注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

芸能


小木 博明(おぎ ひろあき、1971年〈昭和46年〉8月16日 - )は、日本のお笑いタレントである。おぎやはぎのボケ担当。相方は矢作兼。愛称は小木くん、センス小木、オギーブンである。ただしバナナマンや土田晃之など一部の年下の芸人からは先輩後輩かかわらず「小木
13キロバイト (1,614 語) - 2023年11月19日 (日) 12:12

(出典 lp.p.pia.jp)


もう終わってますよね~

1 伝説の田中c ★ :2023/11/06(月) 21:15:25.37 ID:VtUKr8Sl9.net
 お笑いコンビ「おぎやはぎ」(小木博明、矢作兼)が2日深夜放送のTBSラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」に出演。この日発表された「2023ユーキャン新語・流行語大賞」ノミネート30語にいちゃもんをつけた。

 30語にはプロ野球・阪神の岡田彰布監督の「アレ」、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)侍ジャパンの大谷翔平(エンゼルス)の「憧れるのをやめましょう」、ヌートバー(カージナルス)の「ペッパーミル・パフォーマンス」、将棋でタイトル八冠を達成した藤井聡太の「藤井八冠」などがノミネート。

 この日は同ラジオの恒例企画となっている大賞予想のため、30語を1つずつ解説付きで振り返った。

 しかし、「頂き女子」「オーバーツーリズム」「観る将」「Y2K」など2人の知らない言葉も続出。そのため、30語紹介だけで時間が押してしまい、リスナーから「流行語知らなすぎ」とツッコミが入る事態に。

 これに矢作は「違うよ、これは言いたいよな。流行語になってないんです!」と猛クレーム。小木も「多分、これ無理やりやってんだよ。入れてんだよ、30語」と首をひねった。

 さらに小木は「強引に入れてんだよ、こんなもん。絶対分かってない、選んだやつ。ダメだ」「過去最悪じゃない?」とめった切り。

 矢作も「な? こんなもん全然有名じゃないわ。今回ひどい。(大賞予想は)簡単。だって無理やり入れてきちゃってんだもん」と納得いかない様子だった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/375eea7bffbb98f0b27117e947e98550b0c0bda8

【【今になって?】おぎやはぎ小木の「あるイベント」にさすがに疑問を持つ人が増えてくることに】の続きを読む


宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年〈昭和45年〉3月31日 - )は、日本のYouTuber、実業家、お笑いタレント 、歌手、俳優、司会者、声優。 本名同じ。大阪府茨木市出身。金光第一高校卒業。お笑いコンビ雨上がり決死隊の全活動期(1989年 - 2021年)のメンバー。現在はYouTubeを主な拠点として活動している。…
52キロバイト (6,454 語) - 2023年11月19日 (日) 02:58
7a5b295906f7e0e485ffe91b7b9495c3_1700384671_1
(出典 portal.st-img.jp)


一時期のあれがないですからね~

1 おっさん友の会 ★ :2023/11/06(月) 20:30:46.01 ID:uYgI1SS29.net
元お笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之(53)が6日に自身のYouTubeチャンネルを更新し、再生数が思うように伸びない現状について触れる場面があった。

 20年1月に最初の動画を投稿した宮迫。当初は闇営業騒動後などで注目を集めており、月間数千万再生を記録したこともあった。しかし、直近1カ月は約178万再生と“全盛期”の10分の1以下に。また登録者数も減少傾向にあり、危機的状況が続いている。

続きはスポニチANNEX 2023年11月06日 20:25
https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2023/11/06/kiji/20231106s00041000636000c.html

【【無理?】宮迫博之の「例のアレ」に限界説が出てくる事態に】の続きを読む


綾部 祐二(あやべ ゆうじ、1977年〈昭和52年〉12月13日 - )は、日本のお笑いタレント、コメディアン、俳優。茨城県古河市出身。身長は167cm、体重は55kg、血液型はO型。吉本興業所属。お笑いコンビ・ピースのメンバーで、相方は又吉直樹。2022年現在はピンで仕事をしており、アメリカのロサンゼルスを拠点に活動中である。…
23キロバイト (2,796 語) - 2023年10月26日 (木) 00:13

(出典 ddnavi.com)


他と比べるとそうなりますね~

1 尺アジ ★ :2023/11/06(月) 18:53:34.38 ID:rkwkbdUj9.net
 お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二(45)が、6日までにYouTubeチャンネルを更新。6年ぶりの日本帰国を終え、相方・又吉直樹(43)との食事や妻と初めて日本で過ごしたことなどを振り返った。

 ハリウッド進出を目指して2017年に渡米した綾部。今年、「ピース」は結成20周年を迎え、トークライブ「ピーストークライブ~本とアメリカ~」を開催するために6年ぶりに日本に帰国していた。

 日本について、綾部は「6年ぶりだから、日本はご飯がおいしいなとか街がきれいだなとか思うだろうな…って思ってたけど、余裕で超えていった。やっぱ凄いよ」と久しぶりの日本を堪能した様子。「地下鉄だろうがJRだろうが、すべての駅にトイレあるじゃん。アメリカって、本当にトイレがないの。(日本の)トイレがまあキレイ。道を走ってて、何て言うんだろう…パブリックである…公共のトイレ。それがもうキレイ。デパートも駅も、日本は全部のトイレにウオシュレットがついてない?凄いよ、ほんと。こんなにキレイだったっけなっていう。街にゴミも全然ないし。電車の中も、こんなに静かだったっけっていうくらい」と感激しきりだった。

 続けて「全部、ポジティブに凄かったです。ご飯もうまいよ。昔食ってたラーメン屋さんに行ったけど、もう、うなっちゃうもんね。おいしくて」と、食事にも感激し、さらに「僕はお洋服も大好きでなので、やっぱりショッピング。東京どうなの?って思ってたけど、一番やばいと言っていいかもしれない」と、ファッショニスタの観点からも日本は素晴らしいと大絶賛。「アメカジはアメリカが本場だけど、実は日本が本場よ。クオリティーが違う。お店の人も“アメリカの方が日本で買って行く”って言ってた」と紹介し、「日本の方が凄いよ。やっぱ凄いんだよ、バイヤーの人の目利きとか、オリジナルで作ってアメリカの良き文化のヴィンテージのもの…みたいな。もう、凄い」と褒めちぎった。

※続きは以下ソースをご確認下さい

11/6(月) 13:28
スポニチアネックス

https://news.yahoo.co.jp/articles/b85119ac80e0efad3663ea5d4808836e6e555c06

【【ここまで?】ピース綾部の「ある違い」に改めて関心することに】の続きを読む


高田 みづえ(たかだ みづえ、1960年6月23日 - )は、元相撲部屋の女将で、元歌手・元タレント。鹿児島県揖宿郡頴娃町(現・南九州市)出身。 夫は元大関の大相撲力士で元親方の若嶋津六夫(本名:日高六男)。長男は元俳優の勝信。長女はタレントのアイリ。本名は日高みづえ(旧姓:高田)。…
57キロバイト (5,656 語) - 2023年11月7日 (火) 04:59

(出典 i.ytimg.com)


どっちですかね~

1 フォーエバー ★ :2023/11/06(月) 18:21:19.09 ID:FbfCPBPm9.net
11/6(月) 12:00配信

デイリースポーツ

 モデルでタレントのアイリが4日、NHK「大相撲どすこい研」に出演。ショートボブのヘアスタイルに、ネットは、母で元歌手の高田みづえさんに「そっくり!」の声が上がった。

【写真】DNAすげー!高田みづえさんに「そっくり!」のアイリ

 この日の「大相撲どすこい研」は、二所ノ関部屋を今田耕司、能町みね子、アイリが訪問。土俵が二面ある大きな部屋に3人も思わず感嘆の声を上げたほど。

 アイリは、先代の二所ノ関親方で元大関の若嶋津の娘。母は元歌手の高田みづえさんで、相撲部屋は見慣れた風景のはずだが、それでも現在の二所ノ関部屋の充実ぶりには驚きの表情だ。

 アイリは自身の家について「1階が土俵(稽古場)で、2階が自宅で、3階がお相撲さんが生活する場所。(自分たちは)サンドウィッチされてました。上でドタドタすると聞こえてくる」と懐かしそうに振り返った。

 アイリは21年10月に結婚していたことを22年に報告。当時はロングヘアだったが、この日はバッサリのショートボブとなっており、若かりし頃の母・高田みづえさんを思い起こさせる。

 顔もそっくりだったことからネットも話題に。「いやいやアイリちゃん、お母さん(高田みづえさん)そっくり!こんなに大きくなってたのw」「アイリ さんって初めて見たけれど。お母さんの高田みづえさんにそっくりなのねー!みづえさんにしては若いな、とまで思っちゃった(汗)」「アイリさん、見れば見るほどみづえちゃんだわ」などの声が上がっていた。

 アイリは今年5月のインスタでショートボブの髪型を披露している。

https://news.yahoo.co.jp/articles/26c8831e7e26656aa65f22ae3a1aae16c6ec6a21


(出典 i.daily.jp)

【【そう?】アイリさんの「ある姿」に物言いがついてしまうことに】の続きを読む


千原 ジュニア(ちはら ジュニア、1974年〈昭和49年〉3月30日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、俳人、アーティスト。お笑いコンビ千原兄弟のボケを担当。相方は実兄の千原せいじ。本名および旧芸名は千原 浩史(ちはら こうじ)。身長180cm、体重60kg。…
64キロバイト (8,914 語) - 2023年11月15日 (水) 06:05
20230807-chi-99-950x633
(出典 realsound.jp)


あれも懐メロ扱いなんですね~

1 muffin ★ :2023/11/06(月) 18:02:06.96 ID:OI6uNH729.net
https://smart-flash.jp/entame/260282/
2023.11.06 17:31

 千原ジュニアが、11月5日放送の『にけつッ!!』(日本テレビ系)で、ジェネレーションギャップの苦悩を語った。

 若者と会話していると話が伝わらないことが多々あるそうで、26歳のタクシー運転手と話した際は、小泉今日子の名前を出しても伝わらなかったという。

 ジュニアは「キョンキョン、知らずに生きていける?」と苦笑。ケンドーコバヤシも「キョンキョン知らずに、苦しいときにどうやって歯を食いしばってたんや」と驚いた。

 さらに、ある番組で、DREAMS COME TRUEの名曲『未来予想図II』のフレーズからインスパイアされた言葉として、ジュニアは「ヘルメット5回ぶつける」と話したものの、元SKE48・須田亜香里にポカンとされたという。

 ジュニアとしては女性に向けた例え方だったものの伝わらず、「誰のために媚びたんや」と落ち込んだことを明かした。

「ジュニアさんとケンコバさんは、2022年11月7日放送の同番組で、男女の関係の深さを示す “ABC” が伝わらなかった話を披露していました。

 最近の若者は、体の関係になったか否かだけで判断するようで、その点にケンコバさんは『ワビサビないでしょ』とぼやき節。ジュニアさんも『せやな。若干のオブラートというか、レースのカーテンを1枚みたいな(ものがない)』と話していました」(芸能ライター)

 時代とともに、言葉だけでなく人間の感性も変わっていくようだ。

【【もうそこまで?】千原ジュニアの「ある苦悩」にいろいろとショックを受けることに】の続きを読む

このページのトップヘ