注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。

経済


前澤 友作(まえざわ ゆうさく、1975年11月22日 - )は、日本の企業経営者。 有限会社スタートトゥデイ創業者、株式会社スタートトゥデイ代表取締役社長、株式会社前澤ファンド代表取締役社長、公益財団法人現代芸術振興財団会長、一般財団法人ARIGATO代表理事。千葉県鎌ケ谷市出身。千葉県千葉市稲
63キロバイト (8,206 語) - 2022年7月15日 (金) 04:01
中身が見えない分、気になりますね~

1 フォーエバー ★ :2022/07/28(木) 12:05:17 ID:CAP_USER9.net
前澤友作氏、「会社作りませんか」新事業がついに始動? 「数日...の画像はこちら >>

ZOZO創業者でスタートトゥデイ社長の前澤友作氏が28日、自身の公式ツイッターを更新。新規プロジェクトがいよいよ始動することを明かした。


【ツイート】前澤氏「数日後にはスタートできるかな」



■「みんなで会社作りませんか」

前澤氏は今年5月にツイッターで、「フォロワーの皆さん! みんなで会社作りませんか?」と呼びかけ。


「社員になってもらう訳ではなく、少額の出資(1万円とか)と、スマホでできる簡単なお手伝いをお願いするかもしれません。みんなでアイデアを出し合ってビジネスを大きくし、利益が出たら山分けです」とプロジェクトの概要を説明した。


「夢あるでしょ!? 興味ある人はいいねかRTで!」とリアクションを求めた前澤氏のツイートには、22万のいいねと6万のリツイートされるなど、話題を集めた。



関連記事:前澤友作氏、「家で飲む水」をフォロワーに質問 意外なアンケート結果は…


■本格始動を示唆

前澤氏は28日、「おはよう。もうすぐ、ずーっとやりたかったことがついに始められる。みんなで会社しようよ、ってやつね」と、新規プロジェクトを始動する準備が整ったことを明かし、「数日後にはスタートできるかな」としている。



■フォロワーから期待の声

前澤氏のツイートを見たフォロワーからは、「ワクワク」「楽しみだー」「お待ちしておりました」と期待の声が多数寄せられている。


また、プロジェクトの具体的な内容について「どんな会社ですか?」「どんなことでしょう?」「どんな内容ですか?」と興味を持つユーザーのコメントも見られた。

https://www.excite.co.jp/news/article/Sirabee_20162904855/

【【実態は?】前澤友作さんの「ある行動」に疑念が拭えない事態に】の続きを読む



17日に「ザ!世界仰天ニュース」が放送されました。

ネットでは中江滋樹さん特集の「仰天ニュース」を観た視聴者からどのような声が寄せられているのでしょうか?
【【意外と…】中江滋樹さん特集の「仰天ニュース」を観た視聴者から寄せられる声】の続きを読む


厚切りジェイソンさんのTwitterにおけるツイートが全削除され、大きな話題になっています。

一部で彼が勧める米国株の暴落を受け批判殺到したことが要因とささやかれましたが、ネットではこの報道に対し“ある指摘”が続出する事態になっているようです。

【【そもそも...】厚切りジェイソンさんへ批判殺到&ツイ消しで“ある指摘”が続出する事態に】の続きを読む




26日のTwitterで謎メーカーとして「National」がトレンド入りしています。

これにネットでは"ある声"が続出する事態になっているようです。

【【いずれ…】"謎のメーカー"Nationalのトレンド入りである声が続出する事態に?】の続きを読む


日本放送協会 (NHKテレビからのリダイレクト)
NHK放送文化研究所『NHK年鑑2014』NHK出版、2014年11月14日。 NHK放送文化研究所『NHK年鑑2015』NHK出版、2015年11月13日。 NHK放送文化研究所『NHK年鑑2016』NHK出版、2016年11月11日。 NHK放送文化研究所『NHK年鑑2017』NHK出版、2017年11月10日。
161キロバイト (19,648 語) - 2022年2月12日 (土) 22:58


これは国民的な議論が必要ですね~

1 Egg ★ :2022/02/14(月) 11:47:45.34 ID:CAP_USER9.net

【メディアインサイド】 「テレビ離れ」が指摘されて久しい。近年は若年層を中心に、テレビ受信機そのものを持たない人が増えている。NHKは4月以降、そうした人らに対して番組や情報をインターネットで配信し、どう受け止められるかを調査する。受信料に支えられるNHKにとって、テレビを持たない人の増加は将来の経営危機に直結する。実証実験は「ネット受信料」導入への布石との指摘も上がるが、課題は多い。

【グラフで見る】「テレビに親近感を持つ人」は若い世代ほど低い

■見られ方が多様化

「紅白が紅白でなくなった日」(スポーツニッポン)、「紅白衝撃最低」(東京中日スポーツ)-。

1月3日のスポーツ紙各紙に大きく躍ったのは、昨年大みそかに放送された「第72回NHK紅白歌合戦」第2部の平均世帯視聴率が34・3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことを伝える見出しだ。過去最低だった令和元年の37・3%を下回り、史上最低となった。

もっとも、NHKはこの数字を悲観しているわけではない。番組をネット配信する「NHKプラス」では、1月7日までの配信期間中に、過去最高だった昨年の東京五輪開会式を上回る68万人が紅白を見ていたためだ。正籬(まさがき)聡放送総局長は「見られ方が多様化し、リアルタイムでテレビを見るのではなく、(スマホやパソコンなど)いろんな端末で広がっている。一定の存在感は示すことができた」と振り返った。

ただ、NHK放送文化研究所が2年11月に行った世論調査では、テレビに親近感を持つ人は若い世代ほど低い。

若年層からは「テレビは持っていない。好きな俳優が出るDVDをパソコンで見られれば十分」(20代女性)、「15年以上使っている今のテレビが壊れたら次は買わない」(30代女性)との声もあがる。テレビを持たない人は今後も増えることがうかがわれる。

では、ネットの番組配信を加速させればよいかというと、話はそう単純ではない。民放の見逃しサイト「TVer(ティーバー)」は会員登録や利用料が不要だが、「NHKプラス」の利用はNHKの受信契約者に限られる。テレビを持っていない人や未契約者は、ネットでもNHKの番組に触れることができないのだ。

産経新聞 2/14(月) 7:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/18772ec6ce66b9ac1dda92adf2f6a3858cf5fb72


【【恐怖】NHKさん、見境が無くなり大ブーイング待ったなし!】の続きを読む

このページのトップヘ