22日に「最愛」2話が放送されました。

ネットでは今放送回を観た視聴者から"ある声"が続出しているようです。




■ネットの声

s_yuri🛹🌴
@s_yuri_

最後の梨央と大輝が再会するところで宇多田ヒカルが流れるのがもう私の中での金曜ドラマ感があってうおおおって滾りました。来週楽しみ #最愛ドラマ

2021-10-22 23:22:04

(出典 @s_yuri_)

TRK
@ts8r1k0gs4ine

宇多田ヒカルをこのタイミングでかけてくるの、やばすぎます語彙力はありません#最愛ドラマ

2021-10-22 23:18:29

(出典 @ts8r1k0gs4ine)

new
@new_tral_1727

多分弟だな…… とは思っていたけど、こんなに早く明かされるとは。五年後どこへ行ってしまったの、まだ小さいのに😭何コンマ単位で計算してます?ってくらい宇多田ヒカルが流れるタイミングが絶妙!#最愛ドラマ

2021-10-22 23:17:12

(出典 @new_tral_1727)


@doramania_u

そして宇多田ヒカル様の主題歌のタイミングよ😭😭😭なんか泣きそうになる😭😭😭😭 #最愛ドラマ

2021-10-22 23:16:56

(出典 @doramania_u)

まかろん
@macaron2478

あの、宇多田ヒカルさんの曲かかるタイミングが絶妙すぎて✨✨あわわわ💦💦まだドキドキ止まらん❤️#最愛ドラマ #吉高由里子 #松下洸平

2021-10-22 23:11:49

(出典 @macaron2478)

マッチョ@9/22.23BiSH宮城→9/24KUZIRA仙台→10/3東北全体会議
@masa1999k

最後の所の2人のシーンでタイミング良く流れる宇多田ヒカル!最高🥺霧がかかってたのが段々と晴れてく物語の進み方楽しみでしかないです!👍#最愛ドラマ #最愛

(出典 マッチョ@9/22.23BiSH宮城→9/24KUZIRA仙台→10/3東北全体会議 on Twitter)

2021-10-22 23:11:16

(出典 @masa1999k)

🐰@ドラマ垢
@0000_sukinakoto

先週2人がすれ違った直後に"来世でもきっと出逢う"って歌詞来たのもやばかったけど、今日の岐阜弁での再会はイントロ流れ出した瞬間ほんっっと震えた..この曲を生み出した宇多田ヒカルもタイミングを探る制作陣もほんと凄すぎる.. #最愛ドラマ

2021-10-22 23:08:56

(出典 @0000_sukinakoto)

はる@スリルミーが松下洸平くんとの出会いでした
@maisonkouhei

絶妙なタイミングで流れる宇多田ヒカルの君に夢中。個人的には宮崎に夢中。#最愛ドラマ#君に夢中#宮崎大輝に夢中#松下洸平に夢中

2021-10-22 23:08:04

(出典 @maisonkouhei)

森蔵
@appleREEeeD

宇多田ヒカルの入るタイミングが完璧#最愛ドラマ

2021-10-22 23:05:36

(出典 @appleREEeeD)

やさい
@yasaiyasansan

今日も宇多田ヒカルが流れてくるタイミング完璧すぎて泣けた #最愛ドラマ

2021-10-22 23:05:07

(出典 @yasaiyasansan)

ぺんこ
@hanpenco

宇多田ヒカルがいいところでかかるねー #最愛ドラマ

2021-10-22 23:04:46

(出典 @hanpenco)

しゃも
@natsu_aboon

立場が変わってしまった2人が立場も何もない再会を果たした瞬間に流れ始める宇多田ヒカル、泣く#最愛ドラマ

2021-10-22 23:02:37

(出典 @natsu_aboon)

8🍋neco
@8necosan

宇多田ヒカルの曲が絶妙なタイミングで流れるのよねー…#最愛ドラマ#松下洸平

2021-10-22 23:00:53

(出典 @8necosan)

みかん🍊
@meitama421705

天才的なタイミングでかかる宇多田ヒカル「君に夢中」#最愛ドラマ

2021-10-22 22:59:32

(出典 @meitama421705)

■関連情報
宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年昭和58年)1月19日[5] - )は、日本歌手シンガーソングライターミュージシャン音楽プロデューサー。本名は宇多田 光(読み同じ)[1]音楽プロデューサーの父・宇多田照實と、歌手の母・藤圭子の下、アメリカ合衆国ニューヨークで生まれた。所属芸能事務所はU3MUSIC。所属レーベルはエピックレコードジャパンロンドン在住[6]

概要

1998年末に15歳でCDデビューし、デビューシングル「Automatic/time will tell」は、ダブルミリオンの大ヒットを記録。1stアルバム『First Love』は累計売上枚数765万枚を超え(オリコン調べ)、日本国内の歴代アルバムセールス1位になっているほか[7][8]、2ndアルバム『Distance』では初週売上枚数が歴代1位となる300万枚(オリコン調べ)を記録している[8][9]。2007年発表の「Flavor Of Life」は当時のデジタル・シングルのセールスにおいて世界1位を記録した[10]。また、『日本ゴールドディスク大賞』「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を、2000年2003年に受賞している[11][12]

2018年現在までに、『First Love』『Distance』『DEEP RIVER』『Utada Hikaru SINGLE COLLECTION VOL.1』『Fantome』の5作品がオリコンまたはBillboard Japanの年間アルバムチャートで1位になっている[20]