注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

    カテゴリ: 医療


    (出典 public1.potaufeu.asahi.com)


    オランダの研究チームが喉の奥に未知の臓器を発見したと発表し、大きな話題となっています。

    ネットの一部では「喉の違和感はこれが原因?」などという声も挙がっているようです。

    【オランダ研究チームが「未知の臓器」を発見!「喉の違和感はこれが原因?」との声も】の続きを読む


    (出典 upload.wikimedia.org)



    5日、ノーベル医学生理学賞が発表され、C型肝炎ウイルスの発見で大きな貢献をしたアメリカなどの研究者3名が受賞しました。

    この偉業にネットではどのような声が挙がっているのでしょうか?

    【ノーベル医学生理学賞に「C型肝炎ウイルスの発見」。この偉業にネットは?】の続きを読む


    (出典 cdn.pixabay.com)


    3日午後、前澤氏がケアマネジャーや介護福祉士として働く方々に対し、困っていることや課題を尋ねるツイートをしました。

    高齢化社会が進行する日本において、欠かすことが出来ない職業ですが、この問いかけにどのような声が集まったのでしょうか?

    【ケアマネジャーや介護福祉士が抱える課題とは?前澤氏の問いかけに多くの意見が殺到!】の続きを読む

    faa-chief-737-max-test-flight-restricted-super-169

    ワシントン(CNN Business) 米連邦航空局(FAA)のスティーブ・ディクソン長官は9月30日、2度の墜落事故で運航停止が続く米ボーイング社製の旅客機「737MAX」の試験飛行に加わり、自ら操縦桿(かん)を握った。

    米シアトルにあるボーイングの施設での2時間にわたる飛行試験後、同型機の新たな修正に関し幾つかの提案があると述べた。長官は民間航空会社でパイロットの経験があり、737型機の初期型機を操縦したこともある。

    ディクソン氏は、MAX型機の訓練や制御を理解することは重要と指摘。模擬操縦装置で準備を終えた後、ボーイング社のパイロットと共に実際の機体を飛ばした。

    自ら臨んだ試験飛行は、FAAによる安全性の認証の手続きの一環ではないとも主張。ただ、認証作業が最終段階にあることは述べた。

    MAX型機の安全対策に関してはFAAの安全担当技術者が先月、乗客を搭乗させての飛行再開を認可する前にはさらなる作業が必要との文書を報告してもいた。長官はこの技術者が示した懸念事項には触れなかったが、この種の指摘に対応し検討すべき手続きはあると述べた。

    2度の墜落事故を起こしたMAX型機は2019年3月に世界規模での運航停止を強いられた。ボーイングは運航再開をにらんで機器改良などの措置を講じており、FAAなどがその有効性を調べている。

    ボーイング社が望んでいた運航再開の承認を得られる時期は再三延びている。新型コロナウイルスが蔓延(まんえん)する前には今年半ばまでの認可取得を期待してもいた。


    (出典 upload.wikimedia.org)



    東京女子医科大学が学費を1,200万円値上げするようです。

    その理由は新型コロナウイルスによる経営難ということですが、これにネットではどのような声が挙がっているのでしょうか。

    ちなみに過去にはこのような出来事も。



    以下まとめです。

    【東京女子医大の学費大幅値上げにネットの反応は?】の続きを読む

    このページのトップヘ