(出典 newsimg.oricon.co.jp)


日本テレビ「35歳の少女」の第2話が放送されました。

さて、視聴者の感想は?

■ネットの声

ぴーちゃん
@pi__shan

このドラマの坂口健太郎が一番好き…😳💓ひげも良き #三十五歳の少女

2020-10-18 01:24:28

(出典 @pi__shan)

girasole
@girasole705

きっと結人も、妹も両親も、望美と一緒に回り道しながら成長していくんだろうな。#三十五歳の少女

2020-10-18 01:22:32

(出典 @girasole705)

たくらぶ
@takulovejinjin

録画一気にみた。なんとも重苦しい。でも見ます。 #三十五歳の少女

2020-10-18 01:22:05

(出典 @takulovejinjin)

gopan
@gopan12135151

#三十五歳の少女 を見ていて、口の周りにケチャップつけてパスタを食べたり、スプーンを加えて喜んでるのを見て、10歳の女の子、小学4年生の女子が怒るんじゃないかと思ったのは私だけだろうか。

2020-10-18 01:17:50

(出典 @gopan12135151)

ぴょーん
@Putamajohn

過保護のかほこの竹内涼真くんを思い出すなぁ 坂口健太郎くんの結人 #三十五歳の少女 #35歳の少女

2020-10-18 01:17:13

(出典 @Putamajohn)

かえこちゃん
@FFKK021725

後半 不覚にも泣いてしまったぜい😓😭😢なに目線だったんだろう・・・親目線❓子ども目線❓それとも心が大人になりきれてない成長できてない自分自身❓#三十五歳の少女

2020-10-18 01:14:07

(出典 @FFKK021725)

なな[✖︎_✖︎]
@nanaminnie1111

柴咲コウさんの幼い役、10歳。表情も声も仕草の演技もとってもお上手で流石だなと感心させられます。 #三十五歳の少女#柴咲コウ

2020-10-18 01:05:24

(出典 @nanaminnie1111)

ぴょーん
@Putamajohn

男の子人ってほんとぽわーんとした女の子を演じてる若い女の子を見抜けないよねーと思う #三十五歳の少女 #35歳の少女

2020-10-18 01:03:41

(出典 @Putamajohn)

えんゆか
@yukari_enno

このドラマ好き。これ系(家族の複雑な愛みたいなやつ)に弱い。笑てか、代行業ってあんな顔も名前も出すものなの??サクラだってバレバレじゃない? #三十五歳の少女

2020-10-18 01:03:22

(出典 @yukari_enno)

なな[✖︎_✖︎]
@nanaminnie1111

望美は今の段階で"成長"の意味を履き違えている。↓今の段階で犯人の疑いがあるのは↓進次か多恵か結人。↓ ただの嫉妬心かもしれないが性格が捻くれた愛美は何かを知っていたとしたら…#三十五歳の少女

2020-10-18 01:02:32

(出典 @nanaminnie1111)

はるき ゆか@本と犬好きブロガー&羊毛フェルト作家
@koinutokoguma

ラストシーンで、望美がみんなに謝るシーンで涙腺崩壊しました。本当に望美はいい子だなぁ。本作は「何もそこまで言わなくても」と思うシーンがありますが、そのあとに必ず救いがあります。#三十五歳の少女 #田中哲司 #坂口健太郎 #柴咲コウ #鈴木保奈美 #橋本愛

2020-10-18 00:59:14

(出典 @koinutokoguma)

なな[✖︎_✖︎]
@nanaminnie1111

結人は善人か悪人か。これからも結人は望美を支えてくれるはずだけど、それが果たして本当の優しさなのかどうか、、、↓最後望美は家族に謝る必要なんて全くない。しかも自分を責める必要すらも全くない。もっと家族を責めて良いはず。#三十五歳の少女

2020-10-18 00:59:08

(出典 @nanaminnie1111)

252
@tekito_7

皮肉だなと思ったのが、25年間眠っていたのぞみよりも、25年間生きてきたオトナの方がコドモのようだったこと。意地を張って謝らない自称オトナがたくさんいる世の中で、自分なりに反省してみんなの前で頭を下げたのぞみの方が、よっぽど大人だよ。#三十五歳の少女

2020-10-18 00:57:35

(出典 @tekito_7)

■関連情報
35歳の少女』(さんじゅうごさいのしょうじょ)は、2020年10月10日から日本テレビ系「土曜ドラマ」で放送されているテレビドラマ[1] 。主演は柴咲コウ[1]遊川和彦が脚本を担当する[1]。柴咲は5年ぶりの民放連続ドラマ主演であり、遊川とは2015年放送の『○○妻』以来5年ぶりのタッグを組む[1]。ストーリーの全体はシリアスな場面が多い。『家政婦のミタ』や『同期のサクラ』の制作チームが再集結する[1]。不慮の事故で長い眠りについた少女が25年の時を経て目覚め、全てが変わった世界を生きていく成長物語[1]

あらすじ

1995年に不慮の事故に遭い長い眠りについた10歳の少女・今村望美。2020年に目覚めるものの、心は10歳だが体は35歳となり、すべてが変わった世界に戸惑いながらも生きていく成長物語。