注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

安達祐実




3日に「ザ・トラベルナース」3話が放送されました。

ネットでは3話を観た視聴者から"ある声"が続出する事態になっているようです。

【【マジで?】「ザ・トラベルナース」3話を観た視聴者から"ある声"が続出する事態に】の続きを読む





27日に「ザ・トラベルナース」2話が放送されました。

ネットでは2話を観た視聴者から"ある指摘"が相次ぐ事態になっているようです。

【【気づいた?】「ザ・トラベルナース」2話を観た視聴者から"ある指摘"が相次ぐ事態に】の続きを読む


井戸田 (いとだ じゅん、1972年〈昭和47年〉12月13日 - )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ・スピードワゴンのツッコミ担当。相方は小沢一敬。ハンバーグ師匠名義でピン芸人やYouTuberとしても活動している。 愛知県小牧市出身。愛知県立小牧工業高等学校(現:愛知県立小牧工科高等学…
39キロバイト (4,657 語) - 2022年10月3日 (月) 14:08
たしかに基準が分からなくなりますね~

1 冬月記者 ★ :2022/10/10(月) 01:19:42.14 ID:CAP_USER9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/470461f73977f5897c0345d696909944bb8d5951

井戸田潤、養育費はいつまで払う? 成人年齢引き下げで素朴な疑問「金だいぶ変わりますよ」 


 スピードワゴンの井戸田潤(50)が8日深夜放送のMBSラジオ「オレたちゴチャ・まぜっ!~集まれヤンヤン~」(土曜深夜1・30)に出演。成人年齢の18歳引き下げで浮かんだ疑問について語った。

 成人年齢が18歳に引き下げられたことを知った井戸田。この日、離婚した安達祐実との間に生まれた16歳の娘と学校見学に行ったことに触れ、養育費に関する取り決めについての疑問がうかんだそう。

 「養育費を“成人まで”払うという契約なんですよ。どうしましょうね?(払うのはあと2年でいいのでは)というのが頭をよぎっちゃったんですよ。この2年でだいぶ金変わりますよ」と発言し、スタジオは騒然となる。

 共演したよゐこの有野晋哉はすかさず「潤さん払ってやってください。我々からのお願いです」と反応。井戸田は「もちろん払いますよ」としつつも、養育費への素朴な疑問を口にした。また、トークの最後に法務省の見解が示されると「良くないこと言い出しかけてるな」と反省した様子だった。

【【芸能】スピードワゴン井戸田の「ある発言」に見る、養育費どうなる問題】の続きを読む


貫地谷 しほり(かんじや しほり、(1985年12月12日 - )は、日本の女優。本名、同じ。愛称は、ーちゃん、しほりん、ちゃん。 東京都荒川区出身。大妻女子大学文学部中退。ABP inc.所属。 中学生の時に新宿駅のホームでスカウトされ芸能界入り。伊藤正次演劇研究所(現:Ito M スタジオ)の研究生として演劇の指導を受ける。
57キロバイト (7,726 語) - 2022年6月2日 (木) 04:02
似合う似合わないがありますからね~

1 jinjin ★ :2022/06/20(月) 08:09:30.61 ID:CAP_USER9.net
36歳・貫地谷しほり「制服NG」高校生役は無理 20代前半の役も「ちょっと大変」


俳優の貫地谷しほり(36)が19日、都内で行われた、スターチャンネルEXドラマ『5つの歌詩(うた)』(7月7日配信スタート)の完成披露上映イベントに登場した。

同作は、DREAMS COME TRUEの“歌詩”の世界観を、オリジナルストーリーとして映像化したもので、数ある名曲の中から「何度でも」「マスカラまつげ」「空を読む」「TRUE,BABY TRUE.」の4曲と、ドラマ企画のために書き下ろされた新曲の計5曲の歌詩を独自の解釈で初めて映像化。

貫地谷は、演じる歩実が13年前にお互い好意を抱きながらも別れた元カレのカメラマンの名前を雑誌で見つけるという物語「空を読む」に出演した。


歩実の現在と過去を演じた貫地谷は「去年、さすがにもう、女子高生役は無理だと思って、制服はNGというのを決めた。大人が『コスプレで着ちゃいました』はありですが、回想で高校生を演じるのは無理だと思って」と告白する。

今回は役として13年前の姿も演じることもあり「13年前なので(役としては)22、23歳。これも結構無理があるかなと思って、ちょっと大変でした。メイクさんたちが大変そうでした」と笑わせた。


この日は、貫地谷のほか、高梨臨、新川優愛、吉沢悠、高橋義人(制作プロデューサー)、中村正人(DREAMS COME TRUE)も出席した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/534db2924eb56afed076f8fdb47c59463ec7de57

【【けっこういる?】貫地谷しほりさんの「あるNG」にやっている人が多くいるという事実】の続きを読む


中島 みゆき(なかじま みゆき、本名:中島 美雪(読みは同じ)、1952年2月23日 - )は、日本のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティ。北海道札幌市出身。1975年にシングル『アザミ嬢のララバイ』でデビューした。公式ファンクラブ名は「なみふく」。
128キロバイト (8,118 語) - 2022年2月20日 (日) 23:56


どう感じるかは人それぞれですからね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/02/23(水) 17:24:13.86 ID:CAP_USER9.net

2月23日は中島みゆきの誕生日

近藤 正高 6時間前

 きょう2月23日は、シンガーソングライターの中島みゆきの誕生日である。年齢をほとんど感じさせない人だけに、今年で70歳を迎えたということに驚かされる。

 彼女の代表曲のひとつに「空と君のあいだに」がある。いまから28年前、1994年に放送されたドラマ『家なき子』の主題歌としてつくられ、大ヒットしたナンバーだ。この曲ができるまでにはこんなエピソードが残っている。







「自作の解説」が嫌いな理由は…

 中島が主題歌の依頼をテレビ局から受けたとき、決まっていたのは、当時子役だった安達祐実が主演で、彼女が犬を連れているということぐらいだった。曲を書くとなると拠り所は犬以外なく、そこで「犬は最終回まで必ず出ますよね?」と局側に確認した上で、犬の立場で書くことにしたという。

 犬の目線からすれば空は高い。ここから「空と君とのあいだには 今日も冷たい雨が降る」という、あの印象深いフレーズが生まれたのだった。もっとも、中島に言わせると《犬はもちろん取っ掛かりであって、実際に書く時は人間の立場じゃなきゃ無理ですから、(引用者注:歌詞に出てくる)僕=犬ではないんですけどね》とのことだが(※1)。

 これはいままでに何度か本人がインタビューや対談で語っており、ファンのあいだではわりと有名な話かと思う。ただし、中島みゆきは自分の作品を解説することがあまりないだけに、こうしたケースは珍しい。かつて中島は著書で、自作を解説するのは嫌いだと書き、その理由を次のように彼女ならではのたとえ方で説明していた。

https://bunshun.jp/articles/-/52264

次のページシリアスな歌とは対照的なキャラクターで人気に
https://bunshun.jp/articles/-/52264?page=2

※1 『クレア』1994年12月号
※2 中島みゆき『愛が好きですⅡ』(新潮文庫、1993年)
※3 北中正和「中島みゆきの聞こえない音楽」(谷川俊太郎ほか『中島みゆき ミラクル・アイランド』創樹社、1983年所収)
※4 『週刊文春』1996年6月27日号
※5 瀬尾一三『音楽と契約した男 瀬尾一三』(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス出版部、2020年)
※6 『婦人公論』2000年1月7日号
※7 『週刊朝日』2003年11月28日号


関連
【音楽】「中島みゆき」さんのシングル人気ランキングNo.1が決定! 3位は「誕生」<2022年最新投票結果> ★2 [湛然★]
https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1645329300/


【【必要?】 中島みゆきさんが「あること」をしない理由に同情の声が出る】の続きを読む

このページのトップヘ