注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

松田聖子


ひろみ(ごう ひろみ、1955年10月18日 - )は、日本の男性歌手、俳優、タレント、実業家、アイドル。新御三家の1人。本名は原武 裕美。福岡県出身。所属芸能事務所はバーニングプロダクション。所属レコード会社はソニー・ミュージックエンタテインメントで、レーベルはソニー・ミュージックレーベルズ内のSony…
167キロバイト (11,561 語) - 2023年1月14日 (土) 10:54
今も活躍できるわけですね~

1 Ikhtiandr ★ :2023/01/12(木) 11:41:21.16 ID:iG4E4ctG9.net
1972年にデビューをして50年、日本のエンタテインメントの第一線を華麗に走り続ける、郷ひろみさん。その活動を網羅したオールタイム・ベスト盤『Hiromi Go ALL TIME BEST』がリリースされました。「よろしく哀愁」、「2億4千万の瞳 -エキゾチック・ジャパン-」、「言えないよ」、「GOLDFINGER'99」など、移り変わりの激しい時代の流れをすばやく読み取りながら、長く親しまれる名曲を数々発表してきました。

常に目が眩むほどの輝きを放つ存在であり続ける秘訣 ──そこには私たちが歳を重ねるなかで大切にすべきことが隠されているように感じました。

1つの山に登ったら、次の山に向かって坂を降りる。その繰り返しが、僕の人生

── 2022年にデビュー50周年を迎え、記念のベスト盤も発表されました。この50年はどんな時間でしたか?

郷さん(以下敬称略) あっという間という気はしますが、30年、40年とは明らかに異なる重みを感じますね。50年、真面目にコツコツと音楽と向き合ってきた結果、ここまで辿り着けたのかなって。デビュー当初は何もわからない状況でしたが、徐々に経験を積むなかで感じたことは、日々努力を重ねていくことの大切さ。

また、(最新シングル)「ジャンケンポンGO!!」もそうでしたが、完成して「ああすればよかった」と感じる部分がある。そう思えることが、自分が進化し続けている証拠なのではと。過去を振り返ることよりも、そこに満足しない意識をもち続ける ──常に自分に否定的で「もっとできる、よくしていける」、そういう思いが前を向いていられる秘訣なのではないかと思います。

── 自分で自分を褒めることはないのですか?

郷 人から褒めていただけることはありがたい。でも、よい部分は追求しなくていい、よくない部分を伸ばしていくというか。失敗した部分をどうリカバーしていけばいいのか、そういうところへ常に目が向いています。

1つの山を登っても、それまでの道のりを振り返ったり、頂上の景色を満喫したりはしない。登りきった段階で、次の山に向かって坂を降りていく。その繰り返しが、僕の人生なのかなって思います。

※続きは元ソースで

Yahoo!Japan/LEON 1/12(木) 8:00配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/3b6b2abed871ee0727d79085771e88a7265ff65d

【【全く?】郷ひろみさんの「あること」にスターのすごさを感じることに】の続きを読む


広末 涼子(ひろすえ りょうこ、1980年〈昭和55年〉7月18日 - )は、日本の女優。かつては歌手としても活動していた。本名:廣末 涼子(読み同じ)。夫はキャンドルアーティストのCANDLE JUNE。高知県高知市出身。フラーム所属。1990年代後半に「ヒロスエブーム」を巻き起こし、ややボーイッ…
73キロバイト (9,909 語) - 2022年12月1日 (木) 07:07
保ってますね~

1 フォーエバー ★ :2022/12/22(木) 21:32:28.06 ID:MYukHCmL9.net
毎日キレイ
「日本和装」の新イメージキャラクターに起用された広末涼子さん

 女優の広末涼子さんが「日本和装」の新イメージキャラクターに起用された。公開されたビジュアルで広末さんは、淡い色合いの着物に鮮やかな模様が印象的な帯を合わせた、爽やかな装いを披露している。

【写真特集】広末涼子、着物がお似合い 個性派パールリングをコーディネート

 来年1月には広末さんが出演するCMとウェブ限定ムービーも公開。広末さんは受講者として実際に着付け教室に通う姿を見せている。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ac1da22fb8aa9a5f24d8f161498dca5c5166310


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

【【若い?】広末涼子さんの「ある姿」に昔と変わらないと惚れ惚れすることに】の続きを読む


谷村 新司(たにむら しんじ、1948年〈昭和23年〉12月11日 - )は、日本のシンガーソングライター、タレント、作詞家、作曲家、大学教授。アリスのリーダー。大阪府大阪市住之江区の出身で、大阪府河内長野市生まれの大阪市東住吉区桑津育ち。愛称はチンペイ。 血液型はAB型…
53キロバイト (3,667 語) - 2022年9月14日 (水) 02:33
クリスマスの定番ですね~

1 フォーエバー ★ :2022/10/10(月) 09:27:25.08 ID:CAP_USER9.net
10/10(月) 9:06配信

日刊ゲンダイDIGITAL
1位は6万9000円の谷村新司
6万9000円で堂々1位の谷村新司(C)日刊ゲンダイ

 堂々の1位となったのは、「昴」「いい日旅立ち」など数多くのヒット曲を持ち、今年で活動50周年を迎えた谷村新司(73)。帝国ホテル東京で12月23、24日の2日間にわたって開催される「DANDYISM 2022」のお値段は、なんと! 6万9000円。谷村は昨年の6万6000円に続き、2年連続の栄冠となった。

 2位はこれまた帝国ホテル東京で12月22日に行われる由紀さおり(73)の6万2000円。こちらも昨年より3000円値上げしての開催だ。

■松田聖子も新高輪「飛天」に復活

 やはり、歌謡界のベテランが上位にズラリ。一昨年、昨年はクリスマスディナーショーを自粛した松田聖子(60)も毎年恒例のグランドプリンスホテル新高輪の「飛天」に戻ってくる。お値段は5万1000円だ。五木ひろし(74)は5万5000円、さだまさし(70)は5万4000円、美川憲一(76)の4万2000円など、お馴染みの顔ぶれが並ぶ。

 こうして見ると、小林幸子(68)の3万9000円が“お得”に思えてくるが、12月24日に小林が「横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ」で開催するディナーショーは昼夜2部制。料金はそこそこでも、1日で2倍の稼ぎとなるのだ。

「このほか、玉置浩二(64)と鈴木雅之(66)は、知る人ぞ知るディナーショーの帝王と呼ばれています。玉置は師走に入ると同時に、金沢、横浜、名古屋、大阪、千葉・幕張、そして12月27日のニューオータニ東京(5万4000円)で今年を締めくくる。鈴木も全国6カ所を回ります」(芸能事務所関係者)

往年のファン垂涎の太田裕美、伊藤蘭
伊藤蘭(左)と太田裕美(C)日刊ゲンダイ

 太田裕美(67)は12月11日に「ホテル日航立川」でディナーショーを開催。「木綿のハンカチーフ」「赤いハイヒール」「君と歩いた青春」などファン垂涎もの。同い年の伊藤蘭(67)も12月22日に「ホテルニューオータニ東京」に登場する。時間的にも金銭的にも少し余裕ができた往年のファンには人気になりそうだ。

 ところで、料金的には谷村新司が1位だが、クリスマスディナーショーの影の稼ぎ頭は別にいるという。

「金額に関して言うのなら、やはりトップは氷川きよしでしょう。『ホテル椿山荘東京』のディナーショーは、ステージに一番近い席が確約された〈プレミアムシートSS席〉というのがあり、18万5000円で売られています(宿泊付き)。もちろん、これほど高額にもかかわらず、あっという間に完売しました」(前出の関係者)

 それもこれも熱狂的なファンがいれば当然か。

■丘みどりは大阪でクリスマスディナーショー

 ちなみに、ホテル側の落ち度で名古屋でのディナーショーが中止になってしまった丘みどりだが、12月25日にシェラトン都ホテル大阪でお一人3万2000円でクリスマスディナーショーが予定されている。彼女を応援したい人は、ぜひこちらに足を運んでもらいたい。

https://news.yahoo.co.jp/articles/71c48ee99cee14de1769dd3663717bca44dccc19?page=2

https://news-pctr.c.yimg.jp/uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFhNrRI0RUQxg5aFkrX0xDg1_T0wXrbEJjtNGtrf1o9y3rXI_6xGctmGa6PxAvGWtji-hUlKY33LwBgo5FjSjiUHEtR7S9zw13egSj9Ol7JjwMfEkndTatOgrOBxguLuINOdFkmxWAwauq0CKhZlVfLMGH7iFHjxrmKqP3NZtbDj2

【【今年は?】谷村新司さんの「あるイベント」に見る、ディナーショーの相場について】の続きを読む


8%、1986年は3.8%と奮わず、2年で終了している。 ももいろ歌合戦(BS日テレ・フジテレビNEXT・ニッポン放送など) NTV紅白歌のベストテン(日本テレビ系列)- 年末には視聴者投票により「あなたが選ぶ紅白歌合戦」が何度か放送された。 青白歌合戦 - SPACE SHOWER…
242キロバイト (24,892 語) - 2022年9月4日 (日) 23:29
これはどう出ますかね~

1 冬月記者 ★ :2022/09/27(火) 09:37:18.40 ID:CAP_USER9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/0f2708f40e7d54d6ac51543a0c0c38c5882fcc5e

NHK紅白歌合戦に“極秘S・A計画”が? 聖子・明菜・懐かし元アイドル総出演でリベンジ狙い


 大みそかに放送されるNHK紅白歌合戦が早くも民放関係者の間で話題だ。今年の紅白は過去10年間で最高視聴率を叩き出すのではないかとのウワサが飛び交っているというのだ。

 そのカギを握るのがNHK局内で極秘に進行している“S・Aプロジェクト”の存在。さるキー局関係者はこう話す。

「Sは(松田)聖子、Aは(中森)明菜です。NHKはこの2人を今年の紅白に出場させるべくかなり早い段階から動いている。当初は双方の関係者から連絡もなくこのプロジェクトは頓挫する寸前だったようですが、最近になって山が動き出したというのです」

 最初にリアクションを示したのは今年でデビュー40周年を迎えた明菜(57)だ。先月30日に突如、公式ツイッターアカウントを公開し新個人事務所を設立、芸能活動を再始動したことを発表した。

「これは明菜が紅白に出演する意思を固めたサインと見られています。なんでも明菜に対しては2014年の紅白に彼女をキャスティングした当時のプロデューサーで、現在はNHKの関連会社の社長を務めるA氏が動いたとか。紅白サイドはNHKホールからの中継を期待していますが、どうやらアメリカNYからの生中継という可能性が出てきたようです。当初はVTR出演と言われていただけに大きな進歩ですよ」(NHK関係者)

 明菜サイドの前向きな姿勢に対しがぜん、注目を集めているのが聖子サイドのリアクションだ。

「聖子は昨年の紅白に出場が内定していたが、直前の12月に長女の神田沙也加さんが転落死したことを理由に辞退した。今年の出演も当初は渋っていた聖子サイドだったが沙也加さんの代表曲である映画『アナと雪の女王』のなかから『生まれてはじめて』を披露するという話で出演がまとまったと言われています。もちろん明菜出演情報も聖子の気持ちを前向きにさせたと思います」(前出=キー局関係者)


■同世代の元アイドルたちの名前も浮上

 NHK関係者が紅白に期待を込める理由がさらに。実は明菜や聖子以外の元アイドル歌手のキャスティングに成功したというのだ。

「現在、名前が取り沙汰されているのが工藤静香、小泉今日子、松本伊代、早見優といった往年のアイドル。男性陣は田原俊彦や郷ひろみらの名前が浮上しています」(音楽関係者)

 昨年の紅白は、2部制になった1989年以降、34.3%(2部、ビデオリサーチ調べ、関東地区)と目標の40%にも到達しない最低視聴率を叩き出してしまった。前年度よりも6.0ポイントも数字を落とし、ネット上には紅白打ち切り説まで飛び交った。それだけに起死回生の切り札が明菜と聖子、そして「82年組」に代表されるアイドルたちということだろう。

■裏番組に強敵不在

 裏番組は今年も「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 絶対に笑ってはいけないシリーズ」(日テレ系)が休止になり、強敵は不在。「S・A」揃い踏みなら視聴率50%超の可能性も出てきた。

【【たくさんいる?】NHKの「あの番組」での計画にいろいろな人を推薦する事態に】の続きを読む


中森 明菜(なかもり あきな、1965年(昭和40年)7月13日 - )は、日本の歌手、女優。本名同じ。1982年5月1日デビュー。1980年代を代表する女性アイドル歌手であり、数多くのヒットナンバーを世に送った。アイドルの当たり年と言われた1982年のデビューで、「花の82年組」の1人であった。
117キロバイト (14,526 語) - 2022年9月4日 (日) 03:52
生歌唱は一度見てみたいですね~

1 jinjin ★ :2022/09/03(土) 00:22:18.61 ID:CAP_USER9.net
「シン・明菜」宣言の行方…40周年での再始動は歌手・中森明菜を世に問うライトチャンス


中森明菜(57)が再始動を発表して音楽業界は大騒ぎになっている。
SNSにアップしたサイン入りの「お手紙」には、こうつづられている。

《ゆっくりになってしまうと思いますが、歩き出していきたいと思いますので、どうか見守っていただけると嬉しいです》


■個人事務所で再始動発表

体調は良くなってはいるものの、まだ万全ではない。それでもデビュー40周年を迎えた節目の今年、新たな個人事務所も設立し、何らかの活動をと奮闘中なのだそうだ。
構成作家のチャッピー加藤氏はこう言う。

「歌への情熱がおなじ歌手のなかでも突出した明菜さんですから、また歌いたいという思いを持ち続けていたのでしょうね。30年も前のライブを放送したNHKの映像で、往時を知らない若い世代をも感動させ、魅了してしまうのですから、やはり昔も今も、求められている人であることは間違いありません。ヒット曲の数々のみならず、いろんなことを乗り越え、年齢を重ねてきた明菜さんの今の歌を今の日本に響かせてもらいたいです」

公式サイトの写真には直筆で「Re-birth」とあり、加藤氏はこう続けた。

「復活するなら、新しく生まれ変わった自分をという気持ちなのだと思います。これは『シン・明菜』宣言ですよ」


アイドル歌手の華やかなりし80年代にして、当たり年の「花の82年組」。16歳のときにシングル「スローモーション」でデビュー、同年の2枚目「少女A」で瞬く間にスターダムにのし上がっていったのは中高年世代には今さらの話。
だが、「デビュー曲から、卓越した表現力を見せていました。これはもう、天性としか言いようがない」と加藤氏は言った。


だが、2017年暮れのディナーショーを最後に、活動を休止。
公の場から姿を消していたため、最初からトップギアでの明菜を求めるのは酷というもの。

期待の集まるNHK紅白歌合戦への出場など、周りに惑わされず、マイペースで活動し、ファンも温かく見守るべきだと加藤氏は提案する。
長く明菜を取材するベテラン芸能記者、青山佳裕氏はこう言う。

「完璧主義者にして繊細な明菜さんは、復帰を常々願ってはいても、いまひとつ自信を持てないでいたと思います。そんな彼女の背中を押したのは、40周年の節目であることはもちろん、コロナ禍やロシアのウクライナ侵攻で不穏で不安の広がる今、復活を求めるファンの声の大きさだったのではないでしょうか。これ以上、復活を待望する声はもうないかも知れない。歌手中森明菜を世に問う最後のチャンスと考えているように見えます。相当の覚悟がうかがえますね」


■「頑張りすぎないで」

もっとも、中森明菜は浮き沈みがあり、年齢を重ねてからは表舞台に返り咲いた後、力尽きるように、ファンの前から消えてしまうの繰り返しだった。

「聖子さんのファンが、いかなるバッシングや不遇にも屈しない強い姿に引かれるのに対して、明菜さんのファンはそうした繊細なところに感情移入し、頑張ってと応援します。マスコミも音楽業界も、歌姫復活に騒ぐでしょうけど、明菜さんには、頑張りすぎないでと申し上げたい。きっと本当のファンは皆さんそう思っていると思いますよ」

全盛期の歌声でなくてもいい。大きなステージでスポットライトの中心に立たなくても、ファンは応援し拍手するはずだと青山氏は言ったが、ファンも同じ気持ちのはずだ。


https://news.yahoo.co.jp/articles/8ef805074d7af8f2f5cd0c77d4e7fb5f0691e6c8

【【ついに?】中森明菜さんの「ある発表」に期待と不安が入り混じることに】の続きを読む

このページのトップヘ