注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。


おるたなChannelは、日本の二人組のYouTuber。ないとーと渋谷ジャパンの2名を中心に構成され、2013年5月より活動している。鉄道駅や水族館などの施設を貸し切ってのかくれんぼや、脱出ゲームなどの企画動画が特徴。主人気シリーズに「貸切シリーズ」「変
17キロバイト (2,521 語) - 2024年3月6日 (水) 17:14
20221006-naitou-99-e1665046952713
(出典 realsound.jp)


住み分けされてますよね~

1 ネギうどん ★ :2024/04/19(金) 12:01:43.21 ID:dXY+cXRX9.net
4月16日、「おるたなChannel」(登録者数276万人)の「ないとー」が自身のXを更新し、「YouTuberは面白いか」論争について持論を述べました。

「この2択の選択肢にYouTuberが入ってきてること自体が凄いと感じる」
4月12日放送の『酒のツマミになる話』(フジテレビ系)にて、霜降り明星の「粗品」(同191万人)や千鳥らが「YouTuberは面白いかどうか」についてトークを展開。お笑い芸人とは「“笑かし方”の戦い方が違う」という大悟の意見に、SNSでは納得の声が多数集まりました。

この話題はネットニュースでも取り上げられるとともに、「ヴァンビ」(同215万人)や「かっつー」(同134万人)といったYouTuberも言及するなど注目を集めています。

16日、ないとーがXで「芸人とYouTuberどっちが面白いか?」について言及。「俺的にはこの2択の選択肢にYouTuberが入ってきてること自体が凄いと感じる」とコメントしました。

「10年前のYouTuberの扱いなんて『関わったらヤバいやつ』くらいの社会の認識だった」というないとー。「ようやく比べられる位の存在になった」と時代とともにYouTuberも世間で広く認知される存在になったことを指摘しています。

そのうえで、次の10年後にはこの選択肢が「逆転してるのか?」「それともYouTuberはいないのか?」「そもそも全く違う2択になっているのか?」と記し、「次の時代を誰が作るのか楽しみだ」と胸を膨らませています。

ネット上では

同じステージで戦うことが増えたからだと思います!
両方に違う良さがあって僕は良いと思います………

といった声とともに、

時代の流れって凄いね
なんなら、YouTubeを見ている人もやばい人扱いでした笑
多様な時代になったなーって感じだなー

と時の流れに思いを馳せる声も寄せられています。

https://yutura.net/news/archives/113220

【【大元は?】おるたなChannel・ないとーさんの「ある持論」にそもそも論が出ることに】の続きを読む


優香(ゆうか、1980年(昭和55年)6月27日 - )は、日本のタレント・女優。本名、青木 広子(あおき ひろこ[要出典]、旧姓:岡部)。 東京都立川市生まれ、武蔵村山市・あきる野市育ち。ホリプロ所属。夫は俳優の青木崇高。 7歳上の姉と5歳上の兄の3人姉兄の次女として生まれる。…
49キロバイト (6,373 語) - 2024年4月28日 (日) 11:31

(出典 www.zakzak.co.jp)


かなり人気あったんですけどね~

1 ネギうどん ★ :2024/04/19(金) 11:29:39.37 ID:dXY+cXRX9.net
3月15日にこっそりとインスタグラムを開設していた女優の優香(43)。

本人からのアピールもなかったことで、開設から1か月経ってもフォロワーはわずか29人。それを友人のチャットモンチー・福岡晃子(41)が自身のインスタグラムで明かし、それがネットニュースになったことで、4月18日現在で7500人を超えたという。

「優香さんの最初の投稿はケーキの写真。コメントは『始めてみました。どうぞよろしくお願いします!』のみ。その後も投稿していないので、伸びは微妙です。

優香さんは自分の顔を載せるのは恥ずかしいと話しているそうで、向いていないかも」(スポーツ紙記者)

今月10日には仲間由紀恵(44)もインスタグラムをはじめている。

「仲間さんは18日現在で3投稿。すべてオフショットで、伍代夏子さん、高島礼子さん、常盤貴子さんらとの4ショットも投稿しています。

仲間さんは積極的にプライベートショットやCM撮影時のオフショットなどを披露し

ています。フォロワー数は現在1万7000人。

広末涼子さん(43)も事務所独立と同時に、インスタグラムをはじめましたが、不倫騒動などでネットニュースに取り上げられるたびにフォロワー数は着々と増え、現在は7万5000人」(前出・スポーツ紙記者)

フォロワー数は知名度より炎上頼み!?(zakzak編集部)

https://www.zakzak.co.jp/article/20240418-TMGUHRTPBFB3XAPLPFUGD4DXQ4/

【【当時は?】優香さんの「ある数」に衝撃を受ける事態に】の続きを読む


柳楽 優弥(やぎら ゆうや、1990年3月26日 - )は、日本の俳優。東京都東大和市出身。スターダストプロモーション制作3部所属。妻は女優の豊田エリー。 芸能事務所に所属していた友達がドラマに出ていたのを見て、「自分も周りを笑わせたい」という理由で芸能界入りを希望。母親に相談し、スターダストプロ…
58キロバイト (7,353 語) - 2024年4月22日 (月) 21:34

(出典 www.pintscope.com)


言いたくもなりますよね~

1 Ailuropoda melanoleuca ★ :2024/04/19(金) 07:52:52.89 ID:OFZd1Jes9.net
2024年4月19日 5時0分

 俳優の柳楽優弥が、映画「夏目アラタの結婚」(堤幸彦監督、9月6日公開)に主演することが18日、分かった。ヒロインは黒島結菜が務める。

 乃木坂太郎氏による累計発行部数240万部突破の人気同名漫画が原作。元ヤンキーで児童相談所職員・アラタ(柳楽)がとある事件の真相を探るため、死刑囚・真珠(黒島)にプロポーズすることから始まる獄中サスペンスを描く。

 柳楽は、日本中を震撼させた連続殺人事件の犯人・真珠に翻弄され続ける主人公を演じ「今まで自分が演じたことがない役柄」と難役であったことを告白。撮影は昨年4~5月中旬に行われ、「堤監督を筆頭に『いい作品にしたい』という高揚感を常に保ちながら、毎日撮影に集中することができました」と振り返った。

 黒島は、今年1月に俳優・宮沢氷魚との事実婚と第1子妊娠を発表したばかり。解禁された本作ティザービジュアルでは、純白のウェディングドレス姿を披露。NHK朝ドラ「ちむどんどん」などで演じた爽やかなヒロインのイメージを一新するダークな役柄で、「表情がコロコロ変わり何を考えているかわからない、全くつかみどころのない役」と新境地に挑んでいる。

 不敵な笑みを浮かべる口元は、原作で描かれている真珠の特徴の“ガタガタの歯並び”を再現。5か月間試作を重ねたマウスピースを装着しての芝居に「納得できるものができたと思います。ぜひ注目してみて」と手応えをのぞかせた。

 ◆柳楽コメント

 脚本を読ませていただき、夏目アラタというキャラクターは今まで自分が演じたことがない役柄だなと感じました。同時に、スリリングなストーリーを含めた作品そのものに魅力を感じ、是非にとオファーを受けさせていただきました。

 現場では堤幸彦監督を筆頭に「いい作品にしたい」という高揚感を常に保ちながら、毎日撮影に集中することができました。アラタが対峙することになる真珠は、狂気と底知れない怖さをあわせ持つ連続殺人事件の容疑者であり死刑囚です。黒島さんが魅力的に、そしてとてもかっこよく演じられていたので、一緒にお芝居をするのがとても楽しかったです。

 この作品は「もしかしたらありえるかもしれない…」という、ファンタジーとリアリティのギリギリのラインを攻めているところが個人的にはすごく面白いなと感じています。アラタと真珠がどんな結末を迎えるのか。是非ご期待ください。

 ◆黒島コメント

 私が演じた真珠は、表情がコロコロ変わり何を考えているかわからない、全く掴(つか)みどころのない役です。とても難しい役だったのですが、監督の堤さんやスタッフの皆さんが信頼できる方々だったで、のびのび演じることができました。毎日ヘトヘトになりましたが…笑

 原作にある不気味さや怖さをしっかりと表現するために、特徴的な真珠の歯はマウスピースを作りました。何度も試作し、納得できるものができたと思います。ぜひ注目してみてください。

 柳楽さんとの共演はとても久しぶりでした。拘置所でのアクリル板越しのシーンや法廷でのシーンが多く、リアルな距離感のお芝居は少なかったですが、目がとても印象的なので、対面したときに吸い込まれてしまわないよう必死でした。柳楽さんとはエネルギーレベルでお芝居ができたのかもしれないと今になって思います。たのしかったです!一言では言い表せない映画になりました。ぜひ楽しんでいただけたら嬉しいです!

 ◆堤監督コメント

 原作はミステリアスでスリリング、先が読めないストーリー性にグイグイと魅かれたのですが、それ以上にアラタと真珠の厭世的だけど強烈に愛を求めている姿に痺(しび)れました。映画化では原作に描かれている唯一無二なキャラクターをなんとか立体化したく俳優と頑張りました。

 柳楽氏はすっかり大人になっているのですが、少年のギラリとした視線を保ち続けていて安心しました。そして、アラタの巻き込まれながらも目覚めた心情、それへの葛藤や裏腹な切なさを演じ切るという難役をきっちりこなしてくれました。黒島さんは一言「ヤバい」です!見たことない彼女です。ぜひ見てください!

 ◆乃木坂氏コメント

 柳楽優弥さん、黒島結菜さんの2人が危険な化学反応を起こしそうな匂いを濃厚に漂わせていますね。原作者として真珠の歯並びの再現に本気の映像化を感じました!

https://hochi.news/articles/20240418-OHT1T51267.html?page=1

(出典 hochi.news)

【【あの人では?】柳楽優弥さんの「ある映画」にいろいろと注文が出る事態に】の続きを読む

このページのトップヘ