注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。


宇多田 ヒカル(うただ ヒカル、1983年〈昭和58年〉1月19日 - )は、日本の歌手、シンガーソングライター、ミュージシャン、音楽プロデューサー。本名:宇多田 光(読み同じ)。音楽プロデューサーの父・宇多田照實と、歌手の母・藤圭子の下、アメリカ合衆国ニューヨークで生まれた。所属芸能事務所はU3
163キロバイト (17,928 語) - 2022年1月24日 (月) 04:37


これは油断できませんね~

1 爆笑ゴリラ ★ :2022/01/25(火) 10:23:12.93 ID:CAP_USER9.net

宇多田ヒカル
@utadahikaru
一時間くらいエゴサした中でこれが一番ウケた
https://twitter.com/utadahikaru/status/1485587435765612544?s=21

(出典 i.imgur.com)


【宇多田ヒカルさん「はい見つけた~」ネット民「ヒイィィィッ!」】の続きを読む


あらびき団』(あらびきだん)は、TBS系列で2007年10月10日から2011年9月27日まで放送されていたお笑いネタ番組。レギュラー放送終了後は、不定期に単発特番として放送されている。 当項ではレギュラー放送終了後のインターネット配信番組である『ナマイキ!あらびき団』、『パラビき!パラビき!あらびき団
146キロバイト (18,865 語) - 2022年1月25日 (火) 07:01


奥歯ガタガタ言わせればいいんですよ~

1 朝一から閉店までφ ★ :2022/01/25(火) 09:47:30.42 ID:CAP_USER9.net

2022年1月25日 7:00

来月2月12日(土)19時より「あらびき団」初のゴールデン2時間スペシャルがTBS系で放送される。


「あらびき団」ロゴ (c)TBS

(出典 pbs.twimg.com)



ライト東野(東野幸治)とレフト藤井(藤井隆)がMCを務める「あらびき団」。昨年10月に最新作が地上波で放送され、「あらびき団presents『あら-1グランプリ2021』」も同月に生配信された。
今回のゴールデンSPで行われる企画は「最強王決定戦」で常連パフォーマーや注目の若手芸人、人気ベテラン芸人らが続々と登場する。
深夜番組として親しまれてきた「あらびき団」初のゴールデンSPについてライト東野は「なにかの間違いじゃないですか! 深夜じゃないんですか!?」、
レフト藤井は「気持ちが追いついていません。ライト東野さんに振り落とされないように喰らいついていこうと思います」とコメントした。

「あらびき団」公式YouTubeではライト東野への地上波ゴールデン報告、チャンネル登録者数10万人超え記念の「銀の盾」贈呈ロケが配信される予定。さらに「あらびき団」を知らない10代や20代のために公式TikTokも開設される。



「あらびき団」ゴールデンスペシャル

TBS系 2022年2月12日(土)19:00~21:00
<出演者>
MC:ライト東野(東野幸治) / レフト藤井(藤井隆)
あら削りなパフォーマー

https://natalie.mu/owarai/news/462967


【【楽しみ?】「あの伝説的ネタ番組」のゴールデン特番決定に早くも心配の声が】の続きを読む


中田 敦彦(なかた あつひこ、1982年9月27日 - )は、日本のお笑いタレント、歌手、実業家、YouTuber。お笑いコンビ・オリエンタルラジオのボケ、ネタ作り担当。相方は藤森慎吾。ダンス&ボーカルグループ・RADIO FISHのメンバーとしても活動している。
33キロバイト (4,285 語) - 2022年1月22日 (土) 11:33


これはちょっと考えますね~

1 ネギうどん ★ :2022/01/25(火) 11:39:54.13 ID:CAP_USER9.net

『オリエンタルラジオ』中田敦彦が、改めて吉本興業を退所した理由を明かした。

中田は千原ジュニアと対談し、それぞれのYouTubeチャンネルでその模様を公開。ジュニアがこの対談の中で、中田に改めて吉本を辞めた経緯を尋ねた。

中田が吉本と話し合うようになったのは、ユーチューバーとして食べていけるほどの収入が獲得でき始めたころという。ちょうどその時、吉本がYouTubeへの参入に会社をあげて乗り出して、『OmO(オモ) 』というプラットフォームを設立。中田のYouTube収益に関しても、会社が管轄するかどうかが議題に上がったそうだ。

だがその頃、中田は会社を通して仕事を全くしておらず、収入はYouTubeなど自分自身の手で生み出したものだけ。にもかかわらず、『OmO』に所属しなければならないと言われたという。吉本芸人はみんな『OmO』に入るため、中田だけ特別扱いできないというのが吉本の言い分だ。

吉本からの打診を受け入れるかたちに

こうして話し合いが半年ほど続いたある日、なんと吉本から「吉本を辞めるのが良いんじゃないか?」と打診され、中田は退所を決意。当初は中田だけが吉本を辞める予定であったが、相方の藤森慎吾も個人でYouTubeをしていたことなどもあり、コンビ揃って事務所を抜けることになったそうだ。

この話にネット上では

《あっちゃんは、吉本にYouTubeの収益を払わずに済んだんですね》
《反社やエージェント契約には厳しい対応しておいて、中田や藤森にはクソほど優しい吉本》
《退所の理由が大崎会長のインタビューの文面とあっちゃんの今回の発言と全然違うね》
《YouTubeでこれだけのポテンシャルを発揮するタレントをオワコンにしかけた吉本のマネジメントに問題がある気がする》

といった声があがっている。

元『雨上がり決死隊』宮迫博之の退所とは、大きな差がありそうだ。

https://myjitsu.jp/archives/329384


【【実は?】オリラジ中田「吉本らしい理由」で事務所を辞めていた】の続きを読む

このページのトップヘ