もファンがいるのは素晴らしいですね~

1 湛然 ★ :2022/10/19(水) 05:49:15.72ID:TBuenot39
富田靖子 デビュー作に12万7000人応募!そのからくりは?「夏休みだけで完結できるってことは」
[ 2022年10月18日 17:27 ] スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2022/10/18/kiji/20221018s00041000418000c.html
富田靖子Photo By スポニチ

(出典 www.sponichi.co.jp)



 女優・富田靖子(53)が18日、文化放送「くにまる食堂」(月~金曜前11・00)にゲスト出演し、女優デビュー当初の思い出を語った。

 大林宣彦さんが製作総指揮を務めた、1983年公開の映画「アイコ十六歳」でデビュー。オーディションには12万7000人が応募し、ヒロインのアイコ役を射止めた。

 パーソナリティーのフリーアナウンサー野村邦丸は「12万7000人ですよ?」と、ケタ違いの規模にビックリ。すると、富田は「これには理由があって」と、そのからくりを説明した。「“君、夏休みに映画に出ないか?”ってキャッチコピーで。夏休みだけで完結できるってことは、なかなか許可を出してくれない両親もきっと出してくれるだろうという子供たちが、クラス単位で応募したり、クラブで応募したりとか、団体応募がものすごかったらしくて。それでこの人数にふくれ上がったって聞いています」と振り返った。

 野村から「12万7000人といったら地方都市ですよ?」とあらためて振られると、富田は「うちの町が当時、4万くらいだったので、3つできます、うちの町」と笑わせた。オーディションは初挑戦だったが、「12万7000も人を見てたら、たぶんオーディションの審査員の方々もそろそろ疲れてきたところに、福岡からちょっとへんちくりんな子が来たよって、間違って入れちゃったかな?って感じもしました。本当にオーディション、皆さん若干、疲れてましたし」と、ユーモアも含めて明かした。

 応募は友人の誘いがきっかけだったという。「友達が“もうすぐ(応募の)期限が来ちゃうけど、夏休みで映画が撮れるらしいよ?”って言うので、慌てて応募して、初めての応募だったんですけど合格して」。当時は薬師丸ひろ子、原田知世らが人気映画に出演していたころ。「みんなが私も私も私もって時代だったんです」と振り返った。

 都会住まいではなかった富田は、「映画を見に行くためには、バスに乗って1時間かかりますし、そうそう簡単に見に行けなかった」という。その反面、「本屋さんには気軽に行けるので、オーディションの情報はみんな手に取るようにあったんです」。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【変わらない?】富田靖子さんの「ある過去」に今も多くのファンがいると話題に】の続きを読む

このページのトップヘ