(出典 studysapuri.jp)


故中曽根元首相の合同葬を巡り、全国の国立大学などに弔意表明を通知した問題で、大学では学生が反対集会を開く姿も見られたようです。

しかし、ネットではある指摘が入っています。

■ネットの声

345rock
@_345rock

学生約20人が集まり、「大学の自治や学問の自由が脅かされる」20人ってwwwしかも自治や自由が脅かされるw通知と通達の違いが解るかな大学で何を学んでのか国立大弔意に抗議の声 学生が反対集会、学者も疑問視 中曽根元首相合… https://t.co/9jSQ26IBsU

2020-10-18 12:12:46

(出典 @_345rock)

はくまいも
@hakumaimo

31歳の学生!? しかも金さん。20人も集まったんだ。国立大弔意に抗議の声 学生が反対集会、学者も疑問視 中曽根元首相合同葬で(時事通信) https://t.co/nsF37nGazF

2020-10-18 11:41:39

(出典 @hakumaimo)

ain satis
@AinSatis

でも、20人そこそこの集会なんですねまぁ、官僚を目指す人は声を挙げないでしょうね…国立大弔意に抗議の声 学生が反対集会、学者も疑問視 中曽根元首相合同葬で(時事通信) https://t.co/IaixZGcuRX

2020-10-18 10:41:16

(出典 @AinSatis)

小言の唄
@N_poruto

国立大弔意に抗議の声 学生が反対集会、学者も疑問視(時事)元首相合同葬に関しては左翼メディアしても叩きどころなんだろう。国立大だからと元総理に弔意を示す必要はないと思うが、少数の左翼の抗議を民意のようにみせたり、20人が集会に参加しただけで学生の総意のように思わせる報道は嫌い。

2020-10-18 10:35:39

(出典 @N_poruto)

自民支持の労組役員
@1992_seiji

中曽根さんは自民党議員であった以上に、日本の総理大臣であった。国の為に尽くした人に弔意を示すことは至極当然だと思うが。たかだか20人の抗議集会までを取り上げて批判するようなことか?

2020-10-18 10:34:43

(出典 @1992_seiji)

エルスディノーツ
@edge_gameover

何これ?学生運動?安保闘争やんの?数々の敗北の歴史を見てきてしかも20人しか居ないのに…国立大弔意に抗議の声 学生が反対集会、学者も疑問視 中曽根元首相合同葬でhttps://t.co/TBcxoMsvQm

2020-10-18 10:28:03

(出典 @edge_gameover)

まるΩ
@maru_hanahana

@Shin_Kurose どっかの大学もたった20人(全部学生かは不明)なのに、すごい反対活動があったかのような記事をみたなぁ

2020-10-18 10:25:07

(出典 @maru_hanahana)

Yuuna n
@Yuuna_ninetail

国立大弔意に抗議の声 学生が反対集会、学者も疑問視 中曽根元首相合同葬で(時事通信)#Yahooニュース 「学生約20人が集まり」これがニュースになる日本ってホント平和だよねぇ。。https://t.co/OolQGfBfDj

2020-10-18 10:06:55

(出典 @Yuuna_ninetail)

えいとむ
@Tommy59696127

たった20人で草抗議している自分カッコいいとか思ってそう🥺国立大弔意に抗議の声 学生が反対集会、学者も疑問視―中曽根元首相合同葬で:時事ドットコム https://t.co/Njbkg9GQ85

2020-10-18 09:50:34

(出典 @Tommy59696127)

ヘッセ世代
@EmilSinclairs1

情けねぇなぁ。たったの20人かよ。「大学は出ているけど、何も学ばなかった。」か。国立大弔意に抗議の声 学生が反対集会、学者も疑問視 中曽根元首相合同葬で(時事通信)#Yahooニュースhttps://t.co/q9yTaJXxqG

2020-10-18 09:30:04

(出典 @EmilSinclairs1)

■関連情報
一橋大学(ひとつばしだいがく、英語Hitotsubashi University)は、東京都国立市2丁目1番地に本部を置く日本国立大学である。1920年に設置された。指定国立大学法人に指定されている。

概説

大学全体

大学本館

一橋大学は森有礼渋沢栄一の援助を得て[1]1875年明治8年)に開いた商法講習所を源流とする日本で最も古い社会科学系の大学である。第二次世界大戦前には商学専門の官立大学(旧制東京商科大学)として開設されていた。森有礼は、幕末期ロンドン大学に学び、のち初代米国代理公使としてワシントンに滞在した。英米両国では実業家官僚政治家に劣らず活動していること、国家独立の基礎は経済の富強にあって、そのためには経済人の育成が急務だと痛感したこと、それらが一橋大学の学校設立の端緒となっている。

建学の精神(校訓、理念、学是)

沿革から、産業界の指導者を育成するという建学理念を持つ。19世紀イギリスの論客トーマス・カーライルの著作『過去と現在』("Past and present") から採られた言葉「キャプテンズ・オブ・インダストリー (Captains of Industry)」[2] という言葉は一橋大学における事実上の校是となっている。