注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

セクシー田中さん


ヤマザキ マリ(1967年4月20日 - )は、日本の漫画家、随筆家、画家。東京造形大学客員教授。日本女子大学特別招聘教授。海外暮らしが長く、現在はイタリア在住。スマイルカンパニー所属。既婚。 1967年(昭和42年)、東京都に生まれる。母親(神奈川県・鵠沼出身)がヴィオラ奏者として札幌交響楽団に…
45キロバイト (5,681 語) - 2024年4月26日 (金) 00:48

(出典 precious.ismcdn.jp)


根深いかもですね~

1 朝一から閉店までφ ★ :2024/04/17(水) 18:43:17.02 ID:Q9su+dHr9.net
地球の住民(ヤマザキマリ) 2024年04月17日

ヤマザキマリ『テルマエ・ロマエ』映像化で出版社と家族の板挟みとなり病院に運ばれて。「出版社が自分の漫画で何を企もうと仕方がない」風潮は今変わりつつある

連載・地球の住民
ヤマザキマリ 漫画家・文筆家・画家





42歳で描いた『テルマエ・ロマエ』が刊行されたとたん「人生が一変した」というマリさん。映像化を巡っては出版社と家族の意見の板挟みとなり、病院に運ばれる事態になったそうで――。(文・写真=ヤマザキマリ)
https://fujinkoron.jp/articles/-/11429





『テルマエ・ロマエ』刊行で人生が一変して

私が漫画の道を選んだのは、自分の専門だった油絵では生活できなかったからだ。イタリアでの暮らしが11年目になるころ、結婚もしていないのに子供が生まれ、いよいよ社会と接点のある仕事をしなければ、という決意と模索の結論が「漫画」だった。

それを人に言うと、「その選択おかしいでしょ」と笑われる。

まったくその通りなのだが、芸術性を重視する欧州の漫画“バンド・デシネ”と違い、経済生産性の高い日本の漫画は、自由や自分のペースが許されるような仕事ではないという知識だけは持っていた。だから漫画家という職種は、私としては立派な社会的仕事という認識だったのである。

28歳で初めて漫画を描き、生活費程度の原稿料が細々入ってくるくらいのやりくりができていたところまでは良かった。しかし、42歳で描いた『テルマエ・ロマエ』が刊行されたとたん、私の人生は一変した。

口コミで話題が広がり、版が重ねられ、数ヵ月後にはふたつの賞を受賞、それと同時に実写化の計画が進められた。私は当時ポルトガルで暮らしていたのだが、日本で起きていることへの実感も自覚も得られないまま、エンタメという巨大産業の引力に吸い込まれていった。

https://fujinkoron.jp/articles/-/11429?page=2
次のページへ

【【このときから?】ヤマザキマリさん「あの映画」の話に例の件と重ねることに】の続きを読む


生見 愛瑠(ぬくみ める、2002年〈平成14年〉3月6日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、女優。愛知県稲沢市出身。東京都在住。「エイベックス・アーティストアカデミー」の名古屋校出身。 エイベックス・マネジメント所属。通称ならびに愛称はめるるで、バラエティ番組に出演する際にはこちらの名義を用いるケースが多い。…
51キロバイト (7,055 語) - 2024年1月16日 (火) 11:55

(出典 cdn.fineboys-online.jp)


気にはなりますけどね~

1 冬月記者 ★ :2024/01/30(火) 09:16:09.14 ID:Ky1kv8z79.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/c496b6765d05fc1c7c3c20677f3d66c64fa8f696


(出典 i.imgur.com)


晴れ着姿の『めるる』はまさに太陽!ファンも「めっちゃ可愛い似合ってる」「天使が舞い降りてきたみたい」と大絶賛の声!

 モデルでタレントのめるること生見愛瑠が自身のインスタグラムを更新。晴れ着姿での撮影会の一枚を公開している。

 めるるは「事務所の晴れ着撮影会でしたっ」「4年ぶりみたいです、」「あっという間だなと」というコメントとともに、写真を投稿している。

 この日のめるるは、白に花柄が入った着物姿で登場。日本人女性の美しさが溢れ出した一枚で、本当に綺麗で、言葉ではもう表しきれないほどである。

 早速ファンからは、「可愛すぎ~反則」「もういちばんかわいい大好き」「着物もなるめるる!」「めっちゃ可愛い似合ってる」「天使が舞い降りてきたみたい」などと絶賛する声が続々と投稿されている。

 そんなめるるは、テレビや映画などさまざまな分野で飛躍の一年を過ごした。さらに2024年はテレビドラマの主役級を務めるのではないか、と更なる活躍が噂されており、今後の彼女の活躍から目が離せない! 

【【時期的に?】生見愛瑠(めるる)さんの「ある姿」に例の件が気になることに】の続きを読む


生見 愛瑠(ぬくみ める、2002年〈平成14年〉3月6日 - )は、日本のファッションモデル、タレント、女優。愛知県稲沢市出身。東京都在住。「エイベックス・アーティストアカデミー」の名古屋校出身。 エイベックス・マネジメント所属。通称ならびに愛称はめるるで、バラエティ番組に出演する際にはこちらの名義を用いるケースが多い。…
48キロバイト (6,709 語) - 2023年11月28日 (火) 08:44

(出典 www.joqr.co.jp)


仕事の幅が広がっていますね~

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2023/12/03(日) 15:15:32.52 ID:YIoiyHF19.net
2023.12.03

2枚の写真を投稿

 俳優の生見愛瑠が卓上カレンダーのオフショットを3日、自身のインスタグラムで披露した。

「おはよ~、カレンダーオフショット」とし、2枚の写真を投稿。もこもこのトップスにミニ丈スカートで、スツールの上に四つんばいしている姿を見せた。

 この投稿には「可愛いしスタイル抜群すぎ」「なんてセクシーなショット」「理想の太もも」「可愛すぎる!」「天使の姿勢スタイル」「珍しい格好がいい」という声が寄せられた。

https://encount.press/archives/551087/

(出典 encount.press)

【【上手くいってる?】生見愛瑠(めるる)さんの「ある姿」に高評価が続出することに】の続きを読む


未唯mie(みい、本名:根本 美鶴代(ねもと みつよ)、1958年(昭和33年)3月9日 - )は、日本の歌手、女優、タレント。静岡県静岡市葵区出身。血液型はA型。 1976年、ピンク・レディーのメンバーのひとり、ミーとしてメジャーデビューを果たした。ピンク・レディーが解散した後、しばらくは「MI…
35キロバイト (2,269 語) - 2023年11月24日 (金) 04:58

(出典 www.kobe-np.co.jp)


保ってますね~

1 冬月記者 ★ :2023/11/16(木) 08:46:59.00 ID:DejA2Vb99.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/26856fa41b0513e3414228087564214cbef4637b


(出典 i.imgur.com)


65歳になった「ピンク・レディー」未唯mie、現在の姿に衝撃「とってもきれい」「メロメロです」

 一世を風靡(ふうび)した女性デュオ「ピンク・レディー」の未唯mie(64)が15日までに自身のインスタグラムを更新し、最新ショットを公開した。

 「日本テレビ 日曜ドラマ 毎週日曜よる 10時30分放送!第5話、第6話(11/19、26 放送)に未唯mieがゲスト出演決定!!『セクシー田中さん』第5話、第6話に有名ベリーダンサー・愛子先生役でゲスト出演致します」とドラマ出演を報告。

 「還暦を超えてなお現役で、 多くの人を魅了するベリーダンスを披露する伝説の人物」を演じると明かし、ノースリーブで濃いめのメイクをした姿をアップ。ドラマの公式アカウントでは妖艶なダンサー姿も紹介された。

 ファンからは「とってもきれい!」「キュンキュンメロメロです」「スッゴクすてきです!!」「セクシー」「雰囲気変わりますね」「憧れます」などの声が上がっている。

 今年3月には「3月9日生まれの私65歳と3月2日生まれの弟の還暦祝いandお誕生日 弟のお店で祝って頂きました」と弟との2ショットを掲載し、「本当に奇跡すぎる65歳」など反響を呼んだ。

【【変わらず?】未唯mieさんの「あるドラマ」出演に今でもいけると話題に】の続きを読む

このページのトップヘ