(出典 img.barks.jp)

山崎怜奈の誰かに話したかったこと。」にイジリー岡田が出演し、ネットでは乃木坂×イジリー岡田のコンビネーションに感謝や喜びの想いを明かす人が続出しています。

■ネットの声

アリマ坂⊿寒アッキー@楽天坂道応援な休日ジム鷲
@AtSt8170

イジリーさん乃木坂46と共演する度トレンド入りしてくるようなさすが公式おじさん

2020-10-28 15:39:24

(出典 @AtSt8170)

乃木坂考察中
@nogi46_yasushi

イジリーさんありがとうございますとにかく乃木坂のことを想ってくださるあなたのことが大好きです#イジリー岡田 #イジリー岡田の誰かに話したかったこと #乃木坂46

2020-10-28 14:58:56

(出典 @nogi46_yasushi)

いっきー
@ikky_silvia

イジリーさん、お疲れ様でした。イジリーさんの優しさに感謝です。これからもれなちを、乃木坂ちゃんをサポートしてください。そして、イジリーさんのFMラジオが聴きたいです。

2020-10-28 14:58:01

(出典 @ikky_silvia)

さすらいのKOMA⊿🏎
@koma_nogi46

れなち、凄い!こんな忙しい中レポートまでありがとう!!そしてイジリーさんも流石の安定感でございました!なんだか乃木坂で繋がった縁の凄さを垣間見える素敵な放送でした!本当にお疲れ様でした!#だれはな #山崎怜奈#イジリー岡田

2020-10-28 14:55:17

(出典 @koma_nogi46)

サマツリダゴッホ@年中みさ酔い中
@summer_tree3529

イジリーさん本当に安心感あった。共演者との繋がりが強いのも乃木坂の特徴というか強みなんだろうな。#だれはな

2020-10-28 14:54:30

(出典 @summer_tree3529)

final frontier⊿
@ssfinalfrontier

今日の #だれはな は特別感があってとっても面白かったです。イジリーさんの乃木坂愛も強く感じられました。れなちさん、イジリー岡田さんお疲れ様でした!ありがとうございました!

2020-10-28 14:53:59

(出典 @ssfinalfrontier)

ぱいん◢⁴⁶
@torapezium0205

いつも思うけど、絶対イジリーさんにも公式の名前つけた方がいいよ。乃木坂の歴史には欠かせない存在でしょ!?#イジリーさん

2020-10-28 14:44:24

(出典 @torapezium0205)

ひろまさ
@ma100910294

イジリーさんもバナナマンさんの2人同様に乃木坂の曲結構聴いてる感じな気がするな❗️ #だれはな

2020-10-28 13:53:58

(出典 @ma100910294)

アリマ坂⊿寒アッキー@楽天坂道応援な休日ジム鷲
@AtSt8170

そしてイジリーさんの好きな曲がアンダーの曲って辺り乃木坂46愛感じられるな

2020-10-28 13:53:13

(出典 @AtSt8170)

何度目のアオバードか?
@Ao_bird_46

今は一緒に番組やってないけど、ずっと番組MCとして乃木坂46を支えてくれたイジリーさんが、メンバーの番組の助っ人として出演しているのはすごく感慨深いなぁ〜#だれはな

2020-10-28 13:32:31

(出典 @Ao_bird_46)

Y⊿まいちゅん
@COi1n

イジリーも乃木坂ちゃんといい関係築いてるよなー

2020-10-28 13:29:18

(出典 @COi1n)

レオワルド◢⁴⁶
@46_kazukunnogi

イジリーさんって本当に細かいところまで見てくださってたんだなって思いますね。イジリーさんの乃木坂愛に感動してます。たしかな乃木坂愛があるからこそれなちさんも安心して任せられるのかなとも思いますね。#だれはな #イジリー岡田 #山崎怜奈

2020-10-28 13:09:05

(出典 @46_kazukunnogi)

■関連情報

イジリー岡田(イジリーおかだ、1964年昭和39年〉9月23日 - )は、日本お笑いタレントものまねタレント。本名は岡田 昇(おかだ のぼる)。

ホリプロ所属。身長170cm、体重76kg。既婚[1]

東京都出身。実家は埼玉県さいたま市浦和区浦和実業学園高等学校卒業。

略歴[編集]

高校生の頃からお笑いが大好きで、萩本欽一に憧れ「第6回欽ちゃんの全日本仮装大賞」に友人の代役として出場する[2]東放学園専門学校在籍時代に、カメラアシスタントのアルバイトで番組制作に携わるが、辛さに耐えかねて辞めた経験を持つ。

萩本に憧れていたこともあり、小堺一機関根勤の下積み時代のライブにも、裏方のアルバイトとして参加経験がある。素人時代に出場したフジテレビ系列『発表!日本ものまね大賞』での敢闘賞獲得が認められ、ホリプロにスカウトされる。高校時代の友人の奥山を相方に誘い、1987年にお笑いコンビ「キッドカット」を結成した。

ホリプロお笑い部門第1号として、多くのバラエティ番組オーディション大会で優勝するなど、実績を残し順風満帆に思えたが、生放送に寝坊を繰り返すといった相方の遅刻癖がホリプロで問題になり、相方が解雇され、お笑いコンビは強制解散させられた。1990年からピン芸人として活動を始める。

コンビ時代から、ホリプロ所属のアイドルイベントで、前説や司会を担当していたことから、学習研究社(現・学研ホールディングス)の月刊誌Momoco』において、デビュー直後のアイドルと対談するコーナー連載が決定する。ペンネームを命名することになり、客いじりが上手いから『イジリー岡田』、連載のタイトルも『イジリー岡田のアイドルいじり』に決まる。

最初はあくまでペンネームのみであったが、当該コーナーの人気が上昇すると「お前、明日から『イジリー岡田』だぞ。問題ないよな?」とホリプロ側から電話で一方的に通告され、正式に芸名が決定した。

芸名に関してイジリーは「問題大ありですよ。そんな最低な名前、嫌に決まっているじゃないですか」と当時を振り返っている。