18日にロッテ・マーティン選手と藤原恭大選手が1軍に復帰しました。

このニュースにネットでは"ある意見"が続出しているようです。




■ネットの声

みっちゃん◢͟│⁴⁶
@Mittiannel622

藤原くんとマーティンが帰って来た!!!こりゃロッテ優勝モード入るぞ!(フラグ) #chibalotte

(出典 みっちゃん◢͟│⁴⁶ on Twitter)

2021-09-18 12:44:13

(出典 @Mittiannel622)

ひろみ
@3bhiromi

マーティン、藤原の復帰。唐川の復帰も近い。。あかん。優勝してまう。。。来週のオリックス戦楽しみすぎる。#chibalotte

2021-09-18 12:36:11

(出典 @3bhiromi)

くうねる
@ku_nru

ロッテ優勝ブーストかかったな藤原マーティン復帰はいいニュース

2021-09-18 12:29:49

(出典 @ku_nru)

しお
@Shio1818

ロッテは藤原、マーティンが復帰とか優勝確定演出じゃん ぶっちぎりになりそう

2021-09-18 12:28:41

(出典 @Shio1818)

大和のオリファン 現地観戦 通算6勝2敗2分
@mr1y5

藤原くんとマーティンが合流ですか。ロッテからしたらもう優勝のカウントダウンの始まりやな。何としても京セラに強いオリックスが食い止めて欲しいわね。

2021-09-18 12:25:30

(出典 @mr1y5)

もりしょー
@mrsh_0420

マーティンと藤原恭大が帰ってきたぞ優勝だ!!#chibalotte

2021-09-18 12:24:22

(出典 @mrsh_0420)

RYOTA14
@RYOTA_LIONS_

ジョーンズ離脱で藤原とマーティンは復帰ってなるといよいよロッテ有利かな優勝正尚もまだいつ戻ってこれるかわからんし

2021-09-18 12:06:30

(出典 @RYOTA_LIONS_)

ゆー@鴎党
@marines_820

マーティンと藤原が戻ってきたぁ優勝やぁぁぁ#chibalotte

2021-09-18 12:05:01

(出典 @marines_820)

アイのシナリオ
@gbus47

マーティンと藤原きゅんの登録で優勝へのパーツが揃った

2021-09-18 12:03:57

(出典 @gbus47)

辰乃子
@tachunoko

マーティン藤原合流!!優勝へのラストピース来たな#chibalotte

2021-09-18 12:03:07

(出典 @tachunoko)

We are Marines!!#26
@YES_79_

唐川も帰ってくる!マーティンも藤原も!もう優勝! https://t.co/t4afPXTj1o

2021-09-18 10:26:46

(出典 @YES_79_)

mamy
@mid1121

ふぅ😵💨ロッテ、マーティンと藤原野手が二人も戻って来るの?居なくても勝てるんじゃあないの?弱い者イジメじゃあん😖少しは手を抜いてくれんかねぇ…😰今季はロッテさん優勝するでしょ!今季は一番闘いたくない相手だわ😖

2021-09-18 09:31:53

(出典 @mid1121)

けいごたん@鴎党&鯉党@Next➥10.17Cスタ岡山戦
@KGKG__KGKG

藤原恭大、マーティンの帰還が決まった瞬間千葉ロッテマリーンズのリーグ優勝が確定した。

2021-09-18 08:27:12

(出典 @KGKG__KGKG)

ぶれ@ドラゴンズ
@Dragons_blade03

藤原とマーティンが復帰したらいよいよロッテ優勝に拍車が掛かるな現状でも充分強かったのに本来の2番と4番が帰って来るとかもう怖いもの無しじゃん

2021-09-18 08:12:38

(出典 @Dragons_blade03)

かずや
@techiyuka625

ロッテ藤原とマーティン復帰するんかー優勝へ更にブーストかかりそうだな。

2021-09-18 07:52:59

(出典 @techiyuka625)

かっつ
@kattsu1022

マーティン藤原一軍に唐川も復帰間近とかもう優勝に向けて完全体じゃん

2021-09-18 07:22:14

(出典 @kattsu1022)

■関連情報
レオニス・マーティン・タパネスLeonys Martín Tapanes, 1988年3月6日 - )は、キューバビジャ・クララ州コラリージョ英語版出身のキューバ系アメリカ人のプロ野球選手外野手)。右投左打。現在は、NPB千葉ロッテマリーンズ所属。NPBでの登録名は「レオネス・マーティン」。愛称は「イカディ」(Ikadi)[1]

選手としての特徴

強肩強打が特徴の外野手[41]。メジャー時代は堅実な守備と一塁到達3.57秒を記録する俊足に[42]ヒットエンドランドラッグバントのような小技も得意とするタイプだったが[43]、日本ではパワーヒッタータイプとなりチームを牽引[41]。マーティン自身、メジャーでは外野の守備範囲や盗塁数を重視していたが、日本では主軸としてパワーを求められることから意識的に体重を増やして臨んだといい[44]、アメリカのメディアからもその進化を称賛された[41]

肩の強さはメジャー時代から定評があり[41]、レンジャーズ時代には160km/hの送球で補殺を記録し、MLB公式サイトの特集「外野手の最速本塁送球トップ10」で5位にランクインした[45]