注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

映画


柳楽 優弥(やぎら ゆうや、1990年3月26日 - )は、日本の俳優。東京都東大和市出身。スターダストプロモーション制作3部所属。妻は女優の豊田エリー。 芸能事務所に所属していた友達がドラマに出ていたのを見て、「自分も周りを笑わせたい」という理由で芸能界入りを希望。母親に相談し、スターダストプロ…
58キロバイト (7,353 語) - 2024年4月22日 (月) 21:34

(出典 www.pintscope.com)


言いたくもなりますよね~

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/19(金) 07:52:52.89 ID:OFZd1Jes9.net
2024年4月19日 5時0分

 俳優の柳楽優弥が、映画「夏目アラタの結婚」(堤幸彦監督、9月6日公開)に主演することが18日、分かった。ヒロインは黒島結菜が務める。

 乃木坂太郎氏による累計発行部数240万部突破の人気同名漫画が原作。元ヤンキーで児童相談所職員・アラタ(柳楽)がとある事件の真相を探るため、死刑囚・真珠(黒島)にプロポーズすることから始まる獄中サスペンスを描く。

 柳楽は、日本中を震撼させた連続殺人事件の犯人・真珠に翻弄され続ける主人公を演じ「今まで自分が演じたことがない役柄」と難役であったことを告白。撮影は昨年4~5月中旬に行われ、「堤監督を筆頭に『いい作品にしたい』という高揚感を常に保ちながら、毎日撮影に集中することができました」と振り返った。

 黒島は、今年1月に俳優・宮沢氷魚との事実婚と第1子妊娠を発表したばかり。解禁された本作ティザービジュアルでは、純白のウェディングドレス姿を披露。NHK朝ドラ「ちむどんどん」などで演じた爽やかなヒロインのイメージを一新するダークな役柄で、「表情がコロコロ変わり何を考えているかわからない、全くつかみどころのない役」と新境地に挑んでいる。

 不敵な笑みを浮かべる口元は、原作で描かれている真珠の特徴の“ガタガタの歯並び”を再現。5か月間試作を重ねたマウスピースを装着しての芝居に「納得できるものができたと思います。ぜひ注目してみて」と手応えをのぞかせた。

 ◆柳楽コメント

 脚本を読ませていただき、夏目アラタというキャラクターは今まで自分が演じたことがない役柄だなと感じました。同時に、スリリングなストーリーを含めた作品そのものに魅力を感じ、是非にとオファーを受けさせていただきました。

 現場では堤幸彦監督を筆頭に「いい作品にしたい」という高揚感を常に保ちながら、毎日撮影に集中することができました。アラタが対峙することになる真珠は、狂気と底知れない怖さをあわせ持つ連続殺人事件の容疑者であり死刑囚です。黒島さんが魅力的に、そしてとてもかっこよく演じられていたので、一緒にお芝居をするのがとても楽しかったです。

 この作品は「もしかしたらありえるかもしれない…」という、ファンタジーとリアリティのギリギリのラインを攻めているところが個人的にはすごく面白いなと感じています。アラタと真珠がどんな結末を迎えるのか。是非ご期待ください。

 ◆黒島コメント

 私が演じた真珠は、表情がコロコロ変わり何を考えているかわからない、全く掴(つか)みどころのない役です。とても難しい役だったのですが、監督の堤さんやスタッフの皆さんが信頼できる方々だったで、のびのび演じることができました。毎日ヘトヘトになりましたが…笑

 原作にある不気味さや怖さをしっかりと表現するために、特徴的な真珠の歯はマウスピースを作りました。何度も試作し、納得できるものができたと思います。ぜひ注目してみてください。

 柳楽さんとの共演はとても久しぶりでした。拘置所でのアクリル板越しのシーンや法廷でのシーンが多く、リアルな距離感のお芝居は少なかったですが、目がとても印象的なので、対面したときに吸い込まれてしまわないよう必死でした。柳楽さんとはエネルギーレベルでお芝居ができたのかもしれないと今になって思います。たのしかったです!一言では言い表せない映画になりました。ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです!

 ◆堤監督コメント

 原作はミステリアスでスリリング、先が読めないストーリー性にグイグイと魅かれたのですが、それ以上にアラタと真珠の厭世的だけど強烈に愛を求めている姿に痺(しび)れました。映画化では原作に描かれている唯一無二なキャラクターをなんとか立体化したく俳優と頑張りました。

 柳楽氏はすっかり大人になっているのですが、少年のギラリとした視線を保ち続けていて安心しました。そして、アラタの巻き込まれながらも目覚めた心情、それへの葛藤や裏腹な切なさを演じ切るという難役をきっちりこなしてくれました。黒島さんは一言「ヤバい」です!見たことない彼女です。ぜひ見てください!

 ◆乃木坂氏コメント

 柳楽優弥さん、黒島結菜さんの2人が危険な化学反応を起こしそうな匂いを濃厚に漂わせていますね。原作者として真珠の歯並びの再現に本気の映像化を感じました!

https://hochi.news/articles/20240418-OHT1T51267.html?page=1

(出典 hochi.news)

【【あの人では?】柳楽優弥さんの「ある映画」にいろいろと注文が出る事態に】の続きを読む


ヤマザキ マリ(1967年4月20日 - )は、日本の漫画家、随筆家、画家。東京造形大学客員教授。日本女子大学特別招聘教授。海外暮らしが長く、現在はイタリア在住。スマイルカンパニー所属。既婚。 1967年(昭和42年)、東京都に生まれる。母親(神奈川県・鵠沼出身)がヴィオラ奏者として札幌交響楽団に…
45キロバイト (5,681 語) - 2024年4月26日 (金) 00:48

(出典 precious.ismcdn.jp)


根深いかもですね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/04/17(水) 18:43:17.02 ID:Q9su+dHr9.net
地球の住民(ヤマザキマリ) 2024年04月17日

ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』映像化で出版社と家族の板挟みとなり病院に運ばれて。「出版社が自分の漫画で何を企もうと仕方がない」風潮は今変わりつつある

連載・地球の住民
ヤマザキマリ 漫画家・文筆家・画家





42歳で描いた『テルマエ・ロマエ』が刊行されたとたん「人生が一変した」というマリさん。映像化を巡っては出版社と家族の意見の板挟みとなり、病院に運ばれる事態になったそうで――。(文・写真=ヤマザキマリ)
https://fujinkoron.jp/articles/-/11429





『テルマエ・ロマエ』刊行で人生が一変して

私が漫画の道を選んだのは、自分の専門だった油絵では生活できなかったからだ。イタリアでの暮らしが11年目になるころ、結婚もしていないのに子供が生まれ、いよいよ社会と接点のある仕事をしなければ、という決意と模索の結論が「漫画」だった。

それを人に言うと、「その選択おかしいでしょ」と笑われる。

まったくその通りなのだが、芸術性を重視する欧州の漫画“バンド・デシネ”と違い、経済生産性の高い日本の漫画は、自由や自分のペースが許されるような仕事ではないという知識だけは持っていた。だから漫画家という職種は、私としては立派な社会的仕事という認識だったのである。

28歳で初めて漫画を描き、生活費程度の原稿料が細々入ってくるくらいのやりくりができていたところまでは良かった。しかし、42歳で描いた『テルマエ・ロマエ』が刊行されたとたん、私の人生は一変した。

口コミで話題が広がり、版が重ねられ、数ヵ月後にはふたつの賞を受賞、それと同時に実写化の計画が進められた。私は当時ポルトガルで暮らしていたのだが、日本で起きていることへの実感も自覚も得られないまま、エンタメという巨大産業の引力に吸い込まれていった。

https://fujinkoron.jp/articles/-/11429?page=2
次のページへ

【【このときから?】ヤマザキマリさん「あの映画」の話に例の件と重ねることに】の続きを読む


福山 雅治(ふくやま まさはる、1969年〈昭和44年〉2月6日 - )は、日本のシンガーソングライター、俳優。所属事務所はアミューズ。所属レコード会社はユニバーサルミュージック。公式ファンクラブは「BROS.」(日本国外居住者は「BROS.+」)。愛称はましゃ。ラジオDJや写真家としても活動。妻は女優の吹石一恵。…
281キロバイト (20,019 語) - 2024年4月3日 (水) 00:26

(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


グッときますね~

1 湛然 ★ :2024/03/30(土) 06:15:59.37 ID:uL/C5FHx9.net
福山雅治 “泣けた”楽曲明かす「歌詞がすごい」と絶賛「やばいですよ。歌えちゃう」
3/28(木) 19:52 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/a8c6d7dd8c1637dc2a0f54c1d86d4c038b75ce9f


 俳優で歌手の福山雅治(55)が27日放送のフジテレビ「週刊ナイナイミュージック」(水曜後11・00)に出演し、自身が泣けた楽曲を明かした。

 「福山雅治を泣かせたエンタメ3選」のコーナーで明かしたもので、その楽曲は中島みゆきの「ファイト!」。83年発表のアルバム「予感」に収録され、94年のシングル「空と君のあいだに」に両面シングルとして発売された。

 泣ける理由を聞かれた福山は「歌詞ですよね」と語り、「ナインティナイン」の岡村隆史から「どこが凄いですか?」と聞かれると「頭がすごいですよ。ド頭が」と言い、歌い始めた。さらに「その次もまたすごい」と、歌い続け「やばいですよ。歌えちゃう。自分の歌詞覚えられないのに、人の歌詞覚えちゃう」と言い「強烈ですよ。泣いちゃう」と語った。

 岡村が「若い時はホンマ、全然歌詞とか追ってないんですよね。年齢重ねてくると、中のシーンとかもしっかり入ってくるようになるな、と最近ちょっと」と言うと、福山は「そうですか。遅いっす。ということは、俺の『桜坂』も歌ってくれていたけど、全然入ってなかったってこと?」と突っ込んでいた。

 また、「映画」は97年公開でマット・デイモンとベン・アフレックが脚本を務め、出演もした「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」。「スポーツ」は00年5月の「PRIDE GRANDPRIX 2000 ホイス・グレイシーVS桜庭和志」を上げた。

 「グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち」について福山は、何度も見ているが「これは泣きますね」と語った。さらに、ロビン・ウィリアムズさんが演じた精神科医の「君は悪くない」という言葉によってマット・デイモンが演じたウィル・ハンティングの気持ちが、氷解した場面が「大好きなシーンで、もう僕は自分に言われているような気持になっちゃって…。正直、マット・デイモンさんより先に泣いてる」と明かした。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【これは?】福山雅治さん「ある作品」への思いに同じ気持ちの人が多いことに】の続きを読む


(あん、1986年〈昭和61年〉4月14日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、YouTuber。本名および旧芸名は渡辺 (わたなべ あん)。東京都渋谷区出身。サンミュージックブレーン、ボン・イマージュを経て2008年からトップコート所属。父は俳優の渡辺謙。兄は同じく俳優の渡辺大。…
64キロバイト (7,988 語) - 2024年2月12日 (月) 20:50

(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


これはどういう意図があるんでしょうね~

1 湛然 ★ :2024/02/07(水) 05:29:48.37 ID:xP9JbJKi9.net
杏が6月公開の映画「かくしごと」で8年ぶりに長編映画に主演 「今の自分だからこそ、演じることができる」
2/7(水) 5:00 サンケイスポーツ
https://news.yahoo.co.jp/articles/f9b38bc2673d71105138e2ebc768ea285f519ffa
映画「かくしごと」に主演する杏(上段左)。共演者には奥田瑛二(同左から2人目)ら芸達者がそろった

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



女優、杏(37)が6月7日公開の映画「かくしごと」(関根光才監督)で、8年ぶりに長編映画の主演を務めることが6日、分かった。

2016年公開の「オケ老人!」以来で、意外にも長編映画主演は2作目。フランス移住前の22年8月に、日本在住最後の作品として撮影した。

映画はミステリー作家、北國浩二氏の小説「噓」が原作。長年確執のあった父親の認知症の介護のため田舎へ戻った主人公・千紗子(杏)は、事故で記憶を失った少年に虐待の痕を見つけ、少年を守るために自分が母親だと噓をつき、疑似親子の関係を築いていく。

私生活で3人の子供を育てる杏は、「今の自分だからこそ、演じることができる」と、母親ならではの深い母性を芝居を超えて体現。関根監督は「これまでに見たことがない生々しい感情を演じる杏さんが見られる作品です」とアピールした。

杏が少年を力強く抱きしめる映画のポスターも解禁。ほかに、千紗子の父親役の奥田瑛二(73)や、安藤政信(48)、佐津川愛美(35)らが共演する。

一つの噓をきっかけに、それぞれの〝かくしごと〟が明らかになっていくヒューマンミステリー。ラストに千紗子が知る〝真実〟は観客の涙を誘いそうだ。



●杏主演!映画『かくしごと』予告編


(出典 Youtube)


【【あるのに?】杏さんの「ある映画」に問題が生じる事態に】の続きを読む


クエンティン・ジェローム・タランティーノ(英: Quentin Jerome Tarantino、1963年3月27日 - )は、アメリカ合衆国の映画製作者。 1990年代前半、入り組んだプロットと犯罪と暴力の姿を描いた作品で一躍脚光を浴びた。アカデミー脚本賞とカンヌ国際映画祭パルム・ドールを受賞している。…
56キロバイト (4,877 語) - 2024年2月8日 (木) 12:58

(出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)


印象深い作品ばかりですね~

1 はな ★ :2024/02/03(土) 21:46:25.41 ID:82GbXplg9.net
タランティーノ監督 引退作の主演はやっぱりブラピ!
2024.02.03 よろずー
https://yorozoonews.jp/article/15146180


クエンティン・タランティーノ監督(60)の引退作の主演は、ブラッド・ピット(60)となるようだ。

タランティーノ監督の2019年作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』でアカデミー助演男優賞を受賞、その10年前には同監督の『イングロリアス・バスターズ』でも主演を務めたブラッドが、新作『ザ・ムービー・クリティック』で3度目、そして最後の出演を果たすと報じられた。

デッドラインのコラム「ザ・ディッシュ」によると、ブラッドは2025年公開予定の同作の主演を務めるようだ。

10本目の映画を撮ったら引退すると何度も宣言しているタランティーノ監督は以前、次回作は「ポルノ雑誌に映画批評を書いていた」1970年代の映画評論家を主人公にしたものになるとしてデッドラインにこう明かしていた。「彼はメインストリームの映画について書いていて二流の評論家だった」「彼はとても良い評論家だったと思う。すごくシニカルでね。彼の批評は、初期のハワード・スターンと批評家になった(ロバート・デ・ニーロが『タクシードライバー』で演じた)トラヴィス・ビックルを掛け合わせたものだ」

またブラッドとレオナルド・ディカプリオというお気に入りの俳優2人がこの役には年を取りすぎていると感じたため、「まだ決めてはいないけど、35歳くらいの人になるだろうね。間違いなく僕にとって新しい主役になるだろうね」と話していたほか、イギリス人が主人公を演じる可能性はあるかと尋ねられ、「でも、イギリス人をキャスティングしたくないんだ」と語ってもいた。


※全文はリンク先で

【【名作ばかり?】タランティーノ監督の「ある映画」に惜しむ声が続出する】の続きを読む

このページのトップヘ