注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

トラブル


もう中学生もうちゅうがくせい、1983年2月14日 - )は、吉本興業東京本社に所属しているピン芸人。長野県長野市出身。身長181cm、体重70kg。血液型はO型。本名は丸田 典幸(まるた のりゆき)。略称はもう中。NSC東京校7期出身。 長野県長野市出身、長野県更級農業高等学校卒業。
25キロバイト (3,409 語) - 2022年1月13日 (木) 12:10


製造業だと、よくある構図ですよね~

1 Egg ★ :2022/01/14(金) 05:48:49.55 ID:CAP_USER9.net

お笑い芸人の『もう中学生』が、後輩芸人の『ツクロークン』とトラブルになっていることを、1月13日発売の週刊文春が報じた。

2人は共に吉本興業所属で、ツクロークンが6年後輩にあたる。

もう中学生といえば、ダンボールなどの小道具を用いて、独特なしゃべり方でシュールなネタをするのが人気だ。‘21年ブレーク芸人ランキング(オリコン)で首位に輝いたほど去年は飛躍の年だった。

「“もう中”さんはいつもニコニコしていて、憎めないキャラです。“タメになったね~”という決めセリフが特徴です。嫌われる要素はないですし、ましてや敵視されるようなことなど一番無縁だと思っていたので驚きですね」(テレビ局関係者)

もう中学生のトラブルとは、記事によれば最大の武器ともいえる小道具の多くが、ツクロークンに金銭を支払い制作依頼しているもの。ツクロークンが事あるごとに“自分が作っていることを公表して欲しい”と懇願しても頑なに拒否し続けてきたというのだ。

もう中学生はツクロークンに対し、

「いつか割に合うお仕事を引っ張ってくるから」

と言い、5000円~数万円程度の格安料金で製作を依頼し続けていたという。ツクロークンの強い抗議の末、一度だけツイッターで“ツクロークン製作の跳び箱”というものを紹介したそうだが、それきりだったという。

しかしなぜツクロークンを“ゴースト”として隠し続けてきたのだろうか。

「有名な漫才師でも“座付き作家”が漫才を書いたりネタを書いたりすることはよくあります。まわりの専門家が製作したものであっても、それを芸人が面白く演じるから笑いが生まれるというものなので、恥ずべきことではない。

もう中学生さんの意外な一面が垣間見えましたね。天真爛漫で純朴なイメージがちょっと変わってしまったと感じる人もいるのでは…」(放送作家)

吉本は文春に対して一部外注していること認めつつも、ほぼ本人が製作していると回答しており、意見は食い違っているようだ。

この件に対して両者SNSなどでは何も言及していないが、報道後もう中学生はツイッターに

《有吉さんの壁、ありがとうございました。たくさんのお笑い観ていただき、みなさま、クリーミーな水曜日になりますようにです!!》

と投稿。騒動をスルーしているが、ここは「中学生」ではなく、大人の対応が求められるところだろう。

FRIDAY 1/13(木) 17:02
https://news.yahoo.co.jp/articles/709bbcc4c3d5d98d11fea7ab92fd246ae4aa0f34

写真

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)
?pri=l&w=479&h=640&exp=10800


【もう中「メーカーが下請けに発注したのと同じだねぇ~」←中身大人じゃんwww】の続きを読む




15日に共通テスト(1日目)が行われている東京大学で受験生2人、70代男性が17歳の少年に刃物で切り付けられる事件が発生しました。

トラブルがあったと報じられていますが、ネットでは"ある指摘"が続出する事態になっているようです。

【【そもそも】トラブルで受験生2人が刺される東大事件に"ある指摘"が続出する事態に】の続きを読む


わたなべ 麻衣わたなべ まい、1989年9月23日 - )は、日本のモデル、タレント、女優。旧芸名は渡部 麻衣(読み方同じ)。結婚後の本名はグリーンウッド麻衣。広島県広島市佐伯区出身。REVIVE所属。夫はタレントのJOY。 2011年に上京し、サロンモデル活動を経て、雑誌『ar』の読者モデル・ar
7キロバイト (824 語) - 2021年12月25日 (土) 22:09


これは気を付けないとですね~

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/07(金) 11:56:09.43 ID:CAP_USER9.net

1/7(金) 11:50配信
スポーツ報知

 タレント・JOYの妻でモデルのわたなべ麻衣が7日までに自身のインスタグラムを更新。出張買い取り業者の信じられない対応を明かした。

 わたなべはこの日、「いらなくなった家電とか家具とかたくさん出たので 自分で持っていくのも量があるしと思ってとある出張買取業者に頼んだんだけどマジで信じられないくらい最低すぎ!!!!!!!」と書き始めた。

 具体的な業者の態度として、「買取に来た本人の身分証明書も見せてくれないし 査定もしっかりせず商品にも触れずチャッとチラ見だけして携帯で写真撮って本部に送るだけだし(箱の中身の状態とかも確認せんのよ?!やばくない?!)」と、業者はわたなべが箱にまとめた荷物の中身すらチェックしなかったという。そして、「結局『値段がつくものもありますがここにある物全部持っていって欲しいならトントンになりますね(0円)』だって!」と現物を確認することもなく0円で引き取ると言ったという。

 さらに、「売る予定のない玄関のスニーカー見て『うわースニーカー沢山ありますね!この中で売る予定のものないんですか?』とか『奥様アクセサリーとか普段付けないんですか?年末はブランドのアクセサリー買わなかったんですか?ブランドのアクセサリーとかは高く売れますよー!』とか」と全然関係ないことまで聞いてきたといい、「なんなん!マジで!」と憤った。

 実は、出張買い取り業者で「不用品を買い取ると言ったのに貴金属を買い取られた」というトラブルは多発している。わたなべのように、当初予定していた見積もりの物品以外に別の物品を求めることは禁止されている。また業者は、契約の申込みを受けた段階で物品や種類の特徴、購入価格等を明らかにした書面を交付しなければならない。15、16年には8000以上の相談が寄せられるなど社会問題化し、国民生活センターは警戒を呼びかけている。特に60歳以上の高齢者が被害にあう割合が全体の約7割、うち女性が8割近くを占める。中には終活でまとまった不用品を処分する際にトラブルに遭うケースもみられるため注意が必要だ。

 “インスタの女神”と呼ばれるわたなべは、JOYと19年6月に結婚。昨年10月に第1子となる女児が誕生した。


(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)

https://news.yahoo.co.jp/articles/ef74aa93a9de96f690efac1f51429418037b490f


【【気を付けよう】わたなべ麻衣さん「ある業者」に狙われてしまうという衝撃】の続きを読む

このページのトップヘ