注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

令和ロマン


この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(Microsoftコードページ932(はしご高))が含まれています(詳細)。 令和ロマン(れいわロマン)は、吉本興業東京本社に所属する日本のお笑いコンビ。旧コンビ名は「魔人無骨(まじんぶこつ)」。M-1グランプリ2023王者。 髙比良 くるま(たかひら…
51キロバイト (5,997 語) - 2024年5月11日 (土) 12:09

(出典 fendernews.jp)


連覇狙ってますからね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/05/13(月) 18:46:04.33 ID:1B8SeAYy9.net
2024.05.13
 昨年のM-1王者の令和ロマンが11日、フジテレビ系「さんまのお笑い向上委員会」に出演。テレビ出演を断っている理由を説明した。
 この日は昨年のM-1で上位3組となった令和ロマン、ヤーレンズ、さや香の3組が登場。4月から東京に本格進出するさや香が、令和ロマンへ「テレビ断ってるとか。どんどん断ってほしい。おこぼれが回ってくるので」と訴え。ヤーレンズも実際に「(おこぼれが)回ってきます」と証言だ。
 そもそもなぜテレビの仕事を断っているのか?令和ロマンの高比良くるまは「断ってない」と言うも、明石家さんまが「クイズとか断ってるのか?」と聞くと、陣内智則も「いけるやん、慶応で」と慶大卒の肩書でクイズ番組のオファーは来るのでは?と指摘だ。
 だがくるまは「慶応である程度はいけるじゃないですか。でも本当にクイズやってる方には勝てませんよ、で終わりじゃないですか。そんなの、何が起きるか分かるから、それでお金もらって帰っても何も嬉しくない」と、クイズ番組に出ない理由を説明。向上委員会には出演しているのは「こういう、何か起きるのが好きなんです。芸人さんしかいないのが好き」とも説明していた。

https://www.daily.co.jp/gossip/2024/05/13/0017647833.shtml

【【本職が?】令和ロマンの「あるこだわり」に賛否が分かれる事態に】の続きを読む


令和ロマン (比良くるまからのリダイレクト)
icrosoftコードページ932(はしご))が含まれています(詳細)。 令和ロマン(れいわロマン)は、吉本興業東京本社に所属する日本のお笑いコンビ。旧コンビ名は「魔人無骨(じんぶこつ)」。M-1グランプリ2023王者。 髙比良 くるま(たかひら くるま、1994年〈平成6年〉9月3日 - )(29歳)…
46キロバイト (5,367 語) - 2024年2月15日 (木) 06:31

(出典 hannibal.jp)


他にもいそうですね~

1 湛然 ★ :2024/02/11(日) 05:54:53.20 ID:WMAUQ63s9.net
令和ロマン・高比良くるま 似ていると話題のタレントに「ついに会えた」と報告に「やっぱりそっくり」の声
[ 2024年2月10日 20:42 ] スポニチ
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/10/kiji/20240210s00041000531000c.html
令和ロマンの高比良くるま公式X(@kuruma_takahira)から
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2024/02/10/jpeg/20240210s00041000529000p_view.webp


 昨年のM-1グランプリ王者、お笑いコンビ「令和ロマン」の高比良くるま(29)が10日、自身のX(旧ツイッター)を更新し、似ていると言われているタレントに初めて会えたと報告した。

 その芸能人とはタレントの藤井隆で、高比良は「ついに会えた!!」と2ショット写真とともに喜びの投稿をした。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【他にいる?】令和ロマン・高比良くるまの「ある話題」に賛否が分かれることに】の続きを読む


哲夫(てつお、本名:中西 哲夫(なかにし てつお)、1974年(昭和49年)12月25日 - )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビ「笑い飯」のボケ・ツッコミ担当、立ち位置は右。相方は西田幸治。NSC大阪校18期と同期扱い。相愛大学人文学部客員教授。 奈良県桜井市出身。吉本興業所属。…
22キロバイト (2,987 語) - 2023年12月26日 (火) 16:43
tetsuo_750_365
(出典 linkwith-sdgs.com)


広まるといいですね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/01/05(金) 11:12:09.29 ID:GyVuAeBy9.net
笑い飯哲夫「金持ちしか賢くならへんやん」、10年続く「格安塾経営」を公言の訳
子どもたち全体を底上げするために投資が必要

『M-1グランプリ』の王者として知られる人気芸人の笑い飯・哲夫さん。NHK大河ドラマ『どうする家康』では、並外れた知力を持つ儒学者・林羅山を演じるなど活躍の幅を広げている。
そんな哲夫さんは小・中学生向けの教育にも力を注ぎ、2014年からは大阪市淀川区で補習塾「寺子屋こやや」を運営してきた。しかし、それを公の場で語り出したのはつい最近のことだ。
なぜ今、明らかにしようと考えたのか。そこには、子どもたちや社会に対する強い思いがあった。





2024/01/05
東洋経済education × ICT編集部





子どもたち全体を底上げするために投資が必要

哲夫さんが小・中学生向け補習塾「寺子屋こやや」を開いたのは、所属する吉本興業の社員から「塾の費用が月6万~7万円かかる」と聞いたのがきっかけだった。

「高すぎると思いました。金持ちしか賢くならへんやんけと。一部の人間だけが賢くなる『置いてきぼり教育』は嫌やなと思ったんです」

「月6万~7万円」は高額な部類だが、塾にかかる費用は決して安くない。文部科学省の調査※1によれば、2021年度の1年間で公立小学校に通う小学生の「補助学習費」(自宅学習や学習塾・家庭教師などの経費)の平均額は12.0万円、
公立中学校に通う中学生は30.3万円。1カ月あたりではそれぞれ1万円、2万5250円だ。塾に通いたくても、経済的な事情で通えない子どもがいるのは事実だろう。

※1 文部科学省「令和3年度子どもの学習費調査」(2022年12月21日公表)


笑い飯 哲夫(わらいめし・てつお)
1974年奈良県生まれ。関西学院大学文学部哲学科卒業。2000年に西田幸治とお笑いコンビ「笑い飯」を結成。2010年『M-1グランプリ』優勝。
相愛大学人文学部客員教授。2014年より低料金の小・中学生向け補習塾「寺子屋こやや」を運営。2023年12月に最新著『がんばらない教育』(扶桑社)を上梓


家計の負担をなるべく抑えたい、と哲夫さんが設定した金額は、週3回で1万5000円程度。大阪市の塾代助成※2を利用すれば、月5000円になる計算だ。

※2 「大阪市習い事・塾代助成事業」のこと。大阪市では、学校外教育にかかる費用を月額1万円まで助成。大阪市内に住む小学5年生から中学3年生を養育する人が対象で、一定の所得制限が設けられている。

哲夫さんがそうまでして子どもたちに賢くなってほしい理由は、「これからの地球を任せるから」だ。

「夏がくそ暑いのが嫌で。子どもたちもクーラーがないと勉強できないとか、体育や部活動で倒れるとか、かわいそうじゃないですか……。
元の地球に戻してくれよ、と思ってるんです。そのためには、とんでもない科学者や技術者に出てきてもらわないと。
子どもたち全体を底上げして誰もが天才になれる雰囲気を作れば、その中からとんでもない奴がボンと出てくるかもしれない。僕らはそんな社会に投資せなあかんと思うんです」





「人生半分くらい来てるから」、補習塾経営を打ち明けた
https://toyokeizai.net/articles/-/723683

【【すごい?】 笑い飯・哲夫の「ある取り組み」に称賛の声が寄せられることに】の続きを読む


令和ロマン(れいわロマン)は、吉本興業東京本社に所属する日本のお笑いコンビ。旧コンビ名は「魔人無骨(まじんぶこつ)」。 髙比良 くるま(たかひら くるま、1994年9月3日 - )(28歳) ボケ担当、立ち位置は向かって左。 本名、髙比良 直樹(たかひら なおき)。 身長173 cm、体重65 kg。血液型O型。…
36キロバイト (4,158 語) - 2023年2月20日 (月) 03:27
悪い爪あとの残し方かもですね~

1 muffin ★ :2023/02/14(火) 17:44:16.34 ID:z4lu/D3t9.net
https://www.j-cast.com/2023/02/14455981.html
2023年02月14日15時00分

「令和ロマン」の高比良くるまさん(28)が2023年2月14日に放送された朝の情報番組「ラヴィット!」(TBS系)に出演した際、俳優・広瀬すずさん(24)の過去の言動を思わせるイジリをしたとして、一部視聴者がインターネット上で反応した。

高比良さんは相方の松井ケムリさん(29)と共に漫才を披露したあと、出演者らとトークを展開。松井さんの実家が裕福だという話が一段落した際に話を振られた。

番組司会を務める「麒麟」の川島明さん(44)から「くるまさんは?」と聞かれた高比良さんは「いや、すごいです。こんなにたくさんの人が働いてるとこ連れてきてもらって」と出演を喜ぶと、「だってもう音声さんとか......。え? 何でこの仕事就こうと思ったんですか?」と、スタジオにいるスタッフに問いかけた。

これに対しては、松井さんが「食わず嫌い王の広瀬すず?」とツッコんだほか、川島さんは「小さく炎上した」と笑いながら指摘したが、高比良さんはなおも「どうしていろんな仕事があって、照明さんとか音声とかなろうと思ったんですか?」とボケをかまし続けた。

「ラヴィットでの令和ロマン『音声さんとか...どうしてこの仕事につこうと思ったんですか??』絶対にやっちゃいけないモノマネやっちゃった」
「『音声さんとかどうしてこの仕事就こうと思ったんですか?』をぶっ込んでくるの爆笑してしまった」
「広瀬すずの音声スタッフネタを風化させない」

広瀬さんをめぐってはかつて照明や音声スタッフについて発言した内容が注目されたことがある。2015年6月18日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系=放送終了)の「食わず嫌い王決定戦」に出演した際のことだ。

この時、広瀬さんは番組MCの石橋貴明さんからテレビ局で働いているスタッフに対する感想を聞かれた際、「どうして生まれてから大人になった時に照明さんになろうと思ったんだろう?」と、純粋な疑問として回答。さらに、音声スタッフについては、「大人になって年齢を重ねると共に、本当に声を録るだけでいいの?」と述べた。

これらのシーンに対して視聴者からスタッフを軽視しているのではないかといった疑問が上がり、翌19日、広瀬さんは「いつもお世話になっているスタッフの方々に誤解を与えるような発言をしてしまい申し訳ありませんでした」とツイッターで謝罪した。

【【ドラマやってるのに?】令和ロマンの「ある人」へのイジりに騒然となる事態に】の続きを読む

このページのトップヘ