(出典 i.daily.jp)

25日のヤクルトVS中日戦でヤクルトの五十嵐亮太投手が現役最後の登板を果たしました。

最後はエスコバーの好プレーでアウトを勝ち取り、神宮球場は大きな拍手に包まれました。

この最終登板にファンはどのような気持ちを抱いているのでしょうか?

■ネットの声

ひろえ
@ys_canon_suki

この試合終わらんといてほしい。五十嵐投手まだまだできるやん。

2020-10-25 20:58:15

(出典 @ys_canon_suki)

tomomi
@tomomi_a0131

学生時代、五十嵐ファンの友人とよく観戦しに行ってたなぁ..(涙)大切な思い出です。。#swallows#五十嵐亮太

2020-10-25 20:58:13

(出典 @tomomi_a0131)

じょん(応燕用)
@boys_be_2896

五十嵐さんが引退する時に高津さんが監督で石井さんがピッチングコーチって胸熱だなあ。

2020-10-25 20:58:13

(出典 @boys_be_2896)

Ÿškìć
@ysk266

シエラと五十嵐は2012年トロントでチームメイトだったんだな

2020-10-25 20:58:13

(出典 @ysk266)

もんも
@HoshiiNanika

五十嵐亮太、最後の投球ガチ勝負でよかったと思う#ヤクルト

2020-10-25 20:58:12

(出典 @HoshiiNanika)

taka
@agohige_ojisan

五十嵐投手現役生活お疲れさまでした👏👏現コーチ石井弘寿さんとの速球コンビすごく好きだったっす🎈指導者になることがあれば若い子にストレート勝負の素晴らしさ伝授してくださいね☺️#五十嵐亮太

2020-10-25 20:58:12

(出典 @agohige_ojisan)

ゆう@燕党 やっぱり筋肉が一番
@yslove_41

五十嵐さん…今後はどうなされるのかな…?コーチになるのかな…それとも…解説かな…いずれにしても楽しみ!!

2020-10-25 20:58:06

(出典 @yslove_41)

あやりん
@aya_aya58

やばいね〜涙涙💧😭😭😭一球だけは寂しい。寂しいよ〜。五十嵐投手。お疲れさま〜

2020-10-25 20:58:06

(出典 @aya_aya58)

おもち@
@Tubamezaka46

エスコバーの好プレイもあり五十嵐さんしっかり抑えて終われました。五十嵐さんの後に梅野くんなのも感慨深い。梅野くんも五十嵐さんのように大きく育ってください。五十嵐さん906試合登板!お疲れ様でした!ありがとう!どんな形でもヤクルトに残ってください!

2020-10-25 20:58:04

(出典 @Tubamezaka46)

はむどら
@hamu_plus_dra

五十嵐投手、お疲れ様でした。カッコ良かったです

2020-10-25 20:58:04

(出典 @hamu_plus_dra)

つよはち@燕
@tsuyoroku

中学生のとき、初めてもらったプロ野球選手のサインが五十嵐だったそこからしばらくプロ野球選手と言えば五十嵐だった正直なところ五十嵐がプロ野球選手じゃなくなること、全くピンときていないがありがとう五十嵐馬鹿みたいに腕を振る姿を忘れることはないだろう

2020-10-25 20:58:02

(出典 @tsuyoroku)

■関連情報
五十嵐 亮太(いがらし りょうた、1979年5月28日 - )は、北海道留萌市出身のプロ野球選手投手)。右投右打。東京ヤクルトスワローズ所属。

選手としての特徴

五十嵐の投球フォーム
(2010年、メッツ時代)

日本、日本二軍、メジャー、マイナーなどの生涯登板数は既に1000をこえるがプロ入り後における登板はほぼすべてリリーフ登板である(メキシコウィンターリーグで5試合の先発登板を経験)。

ヤクルト時代は平均球速約151 km/h[63]、当時の日本記録の最速158 km/hを記録したストレートを武器にセ・リーグの速球王として人気を博し、同僚の石井弘寿と共にロケットボーイズの愛称で呼ばれた。リリーフ登板のみで前半戦11勝を記録した2000年を始め、勝ち星に恵まれたシーズンが多く、スワローズの公式ホームページでは「勝利の女神が惚れた男」というキャッチフレーズを付けられたこともある。メジャーでは記録した5勝すべてが、1/3回の投球での勝利という幸運ぶりであった。

スリークォーターから平均球速約93 mph(約150 km/h)[64]、マイナーリーグで自己最速99 mph(約159 km/h)と抜群のスピードを誇る速球(フォーシーム、ツーシーム)と平均球速約86 mph(約138 km/h)のSFF気味のフォーク[64][65]を武器とし、日本での通算奪三振率9.95と奪三振が多い。一方で4球連続ボールを与えることがシーズンで10回以上ある[66]など2006年まで通算与四球率4.09と制球が安定していなかったが、トミー・ジョン手術から復帰した2008年から2009年にかけては通算与四球率2.40と安定させた。

2005年以前は投球割合の7 - 8割を速球が占めていたが[67]、2006年には速球の投球割合が減り、故障から復帰した2008年からはフォークの投球割合が約4割となる[68]。2010年には投球割合のほとんどを占めてきたストレートとフォークの他に、フォークとほぼ同じ割合でカーブを交えるようになり[11]、2011年には握りを深くして落差を大きくしたフォーク[69]スライダーも交えるようになった[70]。ソフトバンク移籍後はストレートは平均球速約148 km/hを記録し[71]、変化球はフォークの比率が下がった分ヤンキース時代に習得したナックルカーブカットボールを使うようになった。

担いで腕を押し出すようにして投げる独特のピッチングフォームであり、クイックも1.1秒台前半と速い[72]。敢えて腕を畳んだまま最小の半径で腕を振ることが、爆発的な速球を生み出す源になっているという[73]