注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

注目トピックス


ビートたけしこと、北野 武(きたの たけし、1947年〈昭和22年〉1月18日 - )は、日本の漫才師、映画監督、俳優。1980年代初頭に起こった漫才ブームで、漫才コンビ・ツービートとして活躍した。社会風刺を題材としたシニカルな笑いで人気を獲得し、テレビ番組『THE
184キロバイト (24,552 語) - 2022年5月21日 (土) 13:32
まさに恐ろしいですね~

1 muffin ★ :2022/05/22(日) 18:11:24.33 ID:CAP_USER9.net

https://sirabee.com/2022/05/22/20162860526/

22日放送の『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)で、ビートたけしがロシア映画祭で受けた恐怖体験を明かし、驚きが広がっている。

ロシアのウクライナ侵攻や日本の対応について特集した22日の放送。そのなかで「ウクライナ人だけではなく、ロシア人も避難が必要ではないか」という話が出る。

たけしは「ロシアの(たけしの)ファンクラブがあって。ファンクラブのやつから毎回メールが来るんだけど、”助けてくれ”って言って。”身元引受人になれ”とか、大変なんだよ。今回の問題ウクライナだけではなくて、ロシア人自体もひどい目にあっているんだよね」と語った。

次に話題はロシア人スポーツ選手による「反戦の動きが聞こえてこない」という話題へ。

元バドミントン選手の潮田玲子氏は「シャットダウンされて、それも発信できない状態になっていますよね」と指摘した。

たけしは「1回俺、ロシア映画祭に招待されて行ったんだけど、いやあ、すごいもん、監視が」と語る。

続けて「記者会見とか、ファンの前で挨拶をするんだけど、とにかく釘を刺されたのは、プーチンの悪口とかは一切やめてくれっていう。プーチンのあれで映画祭をやっているんだから、このあとパーティーとかあるけど、ちゃんとあんたのそばにはKGBとかああいうのがついてるからって」とコメント。

スタジオの出演者が驚くなか、「ヨーロッパのインタビュアーがあんたにインタビューしても、そのことは言わないでねって。あんたが非常に悪い立場になる」と言われたことを明かした。

番組終盤、たけしは「コロナからウクライナの問題から、なんかあれだね、世紀末っていうのは、たった1人の指導者というか、指導体制があるんだから何十人もいるんだけど、そのごく一部の人間がごく当たり前のことをしなくて、自分の名誉とかあれを、かたくなに残そうとしているっていう」と指摘する。

そして「妙な権威みたいなのばっかしが、一部のそういう人たちが、人間社会っていうか、地球自体を全部壊し初めているというか。商人たちが作ってると思うんだけど、すごい変な時代になってきたね」とコメントしていた。


【【驚愕】ビートたけしさん「あの国」での体験が今も行われているという事実】の続きを読む





25日に「ナンバMG5」6話が放送されました。

ネットではももいろクローバーZが出演した今放送回を観た視聴者から"ある声"が続々寄せられているようです。

【【細かい】ももクロ出演「ナンバMG5」6話を観た視聴者から"ある声"が続々】の続きを読む





25日に「ナンバMG5」6話が放送されました。

ネットでは今放送回で2週間ぶりの出演となった大丸くん(森本慎太郎さん)を観た視聴者から"ある指摘"が続出しているようです。

【【2週間ぶり出演も…】「ナンバMG5」6話登場の大丸くんを観た視聴者から"ある指摘"が続出】の続きを読む




25日に「水曜日のダウンタウン」が放送されました。

ネットでは今放送回の「ハプニング盛り込みネタ選手権」のAマッソを観た視聴者から"ある指摘"が続出する事態になっているようです。

【【いやいや…】「ハプニング盛り込みネタ選手権」のAマッソを観た視聴者から"ある指摘"が続出する事態に】の続きを読む


えなり かずき(1984年11月9日 - )は、日本の俳優・タレント・司会者。本名及び旧芸名は江成 和己(読み同じ)。東京都世田谷区出身。江成正元は弟。愛称はえなりくん。 父は元ミュージシャンで、ジャズバンドのパーカッショニスト。 3歳の頃に『志村けんのだいじょうぶだぁ』にて、子役としてデビューを果たす。
23キロバイト (3,001 語) - 2022年5月21日 (土) 23:30
たしかに適役が思い浮かばないですね~

1 フォーエバー ★ :2022/05/21(土) 16:46:43.73 ID:CAP_USER9.net

 前出のテレビ局関係者は「昨年秋に、ピン子さんが旧友の和田アキ子さん(72才)のラジオ番組に生出演した際、『誰のおかげで、あのガキも本当に』とえなりさんを指してブチ切れた思いを吐き出されたことで、不仲は決定的になりました。橋田さんも、晩年に最後の力を振り絞って脚本を書くときに、石井ふく子プロデューサー(95才)に2人の共演シーンの削除を言いつけられていたそう。こういった一連の騒動がえなりさんの“俳優業ゼロ”とも言える現在につながっているのかもしれません」と話した。

 現在のえなりはどういう状況なのか。えなりは、父が社長を務めて、母がマネジャー、弟で俳優の江成正元(33才)と2人で、家族経営の個人事務所に所属する。その事務所に電話で問い合わせたところ、女性が対応した。

――えなりさんが最近ドラマなどに出られていませんが、何か事情が?

「いいえ、まったくないです」

――ファンの方も心配しているようですが。

「本当に何もないです! まったくない!」

――一部では泉ピン子さんとの共演NGが……

「(質問を遮るように)ないです! 今後一切ここに連絡してこないでくださいね! 何も言うことはございませんし!」

 そういって電話は切られた。

「えなりさんのお父様が実業家で、えなりさんも幼少時からゴルフを趣味とするほどの裕福な家庭です。都内に豪邸が建っていますし、関東近郊に大きな別荘もお持ちだそうです。えなりさんは、まだ40才前ですが、芸歴30年以上という長きにわたって芸能界の第一線で稼ぎ続けてきた。貯蓄はたんまりあるはず。わざわざピン子さんにおびえて仕事をする必要もない、というのが本音かもしれません」(前出・スポーツ紙記者)

 唯一の“生存確認”ができる公式ブログも、今年は昨年のスポンサーだったウーバーイーツのネタを4回アップしただけで、ここ2か月は更新もなし。この状態は、充電期間なのか、それともこのままフェードアウトしていくのか。最後は、えなり本人次第。

 演技はもちろん、歌唱力があり、ゴルフもできる。何よりキャラクターが立っている。えなりの再浮上をファンは待っている。

5/21(土) 16:15配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d577e7d3967a997638dd26e582cb803b742506e3?page=2

(出典 i.imgur.com)


【【そういえば?】えなりかずきさん「ある仕事」が来ない原因にいろいろな意見が飛び交う】の続きを読む

このページのトップヘ