注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

月9


眞栄田 郷敦(まえだ ごうどん、Gordon Maeda, 2000年〈平成12年〉1月9日 - )は、日本の俳優。本名は前田 郷敦(読み同じ)。所属事務所はユニバーサル ミュージック アーティスツ合同会社。 父は千葉真一、兄は新田真剣佑、異母姉は真瀬樹里、叔父は矢吹二朗。…
31キロバイト (3,732 語) - 2024年3月9日 (土) 00:00

(出典 image.tokion.jp)


根本から変えないとですね~

1 湛然 ★ :2024/02/29(木) 05:11:43.40 ID:gfHJYw5g9.net
眞栄田郷敦、月9ドラマ初出演 初共演の広瀬アリスと12年越しに結ばれる恋人を熱演【コメントあり】
2/29(木) 5:00 オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/f106d242e9ce49ded272ab125ae092feb4d672d9
4月期月9ドラマ『366日』に出演する眞栄田郷敦

(出典 contents.oricon.co.jp)



 俳優の眞栄田郷敦が、4月期のフジテレビ系月9ドラマ『366日』に出演することが2月29日、決定した。俳優デビュー5周年の節目となる今年、月9ドラマ初出演を飾る。初共演の主演・広瀬アリスが演じる主人公・雪平明日香の高校時代の同級生で、後に付き合うことになる水野遥斗を務める。

 本作はHYの名曲「366日」の世界観に着想を得たオリジナルストーリーで、高校時代に実らなかった恋をかなえようと再び動きだした男女が、予期せぬ悲劇に直面しながらも、愛する人を想い続ける壮大な愛の物語。演出・平川雄一朗氏、脚本・清水友佳子氏という日本を代表するヒットメーカーの2人が初タッグを組む。

 眞栄田が演じる水野遥斗(みずの・はると)は、主人公・雪平明日香の高校時代の同級生で、現在は外食チェーンに務めている。高校時代、遥斗は野球部として甲子園を目指し、明日香は吹奏楽部としてアルプススタンドでの演奏を夢見て、共に青春時代を過ごしていた。実家はお好み焼き屋を経営しており、男女5人グループで部活終わりに、お好み焼き屋でワイワイするのが日々の楽しみだった。

 そんないつも一緒にいた明日香と遥斗は互いに好意を抱いていたにもかかわらず、思いを伝えられないまま卒業。東京の大学に進学した明日香と北海道の大学へ進学した遥斗は離ればなれに。互いの誤解もあり、その後は連絡を取ることもなくなった2人だが、通っていた地元・茨城の高校が廃校になるということで、同級生らとの同窓会で再会。そこで2人は、高校時代を振り返る中で、実は当時両思いだったことや、タイミングが悪くすれ違い続けてきたことを知る。

 「俺たち、これから始めてみない?」と遥斗は明日香に告白をし、2人は晴れて12年越しに交際することに。この上ない幸せを手にした明日香と遥斗だったが、ある日、遥斗を予期せぬ悲劇が襲い、彼は意識不明の重体になってしまう。目覚めない彼の近くにいる明日香は、知られざる遥斗の想いや、あの頃いつも一緒にいた同級生たちとのさまざまな日々を思い出していく。

 本作では現代と12年前の高校時代という異なる時間軸が描かれることも特徴の一つ。広瀬と眞栄田が青春時代の“忘れられない恋”をどのように演じるのかにも注目だ。

■眞栄田郷敦コメント
――月9ドラマ初出演、出演オファーを受けた際の率直な感想は?
「昔から日本のドラマといえば月9という印象で、それもよく聴いていた『366日』にまつわる題材ということで、すごく感慨深くワクワクしてます。はかなく美しいこの曲が作品とどう交わって行くのか、僕も今から楽しみです」

――台本を読んで、自身の役にどのような印象を持ったか?
「明るくてポジティブでみんなの中心で太陽のような人物。しかし、ベースに人見知りで繊細な部分があるのがまた魅力的だと思いました」

――広瀬アリスとの初共演への思い。
「明日香役の広瀬さんを想像しながら一緒に作品作りができるのを楽しみにしてます」


(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【またこの路線?】眞栄田郷敦さんの「あるドラマ」にすでに悲観する事態に】の続きを読む


広瀬 アリス(ひろせ アリス、英: Alice Hirose、1994年〈平成6年〉12月11日 - )は、日本の女優、元ファッションモデル。 静岡県静岡市清水区出身。フォスタープラス所属。妹は女優・ファッションモデルの広瀬すず。 1994年、静岡県に生まれる。小学6年生の時に、地元のお祭りで現在の…
100キロバイト (13,378 語) - 2024年1月29日 (月) 22:22

(出典 img-mdpr.freetls.fastly.net)


その路線ではないですね~

1 湛然 ★ :2024/01/30(火) 05:43:07.49 ID:w7NItgLQ9.net
広瀬アリスが“月9”初主演 HYの名曲「366日」モチーフにラブストーリーの王道描く
1/30(火) 5:00 日刊スポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/50bf6566c48635381930639b98b1f155c15e67db

広瀬アリス(29)がフジテレビ系の4月期連続ドラマ「366日」で、“月9”初主演を務めることが29日、分かった。HYの名曲「366日」の世界観に着想を得たオリジナルストーリー。楽曲をモチーフとする作品は同枠では新たな試み。広瀬は今作でゴールデン帯連続ドラマ初主演を飾る。

 “一生、忘れられない恋”。切なくも温かい世界観を、月9×ラブストーリーの王道で描く。物語は、高校時代に実らなかった恋をかなえようと12年越しに再び動き出した男女が、悲劇に直面しながらも愛する人を思い続ける壮大な愛の物語。切なさの中に、温かさも感じる名曲の世界観とのシンクロは注目。広瀬は「まさか、自分の役者人生で月9の主演を務めさせていただくことになるとは、と心がざわついております。心臓の鼓動さえも感じさせられるよう、感覚を研ぎ澄まして大切に演じたいです」と意気込んだ。

 主題歌は作品のモチーフとなった同曲。発売から16年がたった今もなお愛される、切ない失恋ソングは広瀬にとってもなじみある1曲で「学生時代、ずっと聴いていた思い出の楽曲」という。ボーカルの仲宗根泉は「まさかドラマ化されるなんて、喜びより驚きのほうが大きかったですが、今はただただ素直にうれしいです」とコメントした。

 脚本はTBS系「最愛」(21年)の清水友佳子氏が担当し、TBS系「JIN-仁-」シリーズ(09年ほか)などを手がけた平川雄一朗氏が監督を務める。ヒットメーカー×名曲のタッグで名作誕生なるか。4年に1度のうるう年となる24年だからこその一作が、月9に生まれる。

 ▽狩野雄太プロデューサー

 1年前位に、Youtubeを見ていたら偶然「366日」のPVが流れてきました。何回も何回も聴くうちに「果たして人生で死ぬほど好きになった恋愛って何回あったのだろう?」「大切な人が明日も同じようにいてくれるとは限らない。もしそういう時、自分はどうするのだろう?」と思うようになり、企画書を書きました。(※中略)

 <ストーリー>

 音楽教室の事務受付をしている28歳の雪平明日香(広瀬アリス)は、通っていた高校が廃校になるため、同窓会に行くことに。そこで高校時代に好きだったクラスメートの水野遥斗と再会する。高校時代に思いを伝えられないまま離ればなれになり、明日香は「一生、忘れられない恋だった」と思いながら過ごしてきた。連絡先を交換した2人は実は両思いだったことを知り、12年越しに交際することになるが、ある日遥斗を予期せぬ悲劇が襲い、意識不明の重体になってしまう。

(おわり)

【【ではなく?】広瀬アリスさんの「あるドラマ」の発表に残念な気持ちになることに】の続きを読む


七菜(もり なな、2001年8月31日 - )は、日本の女優、歌手。所属事務所はアーブル→ソニー・ミュージックアーティスツ(エージェント業務提携)、所属レーベルはソニー・ミュージックレコーズ内のgr8!records。 大分県出身。大分高等高校の卒業生である。 大阪府で生まれ9歳まで過ごしその後は大分県で育った。…
63キロバイト (7,764 語) - 2023年3月4日 (土) 02:18
逆にすごいメンバーですね~

1 ひかり ★ :2023/02/22(水) 17:08:40.22 ID:XhxUygg59.net
「できるだけ笑うようにしています」

 2月13日、パーソナリティーを務めるラジオ番組『SCHOOL OF LOCK! 森七菜LOCKS!』で、仕事で意識していることを語った森七菜。

「森さんらしい快活さが戻ってきましたね。昨年は思うような活動がなかったので、少し心配していたんですが……」(ラジオ局関係者)

 森は2019年の映画『天気の子』でヒロインの声を演じて話題に。翌年には映画『ラストレター』で数々の新人賞を受賞し、ドラマ『この恋あたためますか』(TBS系)で主演するなどブレイクの兆しを見せていた矢先、トラブルに巻き込まれてしまう。

「2021年に前事務所からの独立をめぐって騒動が起こりました。何の予告もなくホームページから森さんのプロフィールが削除され、翌日に現事務所への移籍が報じられたんです。円満退社ではないという印象が広まり、映画やドラマのオファーが激減したという報道も。昨年の地上波ドラマ出演は1月期の日本テレビ系『逃亡医F』と、9月のフジテレビ系スペシャルドラマだけでした」(スポーツ紙記者)

 姿を見る機会が減っていたが、今年になっていよいよ完全復活を遂げそうだ。

「1月12日から配信が始まったネットフリックスのドラマ『舞妓さんちのまかないさん』で主演。その後は2本の映画公開も控えています。さらに、今年7月クールの月9での主演が決まったようですよ」(同・スポーツ紙記者)

 正式な情報公開はされていないものの、予定される出演者の顔ぶれがなんとも“注目”なのだ。

「神尾楓珠さんと水上恒司さんの名前が挙がっているんです。森さんと同じく、この2人にも騒動がありました。ある意味で“話題性のあるキャスティング”といわれていますね」(テレビ誌ライター)

 神尾は昨年末に、相次ぐ仕事の“ドタキャン”が取り沙汰された。

「12月26日に行われたボートレースのCM発表会を欠席。年明けの1月7日には、音声ガイドを担当する予定だった美術展ナビゲーターの降板を発表しました。ドラマや映画、CMの撮影に舞台も重なって過密なスケジュールになり、体調を崩してしまったといいます。1月中旬にはCM撮影に参加したそうですが、完全復帰とはいえません」(前出・スポーツ紙記者)

 水上は2021年4月に所属事務所からの退所をめぐって裁判を起こした。

「契約は2023年3月まででしたが、前倒しして2022年8月に事務所を離れました。裁判は和解になり、一応は円満退社。ただ、使っていた芸名の岡田健史ではなく、本名の水上恒司として活動することに」(同・スポーツ紙記者)

 フジテレビに問い合わせたところ、《制作の詳細についてはお答えしていません》とのこと。

 “クセ者”ぞろいの月9から、視聴者も目が離せない!?

週刊女性

https://news.yahoo.co.jp/articles/670a9e679bcdd5039cc722aa871a0afcc5316830

【【このメンバーでは?】森七菜さんの「あるドラマ」主演に結果が見えていると諦めモードに】の続きを読む


木村 拓哉(きむら たくや/1972年〈昭和47年〉11月13日 - )は、日本の歌手・俳優。男性アイドルグループSMAPの元メンバー。東京都調布市出身。ジャニーズ事務所所属。キムタクの愛称で知られる。 本人の知らないうちに親戚が履歴書を送り、1987年11月、ジャニーズ事務所に入所し、光GENJIのバックについていたジャニーズJr
84キロバイト (10,963 語) - 2022年9月10日 (土) 08:52
あっちもドラマ化とかしてほしいですね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/09/13(火) 23:59:14.29 ID:CAP_USER9.net
2022/9/13

週刊女性2022年9月27日号

 木村拓哉(49)が動画サイトGYAO!の番組『木村さ~~ん!』で行った堂本剛とのコラボが話題を呼んでいる。

「剛さんは木村さんが運転する車に初めて乗ったそうで、大興奮。貴重な共演にファンも喜んでいましたね」(スポーツ紙記者)

 公私共に充実する木村だが、来年あの話題作の続編放送が決定したという。

「2020年と2021年の新春にスペシャルドラマとして放送された『教場』が、来年4月のフジテレビ月9枠で連ドラ化することが決定しました」(フジテレビ関係者)

 これまで主演ドラマで着用したエンジニアブーツやダウンジャケットがブームになるなど、ファッションでも多大な影響を与えてきた木村。『教場』は、そんな彼が“カッコいいキムタク”を封印したことでも話題になった。

「原作は、警察小説の新境地としてベストセラーとなった長岡弘樹氏の同名小説。木村さんは白髪姿で警察学校の鬼教官を演じています。生徒役には川口春奈さんや林遣都さんら豪華キャストが顔をそろえたこともあり、視聴率15%を超えるヒットとなりました」(テレビ誌編集者)

 高視聴率に手応えを感じたフジは、2年連続でスペシャルドラマを放送することに。




1度目のオファーを断った木村
https://www.jprime.jp/articles/-/25099

【【ダメ?】 木村拓哉さんの「あるドラマ」にこっちじゃない感が出てしまう】の続きを読む


ミステリと言う勿れ』(ミステリというなか、英文表記: Do not say mystery)は、田村由美による日本のミステリー漫画。 2022年1月期にフジテレビ系「月9」枠にて、菅田将暉主演でテレビドラマ化さた。 本作は分類としては「ミステリ」だが、田村は「ミステリじゃないです むり
50キロバイト (7,288 語) - 2022年1月17日 (月) 01:07


いい数字取れるといいですね~

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/17(月) 11:49:10.32 ID:CAP_USER9.net

2022.01.17 10:33
まいじつ 

1月10日より放送がスタートした、菅田将暉主演の月9ドラマ『ミステリと言う勿れ』(フジテレビ系)。実は、社運を賭けるレベルの大作だと噂されているようだ。

原作は、累計発行部数1300万部を突破している同名の大人気コミック。天然パーマにコンプレックスを持つ主人公・久能整(菅田)は、友だちも彼女も1人もいない、カレーをこよなく愛する大学生。社会で「当たり前のこと」として流されていることに常に疑問を持ち、とことん考え抜く性格で、膨大な知識と独自の価値観による持論を鮮やかに展開する。

「大人気コミックが原作とあって、実写化の権利争いはかなり熾烈だったようです。出版社に問い合わせが殺到した中で、なんとフジテレビが実写権利を獲得。ドラマ作りに定評のあるTBS、潤沢な資金のある日テレではなく、フジが選ばれたことに、何かただならぬ気配を感じますね」(芸能記者)

第1話の制作期間はなんと4カ月

そしてこの『ミステリと言う勿れ』は、フジテレビ史上でもトップレベルに入る予算が掛かっているという。

「第1話で、売れっ子大物俳優の遠藤憲一がいきなり〝退場〟したことで話題を集めましたが、実はこの1話に掛けられた制作期間は約4カ月。遠藤自身、『俳優人生の中で1話の出演で4か月もやったの初めてです』と漏らしており、これがいかに異例なことなのかを表しています。主題歌も、今やタイアップバンドに成り下がったとはいえ、話題性のある『King Gnu』が務めていますからね」(同・記者)

その甲斐あってか、世帯平均視聴率は初回から13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という大ヒットを記録。静岡では21.8%というとてつもない数字を叩き出した(菅田が静岡出身というわけでもない)。

これをきっかけに、ついにフジテレビ、そして〝月9〟復活となるだろうか。

https://myjitsu.jp/archives/327897


【【いける?】フジテレビさん「あるドラマ」に社運まで賭けてしまう】の続きを読む

このページのトップヘ