注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

太田光


池田 エライザ(いけだ - 、IKEDA Elaiza、本名および旧芸名:池田 依來沙(読み同じ)。1996年(平成8年)4月16日 - )は、日本の女優・歌手・ファッションモデル・映画監督・タレント。フィリピン生まれ、福岡県福岡市出身。エヴァーグリーン・エンタテイメント所属。第13回ニコラモデル…
73キロバイト (9,620 語) - 2022年11月4日 (金) 07:56
珍しい方かもしれませんね~

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/11/01(火) 08:11:52.03 ID:VqJ60Epr9.net
11/1(火) 7:00配信
J-CASTニュース

 俳優の池田エライザさんが、2022年10月30日放送の「おしゃれクリップ」(日本テレビ系)に出演。内向的な一面を明かし、反響を呼んでいる。

■「約束する友達もいなかった」

 同番組は、俳優の山崎育三郎さんと井桁弘恵さんがMCを担当。「私の中の、もうひとりのワタシ」をテーマに、ゲストは普段のイメージとは異なった姿で登場し、知られざる個性や人生観に迫るトーク番組だ。

 山﨑さんと井桁さんが、池田さんをイメージした華やかな衣装を身にまとう一方で、オフホワイト色のスウェットという「家着」姿で登場した池田さん。山﨑さんから華やかでミステリアスな印象があると言われると、「全然です。猫ハーッ、鳥ハーッって感じです」とペットとの暮らしを楽しんでいると明かす。

 そんな池田さんが2020年12月17日号の「週刊文春」で、「私ほど世の中のイメージと実際の自分にギャップのある人間はいないんじゃないかな」と、自身の名前に抱かれる印象とのギャップを説明していたことを紹介。番組の打ち合わせでも、「内向的です。夏休みも人と遊んだことがない。約束する友達もいなかった」「今も3日休みがあっても、絶対家から出ない」と、引っ込み思案な性格であることを明かす。

ネット「チャーミングで素敵」「めちゃくちゃ好感持てる」
 小学生の頃は、「本が好きだったので図書委員でした」「みんな昼休みドッジボールとかするじゃないですか。それに絶対参加したくなくて」と活発ではなかったとも。本好きな池田さんは、「本があれば楽しかった。本を開けばファンタジーにいけるし、本を開けば宇宙に行けるしっていう感覚がすごい楽しかったんだと思います」とし、同じく本好きな父親に連れられて中古品販売の「BOOKOFF」で格安コーナーにある1冊70円の本を買ってもらっていたそう。当時は作家・赤川次郎にハマっていたようで、現在も200冊ほど自宅にあると話した。

 こうした池田さんの一面に対し、視聴者からはインターネット上で

「エライザちゃんはアクティブなイメージがありましたけど、引っ込み思案と思いませんでした。良い意味でギャップがありますね」
  「エライザちゃんの人間くささというか、自分のことを理解してお話してる姿が本当に大好き」
  「エライザちゃん、おっとりしてて人間性飾らへんくてちょっと根暗な感じ、めちゃくちゃ好感持てるな...」
  「チャーミングで素敵な方だな... 世間とのギャップもいい意味であって惹かれる」

などと反響があがっている。


(出典 www.j-cast.com)

https://news.yahoo.co.jp/articles/7f5d3257767de85792e42020d855367512232116

【【本当?】池田エライザさんの「ある告白」に懐疑的な見方をする人が出る事態に】の続きを読む


2日に「サンデージャポン」が放送されました。

ネットでは太田光さんが統一教会を語る今放送回を観た視聴者から"ある声"が続出しているようです。

【【その通り?】「サンジャポ」統一教会を語る太田光さんを観た視聴者から"ある声"が続出】の続きを読む


M-1グランプリ』(エムワングランプリ)は、吉本興業と朝日放送テレビ(ABCテレビ)が主催する日本一の若手漫才師を決める大会である。通称『M-1』。2001年から始まり2010年に一度終了したが、2015年に復活し、以降毎年12月に開催されている。決勝戦の模様は朝日放送テレビ(ABCテレビ)の制作
354キロバイト (31,583 語) - 2022年9月8日 (木) 23:15
一度は見てみたいですね~

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/09/10(土) 22:15:27.14 ID:CAP_USER9.net
9/10(土) 22:10配信
オリコン

 お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志がキャプテン、中居正広、ナインティナイン(岡村隆史、矢部浩之)がサポーターを務める、フジテレビ系大型特番『FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~』の第1夜が、10日に放送された。昨年、松本との共演が話題となった爆笑問題は今年も登場し、漫才のつかみで、太田光が「松ちゃん見てる?また来ちゃった」と笑顔で呼びかけた。

 太田のボケは止まらず「あしたは『ワイドナショー』ないの?じゃあ『サンデー・ジャポン』見てください」とニヤリ。その後も時事ネタをたたみかけるように披露していった。ネタ後のトークでは、太田が暴走し「共演NGって言いながら、毎年来るってどういうこと」と笑いながら呼びかけた。

 松本から「声ガラガラ」と指摘されると「漫才練習しすぎた」と照れ笑い。空気階段・水川かたまりから「伝説の一日のダウンタウンさんの漫才をご覧になったと聞きました」と向けられた太田は「見ましたよ。あんなの見逃せないよ。ダウンタウンが久々に漫才やるって、それは興味ありますよ。FANYの会員になって、見ましたよ」と明かした。

 松本が「太田に聞きたいことある。M-1の審査員やらへんの?」と公開オファーする一幕も。太田は「審査員なんてできない。絶対我慢できない。今みたいにボケちゃって。1点とか入れちゃうから」と恐縮していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8d6c8ab4a3ba143eb4b60001e45d1bc3743b4cc6

【【期待?】松本人志さんの「ある人物」へのオファーに期待と諦めが交じることに】の続きを読む


爆笑問題(ばくしょうもんだい)は、タイタンに所属する太田光と田中裕二からなる日本のお笑いコンビ、司会者。略称は爆問、爆笑(さん)など。 太田 光(おおた ひかり、1965年5月13日 - )(57歳) ボケ・ネタ作り担当、立ち位置は向かって右。 埼玉県ふじみ野市出身。 田中 裕二(たなか ゆうじ、1965年1月10日
93キロバイト (13,876 語) - 2022年9月8日 (木) 22:53
がっつりネタ見るのも久しいですね~

1 湛然 ★ :2022/09/09(金) 05:24:02.99 ID:CAP_USER9.net
爆笑問題 週2で新作コント配信! 9日公式YouTube開設 太田「際どいことやる意識ない」
9/9(金) 5:00 スポニチアネックス
https://news.yahoo.co.jp/articles/22f37b631489866575eb4b5e1d20075ef5e9684f
公式YouTubeチャンネルでコントを披露する爆笑問題の太田光(左から2人目)と田中裕二(左端)

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



 お笑いコンビ「爆笑問題」が9日に公式YouTubeを開設する。週2回新作コントを配信する予定。テレビのレギュラー番組を多数抱える太田光(57)と田中裕二(57)にとって毎月8本というハイペースの新ネタ披露。ツイッターやインスタグラムなどSNSをやってこなかった2人が、新たな活動の場に挑んでいく。

 太田は取材に「コントを地上波でやりたいなあと思っていたけれど、なかなかそんな機会もない。YouTubeならテレビと遜色なくできるのかなと思った。僕が社長(所属事務所社長で妻の太田光代さん)に頼み込みました」と語った。

 9日に開設する爆笑問題公式YouTubeチャンネルは毎週火曜と金曜の週2回更新。新作コントを初回は4本、その後は1本ずつ配信する予定だ。

 チャンネル名は「テレビの話」。人気放送作家の鈴木おさむ氏(50)が監修を務め、設定はワイドショーの現場。太田がうだつの上がらない制作会社ディレクター、田中が制作会社に「(視聴率の)数字が悪い」と文句を言いに来るテレビ局プロデューサーを演じる。

 テレビで多数のレギュラーを抱える人気コンビが今後月8本もの新作コントを披露するのは異例。かなりのハードワークが予想されるが、太田は「新作だけれど、世間話に近いし(ネタ作りは)ウチの放送作家もいるし、鈴木おさむさんもいる」とチームで臨む意欲を語る。田中は「水面下で動いていることを知らなくて、いきなり“リハです”って言われた」と笑わせたが「YouTubeは子供たちが好き。僕も巨大生物ものをよく見ている」と親しみある“舞台”に前のめりだ。

 込めるのは時事漫才のトップランナーらしさ。太田は「コロナだったり、旧統一教会とか、世の中で起きていることを反映しながらアドリブを挟んだりする。ほぼ漫才に近くできるようにあえて設定をワイドショーにした」と説明。「俺なんか毎週(発言が)炎上しているけれど“それはどうなの?”って視点もあったら面白いんじゃないかな」。時事問題をテーマに、YouTubeだからできるものを探りながら世の中に斬り込む視点も楽しめる構成とする。

 太田自身は羽目を外しがちなキャラだが、利用規約に違反してアカウント停止となる「バン」になるほどの「際どいことをやる意識はない」という。「YouTubeのルールに歯向かっていこうとは一切思っていません」と内容で勝負を挑む。結成34年で踏み出す一歩。2人は「肩の力を抜いて見てください」とアピールした。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【どこまでいく?】爆笑問題「あるもの」を始めたことに期待が多く寄せられることに】の続きを読む


10日に「選挙の日2022」が放送されました。

ネットでは今放送回出演の太田光さんへ"ある指摘"が続出しているようです。

【【違和感?】「選挙の日2022」出演の太田光さんへ"ある指摘"が続出】の続きを読む

このページのトップヘ