注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

小栗旬


小栗 (おぐり しゅん、1982年〈昭和57年〉12月26日 - )は、日本の俳優・映画監督。東京都小平市出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 左利き。父は舞台監督の小栗哲家、母はクラシックバレエ教師。兄は演出家(元俳優)の小栗了、ほかに一般人の姉がいる。妻はモデル・女優の山田優、義弟は俳優の山田親太朗である。
73キロバイト (9,577 語) - 2022年5月4日 (水) 13:19
何事もほどほどがいいですね~

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/05/04(水) 18:21:29 ID:CAP_USER9.net

5/4(水) 16:09
SmartFLASH

小栗旬「自分は芝居が下手。メッキがはげる」と稽古に没頭…乗馬・剣道・日舞を習い、腹筋400回を日課に

 小栗旬が5月3日放送の『プロフェッショナル 仕事の流儀』(NHK総合)に登場し、自身について「芝居が下手」と告白。「そのうち俺のメッキがはげて、『全然ダメじゃん』って思われる瞬間が来る。その結果、稽古をする」と大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を前に、乗馬、剣道、日本舞踊などの稽古に明け暮れたという。

 腹筋400回を日課とし、半年かけて左利きを右利きにして、足に重りをつけて武士の歩き方を学ぶなど徹底的に役作りに挑んだ。

 また、「プロフェッショナルとは?」の質問には「恩返し」と返答。「ここまで自分を連れてきてくれた人たち。応援してくれた人。手を差し伸べてくれた人。いま一緒に戦ってくれている人に恩を返していく先にプロフェッショナルがある」と明かしていた。

 小栗の話にSNSではさまざまな意見が書き込まれた。

《小栗旬さん、ひたすら優しくて面倒見の良い人だなぁと思った。 あとすごく客観的に自分を見てる》

《小栗旬スペシャル観た。芝居や役づくりに葛藤し努力し続けても自信がない。それでも芝居が好きだから続けてると。ストイックで正直な人だ》

《小栗旬さん。自己卑下と諦念と悟りの上着で溢れ出る情熱を隠し、それでも理想とするエンタメ観を追い求めてもがき続ける》

「同番組で小栗さんは、クランクイン初日、スタッフに『お名前、うかがっていいですか』と話しかけて、スタッフ200人の顔と名前を覚えようとする様子も披露しています。『思いっきり、みんなを愛していきたい。家族みたいなもの』と話していました」(芸能ライター)

 小栗は地に足をつけて演技に取り組み、スタッフを大切にするからこそ、オファーが絶えないのだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/274c15fee8a289d84a772c93229e3a70b5b43fb9


【【実は?】小栗旬さんの「ある行為」に疑問視する声が出てしまう】の続きを読む




3日放送の「プロフェッショナル仕事の流儀」に小栗旬さんが登場しました。

ネットでは今放送回で小栗さんがスタッフに見せた"ある対応"が大きな話題になっているようです。

【【すごい?】小栗旬さんがスタッフに見せた"ある対応"が大きな話題に】の続きを読む


小栗 (おぐり しゅん、1982年〈昭和57年〉12月26日 - )は、日本の俳優・映画監督。東京都小平市出身。トライストーン・エンタテイメント所属。 左利き。父は舞台監督の小栗哲家、母はクラシックバレエ教師。兄は演出家(元俳優)の小栗了、ほかに一般人の姉がいる。妻はモデル・女優の山田優、義弟は俳優の山田親太朗である。
73キロバイト (9,562 語) - 2022年4月17日 (日) 22:05
さらにいろいろありますからね~

1 湛然 ★ :2022/04/23(土) 05:26:28.25 ID:CAP_USER9.net

“次は誰をハメようか”…小栗旬 現場は和気あいあいも「正直結構しんどい」
4/23(土) 5:00 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/50169f303c71860eb8285e1b55c9e5c2e47d62a0
NHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条義時を演じる小栗旬(提供写真)

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



 NHKの大河ドラマ「鎌倉殿の13人」(日曜後8・00)が5月8日放送の第18回で「壇ノ浦の戦い」を迎える。序盤のクライマックスを前に22日、北条義時役で主演する小栗旬(39)がオンラインで会見。「ここを目標にまずは動いていた。今後の展開に期待してほしい」と力を込めた。

 義時は鎌倉幕府2代執権。第18回で平家が滅亡し、物語は源氏の身内争いや鎌倉幕府成立後の権力闘争へと動いていく。

 史実上の義時は、権謀術数を駆使して権力の頂点まで上り詰める“ダークヒーロー”。小栗は「最初の頃のような明るく楽しい北条一家がなくなってきて、“次は誰をハメようか”という選択肢が増えてくる。現場は和気あいあいとしていますが、正直結構しんどい」と胸中を明かした。そんな自身の役柄について「ダークという表現をされることもあるが、むしろシビアな人物。北条家が生き残るために下したチョイスが結果として残忍なんだと思う」と分析した。

 物語の進行とともに、作中での義時の年齢も自身に近づいてくる。「900年前に生きた人間を、現在の自分に投影するのはやはり難しい」と時代劇ならではの苦労もある様子。「それでも俳優が持っている部分は確実に演じる役柄にも現れている。ただ僕は、義時みたいにシビアな決断はできないタイプですけれどね」と、いたずらっぽい笑みを浮かべた。

 いよいよ源氏と平家の最終決戦が迫る。作中では菅田将暉(29)が演じる天才軍略家・源義経の活躍も見どころの一つ。小栗にとっては6度目の共演で「初めて菅田将暉の方が僕より年上の役を演じている。今まで見てきた菅田将暉とは、また違う存在感。本当に底の知れない人」とその芝居を称えた。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)


【【これからさらに?】小栗旬さんの「あのドラマ」への想いに今後を心配する声が出る】の続きを読む




16日放送の「土曜スタジオパーク」に小栗旬さんがVTR出演しました。

ネットでは今放送回の小栗さんへ"ある声"が続々寄せられる事態になっているようです。

【【どうした?】「土スタ」出演の小栗旬さんへ"ある声"が続々寄せられる事態に】の続きを読む


11日に行われた「日本アカデミー賞」に小栗旬さんが月9ドラマ「ミステリと言う勿れ」の主人公・久能整の姿で登場しました。

ネットでは小栗さんを観た視聴者から"ある声"が続出しているようです。

【【注目すべきは…】小栗旬さんがミスなか・久能で登場に"ある声"が続出】の続きを読む

このページのトップヘ