注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

注目トピックスchについて


ゆうじ)。栃木県上都賀郡清洲村→粟野町(現在の鹿沼市)出身。 株式会社 ガッツ・エンタープライズ代表取締役社長であり、ガッツ・エンタープライズ所属。タレントの鈴木佑季は長女。 ガッツ石松はヨネクラボクシングジム所属で、アジア人で初のWBC世界ライト級チャンピオンだった。当時はWBCとWBAの2団体しか
49キロバイト (6,679 語) - 2022年7月18日 (月) 07:40
この話出ると、いつも議論になりますようね~

1 湛然 ★ :2022/08/25(木) 06:09:15.48 ID:CAP_USER9.net
ガッツ石松“ガッツポーズ”定着に本音「特許取っておけばよかった(笑)」
8/24(水) 19:20 オリコン
https://news.yahoo.co.jp/articles/25946f8df9cd4b2b1d5ed353646643038054d202
“ガッツポーズ”に本音を語ったガッツ石松 (C)ORICON NewS inc.

(出典 newsatcl-pctr.c.yimg.jp)



 元プロボクサーでタレントのガッツ石松が24日、都内で行われたドキュメンタリー映画『AKAI』(9月9日公開)の完成披露舞台あいさつに来場した。観客として招待されたものの、イベント終盤に赤井英和から招かれる形で壇上に上がると、おなじみ“ガッツポーズ”でフォトセッションに参加した。

 今では全国的に定着しているガッツポーズ。その由来は、1974年4月11日、東京・両国の日大講堂で行われたWBC世界ライト級タイトル戦で、ガッツが王者ロドルフォ・ゴンザレスに8ラウンドKOで勝利を飾り、王座を奪取した際に両手を高々と掲げて勝利の喜びを表現した姿を、当時のスポーツ新聞が「ガッツポーズ」と記したことがきっかけ。

 その後、全国的な広がりを見せ、今や日本中に定着している。“生みの親”のガッツは「特許取っておけばよかった(笑)」とぶっちゃけて会場を沸かせていた。

 本作は、かつて「浪速のロッキー」と日本中を熱狂させたプロボクサー、その後俳優・タレントとして活躍する赤井英和のドキュメンタリー映画。赤井は、1980年にプロボクサーとして鮮烈なデビューを飾り、戦績は21戦19勝16KO2敗。ひたすら、どつき、倒れても立ち上がって、またどつく。そのスタイルは、多くの人を魅了し、大阪市西成区生まれの彼を、人々は「浪速のロッキー」と呼んだのだった。

 本人は純粋にボクシングを愛し、相手をどつきまくっただけ。その姿を40年近い時を経て、映画にしたのは、赤井の息子で現役のプロボクサー、かつアメリカで映像を学んだ英五郎。赤井の俳優デビュー作『どついたるねん』(1989年)の阪本順治監督が全面協力している。

(※以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。)

【【今も変わらず?】ガッツ石松さんの「ある発言」に再び論争になる事態に】の続きを読む

トップ画像
【注目トピックスchについて】の続きを読む

このページのトップヘ