注目トピックスch

国内から海外まで、様々なジャンルで注目されているトピックをネットの声と共に紹介致します。




25日に「水曜日のダウンタウン」が放送されました。

ネットでは今放送回の「ハプニング盛り込みネタ選手権」のAマッソを観た視聴者から"ある指摘"が続出する事態になっているようです。

【【いやいや…】「ハプニング盛り込みネタ選手権」のAマッソを観た視聴者から"ある指摘"が続出する事態に】の続きを読む


えなり かずき(1984年11月9日 - )は、日本の俳優・タレント・司会者。本名及び旧芸名は江成 和己(読み同じ)。東京都世田谷区出身。江成正元は弟。愛称はえなりくん。 父は元ミュージシャンで、ジャズバンドのパーカッショニスト。 3歳の頃に『志村けんのだいじょうぶだぁ』にて、子役としてデビューを果たす。
23キロバイト (3,001 語) - 2022年5月21日 (土) 23:30
たしかに適役が思い浮かばないですね~

1 フォーエバー ★ :2022/05/21(土) 16:46:43.73 ID:CAP_USER9.net

 前出のテレビ局関係者は「昨年秋に、ピン子さんが旧友の和田アキ子さん(72才)のラジオ番組に生出演した際、『誰のおかげで、あのガキも本当に』とえなりさんを指してブチ切れた思いを吐き出されたことで、不仲は決定的になりました。橋田さんも、晩年に最後の力を振り絞って脚本を書くときに、石井ふく子プロデューサー(95才)に2人の共演シーンの削除を言いつけられていたそう。こういった一連の騒動がえなりさんの“俳優業ゼロ”とも言える現在につながっているのかもしれません」と話した。

 現在のえなりはどういう状況なのか。えなりは、父が社長を務めて、母がマネジャー、弟で俳優の江成正元(33才)と2人で、家族経営の個人事務所に所属する。その事務所に電話で問い合わせたところ、女性が対応した。

――えなりさんが最近ドラマなどに出られていませんが、何か事情が?

「いいえ、まったくないです」

――ファンの方も心配しているようですが。

「本当に何もないです! まったくない!」

――一部では泉ピン子さんとの共演NGが……

「(質問を遮るように)ないです! 今後一切ここに連絡してこないでくださいね! 何も言うことはございませんし!」

 そういって電話は切られた。

「えなりさんのお父様が実業家で、えなりさんも幼少時からゴルフを趣味とするほどの裕福な家庭です。都内に豪邸が建っていますし、関東近郊に大きな別荘もお持ちだそうです。えなりさんは、まだ40才前ですが、芸歴30年以上という長きにわたって芸能界の第一線で稼ぎ続けてきた。貯蓄はたんまりあるはず。わざわざピン子さんにおびえて仕事をする必要もない、というのが本音かもしれません」(前出・スポーツ紙記者)

 唯一の“生存確認”ができる公式ブログも、今年は昨年のスポンサーだったウーバーイーツのネタを4回アップしただけで、ここ2か月は更新もなし。この状態は、充電期間なのか、それともこのままフェードアウトしていくのか。最後は、えなり本人次第。

 演技はもちろん、歌唱力があり、ゴルフもできる。何よりキャラクターが立っている。えなりの再浮上をファンは待っている。

5/21(土) 16:15配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/d577e7d3967a997638dd26e582cb803b742506e3?page=2

(出典 i.imgur.com)


【【そういえば?】えなりかずきさん「ある仕事」が来ない原因にいろいろな意見が飛び交う】の続きを読む


長田 庄平(おさだ しょうへい、1980年〈昭和55年〉1月28日 - )は、日本のお笑いタレント。お笑いコンビチョコレートプラネットのボケとツッコミ、及びネタ作成担当。相方は松尾駿。 京都府京都市上京区出身。身長168cm、体重70kg、血液型はA型。吉本興業所属。 京都市立乾隆小学校、京都市立嘉楽中学校、
11キロバイト (1,262 語) - 2022年5月14日 (土) 06:38
年齢を重ねると分かるものもありますね~

1 muffin ★ :2022/05/21(土) 21:08:39.05 ID:CAP_USER9.net

https://sirabee.com/2022/05/21/20162860071/

お笑いコンビ「チョコレートプラネット」の長田庄平が20日放送の『人志松本の酒のツマミになる話』(フジテレビ系)に出演。母親が出してきて夕食にブチ切れた、学生時代のエピソードを披露した。

トークテーマは「親に反抗したことはあるか」。親から厳しい教育を受けたわけでもなく、芸人を目指すときも反対されなかった長田は「反抗はない」と語る。

しかし、学生時代に怒りをぶつけた経験があると告白。それは部活終わりの夕食での出来事だった。

陸上部に所属し、走り幅跳びを専門にしていた長田。部活後は、牛丼やステーキ、唐揚げなどガッツリ系の料理が食べたくなると話す。母親がヘルシー料理を用意してくると「う~ん…」と不満を覚えるそう。

そんな中、ある日の部活終わりの晩御飯に、湯豆腐が。「地元が京都なんですけど、おかんが『有名な湯豆腐もらったから』って、晩飯に湯豆腐出したときはブチ切れました」。

長田は「湯豆腐で、どう明日を生き延びろっちゅうんだよ! 高校生の湯豆腐って、なんの栄養もない! 餓死するぞと」と叫び、走り幅跳びのジェスチャーをしながら「跳んでる間に死んでまう!」と、まくし立てて笑いを誘う。

共演者の千鳥・大悟は「子供のころ湯豆腐は興味ないもんな。親も『これいいよ』とか言ってくるけど、うそつけ! って思うもんな」と共感していた。


【【今なら分かる?】チョコプラ長田の「ある食べ物」の話に昔を懐かしむ人が続出する事態に】の続きを読む

このページのトップヘ